引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

「見る」ことの真実

我々人間は非常に限定的な範囲しか見えてません

見えていないし、見ていない

我々が何かをしっかり確認しようとするときには、「きちっとこの目で見て確認する」なんて言いますが、実際は、目で見ていません。

見ているのは脳なんです。目は単なるレンズですので、目だけあっても見れないんです。

目が捉えた光を目の奥にある網膜が感知し、その光を電気信号に変換します。その電気信号が脳の視覚野に伝達され、脳の視覚野は受け取った電気信号を解釈し、イメージに変換することで見えるんです。

ややこしいですが、これが「見る」メカニズムになります。


ですので、実際に見ているのは脳であり、もっと厳密に言うと、脳内で作り上げたイメージを見ているということになります。

しかしながら、脳で見られる範囲も実はかなり限定的なんです。というのは、目が捉えられる光の範囲がとても限定的だからです。

あなたも「可視光線」という言葉を聞いたことありますよね?読んで字のごとく、視ることが可能な光という意味です。下の図は様々な波長のエネルギーを表したものですが、真ん中にあるほんの少しの範囲が「可視光線」です。

この図からも解るように、人の目が捉えることができる可視光というエネルギーはごく限られた範囲なんです。

脳は、目が捉えた限られた範囲の光をイメージに変換して見ており、この範囲外のエネルギーについては全く見えていないということです。

ということは、我々が物理的に目で捉えることができるモノも非常に限られており、可視光の範囲を考えると、ほとんど見えていない。。。(^_^;) と言っても言い過ぎではないですよね。

さらに言うと、脳には意識したものだけを認識するというフィルターの機能があります。

このフィルター機能を持つ部位を脳幹網様体賦活系(のうかんもうようたいふかつけい)と言うのですが、この部位が必要な情報とそうでない情報を瞬時に判断し、必要でないものは認識しないようにしています。

と言うのも、脳は体重全体の2%ほどしかないのですが、人体全体のエネルギーの20%を消費するので、脳はなるべく余計な処理をしないよう心がけているんですね。

だから、不必要と思われるものはなるべく認識しないようにするんです。

歯が痛くなってきた途端に歯医者の看板がやたらに目につくというのも、脳幹網様体賦活系の機能です。

このように、目が捉える可視光の範囲や、脳が勝手にフィルタリングする機能を考えると、我々がこの目で見てきちんと確認している現実というのは、非常に限定的な範囲を見て現実と解釈しているだけということになります。

なぜなら、我々の目が捉える光がそもそも限定的ですし、さらに、そこに意識したものだけ認識するという脳のフィルタリングが機能するからです。

だから、我々はそもそも非常に限られた範囲しか見えないし、その中でも限られた範囲しか見ていないのです。

そして、この「見えていないし、見ていない」という現実が、あなたの周りに引き寄せる状態に大きな影響を与えているのです。


我々人間は、物理的にも、意識的にも「非常に限定的な範囲しか見えないし、見ていない」、そして、その非常に限定的な範囲だけを認識して「これが全てだ、これが現実だ」と解釈しています。

実際、可視光の範囲や脳のフィルタリング機能を考えると、「人間はこの世に存在するモノの1%も見えていないでは?」なんて感じます。

言ってみれば、直径1cmの範囲しか見えないメガネを着けながら象のつま先だけ見て、「象とはこういうモノだ!!」と確信しているような状況だと思います。≧(´▽`)≦

これが象??

 

ま~、間違いではないですが、

本当の象はこう。(^▽^;)


でも、直径1cmの範囲で象を確認した人はきっとこう言います。「象って木の幹みたいなモノだよ、この目で見たもの」。確かにその人の五感で感知できる範疇で考えれば、そう捉えるのが自然だと思います。あれを見たらどう考えても木の幹みたいな変なモノですから。

でも、やっぱりそれは真実じゃないですよね。(^_^;)

この様に、我々人間にもともと備わっている五感だけで「これが真実だ」、「これが現実だ」と認識するのがそもそも無理なんだということです。

現に、数百年前の大多数の日本人は、「日本以外の国がある」、「地球は丸い」、「地球が太陽の周りを回っている」なんて夢にも思わなかったはずです。なぜなら、その当時の人々の日常、知識、五感ではそのようなことは解らなかったからです。

だから、当時の人々にとっては、「この世には日本しかない」、「住んでいるところは真っ平ら」、「お天道様が回ってくれている」、ということが真実だったんです。

そして、現代社会に生きる我々はそれが真実ではないということをすでに知識として知っています。

確かに、数百年前の人々に比べたら科学も発展し、知識も増えて、より多くの世の中の真実が解るようになったかもしれません。

ただ、その一方で、可視光で見える範囲は非常に限定的で、脳のフィルターがさらに認識する範囲を限定しているということも科学的に解っていることです。

さらに言うと、地球を含めた宇宙全体も人間が解明できている範囲は、たったの4%!!

残りの96%はダークマター、ダークエネルギーと呼ばれる未知のエネルギーと物質が満ちており、未だにそれが何なのか解っていません。

つまり、我々は、ほとんど見えてないし、見てないし、加えて、ほとんど解っていない。。。ということも科学的に証明されているんです。(^o^;)

しかし、解っていないことが多いというのは確かですが、科学的に証明されていることも沢山あります。

科学的に証明されていることの一つが、「量子は粒(物質)でもあり、波(非物質)」でもあるということです。

そして、「量子は意識すると物質化し、意識していないと非物質の状態」ということも科学的に確認されています。

このことを深く考えいくと正直なんだか気持ち悪くなるんでが。。。意識していないと何も物質化していないし、現象も確定していないということになっちゃいますので。(;´▽`A

これこそ我々の五感をはるかに超越した「わけわからん」話しです。(・Θ・;)

しかしそうなると、意識で全てが確定しているとなります。つまり、意識が非常に大事ということになりますよね。

でも、ここでさらに重要となるのが、「どの意識が」ということなんです。

 

我々人間の目で捉えられる光は可視光と呼ばれる範囲だけで、それ以外の光(エネルギー)は見ることが出来ません。つまり、可視光が反射する物体しか見えないということです。

また、脳のフィルター(脳幹網様体賦活系)が勝手に必要と判断した情報のみを自動的に選別するのでさらに認識する範囲が限定されます。

これらは科学的に証明されている事実です。「現時点での」ですがね。(*^.^*)

つまり、現時点の科学で我々人間がこの目で確かめることが出来るという範囲は非常に限定的であるということが解っているんです。

また、一方でこのようなことも現時点の科学で証明されています。それは、量子は物質であり、非物質でもある。しかも、人間が意識することにより物質化し、意識していない時は非物質になっているということです。

我々の肉体も物理的に解釈すると物質ですが、この世に存在する全ての物質の元になっている量子の世界を探求した物理学者がそれを証明しています。

ですので、これも現時点での科学で「紛れもない事実」なんです。(*゚ー゚*)

そうすると、あなたは非常に限定的な範囲のみを認識しており、その範囲の中で何を意識するかで、あなたの周りの物質や現象が確定しているということになります。

ですので、やはり、意識が大事ということになりますよね。

ただし、意識と言っても大別すると表面意識(顕在意識)と無意識(潜在意識)に分けられます。


そして、その比率は、表面意識:1に対して無意識:9と言われています。つまり、意識の9割は無意識が占めているということなんです。

そうなると、あなたの周りの物質や現象を確定させているのは、ほぼ無意識ということになります。

無意識なので、当然無自覚です。

あなたが何かを見たり、聞いたり、触ったりしたことで自動的に反応が起こるその意識で、あなたの目の前の現実が確定しているということなんです。

あなたが「そんなことを意識していない」なんて言っても、無意識が意識しているので、目の前に現れているということになるんです。

「ってことは、私が望まない現実を引き寄せているのは私の無意識ってこと?」σ(^_^;)

そうなんです。(*゚ー゚*)

そうなんですが、あなたが「望んでいない」と思っていることでもあなたの深層心理はそれを望んでいるかもしれないんです。

なぜなら、あなたはきっと、あなたは望んでいないと思っている現実を信じているから。。。

あなたは、その現実を信じているから、その現実を信じたいんです。

人間の深層心理は自分が信じていることを「信じたい」と思っています。自分が信じていたことが偽りだなんて思いたくないからです。

だから、あなたが信じていることを、あなたは信じたいんです。

で、信じたいということは、「それを望んでいる」ということになりますよね。

なので、あなたの目の前で起こっている現実は、ある意味、あなたの望み通り!! ということになるんです。(^▽^;)

「と言うことは、目の前の現象を変えるためには自分が信じていることを変える必要があるってこと?」

そう、そういう理屈になりますよね。

ただし、そうするためには、まず、「どうしてそれ信じるに至ったのか」を知る必要があるんです。


量子論や脳科学をベースに引き寄せの法則を考えると、脳が認識(解釈)する範囲を決めて、その範囲で何を意識しているかで現実が決まるということになります。

ですので、物理学者や脳科学者は「現実はない、解釈があるだけ」と言います。

で、実際そうだと思います。(。・ε・。)

例えば、サッカー日本代表がブラジル代表に勝った!!となると、大多数の日本国民にとってそれは喜びですが、ブラジル人にとっては大変な悲劇です。

現象は同じですが、それをどう解釈するかは人によって違うので、解釈の分だけ現実が異なるということなんです。

 

そして、あなたが何を意識し、それをどう解釈するかは無意識領域で固定化された思考パターンがそのほとんどを担っています。

脳は人体エネルギーの20%を消費する「大飯食らい」なんで、なるべく省力化してエネルギー消費を減らそうとします。なので、すぐに思考をパターン化して、余計な思考を減らそうとするんです。

そして、この固定化された思考パターンが「思い込み(観念)」と言われるもので、もっと簡単に言うと、「あなたが信じていること」です。

そして、その信じていることがあなたの目の前で「現実」として現象化します。

あなたはその現象化した「現実」を見て、さらに「そういうものだ」と確信します。

確信しているので、ますますあなたの前でそれが現象化します。

つまり、「思い込み → 現象化 → 確信 → 思い込み →現象化。。。」という無限ループとなり、あなたの無意識に「それが現実だ」という確信とともに蓄積していくのです。

そして、人は基本的に「信じていることを信じたい」という欲求があります。

信じていることを信じたいので、信じられないことが起きても、「ウソ~、信じられない」なんて言って容易には信じません。

あなたが今まで信じてきたことを否定したくないからです。

たとえ、あなたの信じていることがあなたに望ましくない状況を引き寄せることだとしても、深層心理は「それを信じたい」と思っているんです。

ただ、ここではっきりさせなければいけないことがあります。

それは、あなたが信じていることのほとんどは真実ではないということです。あなたが勝手に、「それが真実だ、現実だ」と解釈(認識)したことです。

だから、あなたの目の前に、「真実、現実」として現れるているんです。

そして、あなたが、「真実、現実」と認識していることの大半は単なる「社会通念」です。

成功するためには、幸せになるためには、辛いことでも、つまらないことでも、苦手なことでも我慢してやって、さらに人一倍の努力をしなければならない。

そして、

良い成績をとって、良い学校に行き、良い会社に入り、高い地位につき、お金をたくさん稼ぎ、高い服を着て、良い地域に住んで、高級車に乗り、良い家に住めば、

成功、そして、幸せになれる。。。

と、いう社会通念。(*゚ー゚*)

多くの人々はこの社会通念に従って、「年収を◯◯万円に上げよう!」、「高い地位になろう!」、「来年までに◯◯を手に入れよう!」などと考えひたすら頑張ります。

そして、大抵の人はそれを達成できず、苦しみ、落ち込みます。(TωT)

また、運良く達成できたとしても、何か腑に落ちなかったり、違和感を感じている人も多かったりします。

達成できないならまだしも、なぜ達成できた人も違和感を感じるのか。。。

単純なことです。それは、達成したことが本当の自分が求めていたことではないからです。

本当に求めていることではないので、本当の自分は抵抗します。

だから、なかなか上手くいきません。

それでもなんとか頑張って達成したとしても、本当の自分は「それは違う」と訴えるので、満足感を得られず違和感を感じるのです。

言ってみれば、本当の自分はひまわりなのに、社会通念が「バラになることが幸せだ」、「バラになることが成功なんだ」、と必死に訴えることで「私もバラにならなければ。。。」と思い込んでいる状態です。

そして、この状態で本当に幸せになれるのは、バラだけです。。。

なぜなら、すでにバラだから。。。(^o^;)

バラはただバラでありさえすれば立派に花を咲かせます。他の何かになる必要はないんです。

それと同様に、ひまわりはただひまわりでありさえすればいいんです。

そこに努力は要りません。

ただ、ひまわりであることを自覚し、ひまわりであり続けさえすればいい。

そうすれば自然に立派なひまわりの花を咲かせます。

これが自然の摂理です。そして物理法則だと思います。

だから、あなたも、社会通念、常識、世間体、見栄などに惑わされることなく、本当の自分を見極める必要があるんです。

本当のあなたは、どんなあなたでありたいのか、何に喜びや充実を感じるのか、何を本当に大切だと思っているのか。

それらを自覚して、「そういう自分であろう」と決意し、そうあり続ければ、自然と大輪の花が咲くはずです。

なぜなら、本当のあなたになった瞬間から、意識、思考パターン、心身状態も変化し、それに従ってあなたの周りの現実も変化し始めるからです。

これは、別の何かになろうとひたすら努力することとは無縁の世界です。

ただ本当の自分でありさえすればいい。

そうすればそれこそ自動的に、本来の自分にとって望ましい状況が引き寄せられるということなんです。

これが、誰もが上手くいく引き寄せのパターンだと思っています。

あなたは本当の自分を自覚して、本当の自分で生きていますか?

それとも、まだ自分とは違う何かになろうとしてませんか?

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿