引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

葛藤が生まれる理由

  • 感情と思考 引き寄せの盲点
  • 2015年8月8日  

葛藤が生まれる理由

我々が日々行っている活動の目的

誰もが望んでいることと言えば、「幸せになること」ですよね。

幸せの定義は人それぞれですが、幸せになるためには少なくとも、「自分や、自分の周りの人々に良いことが起こる」ということが前提として必要だと思います。

そして、究極を言えば、我々が日々行っている様々な活動は、「自分や自分の周りに良いことが起こるように」と願って活動していることがほとんどです。

つまり、良いことが起こるように、自分や自分の周りをコントロールしようとしている活動が我々人間の活動の中心を占めているはずなんです。

画像の説明

この、良いことが起きるように、自分や自分の周りをコントロールしようとする行為。

実は、この行為が、様々な葛藤の原因になります。

人が何かをコントロールしようとして、そのコントロールが上手くいかない時、人は葛藤しだすんです。

「なんで上手くいかないんだろう」という具合に。

誰でもそうですが、「自分や自分の周りに良いことが起きて欲しい」と思っていますし、そうなるうように努力をしていると思います。

でも、ここで考えて頂きたいのは「良いことってなんだ?」ということです。

もちろん、「感情的にポジティブになる現象が良いこと」、「感情的にネガティヴになる現象が悪いこと」、という定義もあると思います。

でも、本当にそうでしょうか?

Apple創業者である故スティーブ・ジョブスは、スタンフォード大学での卒業生向けスピーチでこんなことを言っています。

自分が大学を中退しなかったら、カリグラフィーのクラスに入ることはなかっただろうし、そうしなかったら恐らくパソコンが素晴らしいフォントを持つということも無かっただろう。

もちろん、自分が学生時代にそんなことを想定するのは不可能だが、10年後にその繋がりがはっきり分かるんだ。

もう一度言うが、事前に点と点をつなげることは出来ない。点と点は振り返ってみた時に初めて繋がるんだ。

だからあなたも点はいずれ繋がるということを信じなければならない。

あなたも過去を振り返ってみて下さい。

あのきっかけがあったから、

あの出会いがあったから、

あのアドバイスがあったから、

あの経験があったから、

あの失敗があったから、

今の自分に繋がっていると思うことが必ずあるはずです。

そう考えた場合、そもそも

良い出来事

悪い出来事

とはなんだろう?ということになりませんか。

 

 

これが良いことで、これは悪いこと、と決めているのは、これまでのあなたの経験や、あなたが属している社会の常識、社会通念などに基づく現時点での単なる判断、解釈であり、本来はその出来事に良いも悪いもないのです。

なぜなら、現時点で今あなたに起こっている出来事が、本当に

悪いことなのか、

良いことなのか、

判断できないからです。

スティーブ・ジョブスはさらにスピーチでこんなことも言っています。

 

画像の説明

 

その時にはわからなかったが、私がAppleをクビになったことは人生最良の出来事だったんだ、とのちに気づくのです。

 

自分が命をかけて創業した会社から追い出されるなんて、普通に考えたら、人生最悪の出来事ですよね。実際、クビになった当初はまさにそんな気分だったはずです。

でも、彼は、Appleをクビになるという経験があったからこそ、Next、Pixar、という新しい会社を設立できたし、妻とも出会えたし、その結果、素晴らしい家族を持つこともできたと語っています。

と、言うことは、全ての出来事は、あなたが幸せになるために、起こるべくして起こっている、ということだと思います。

起きている渦中にいると、それが何のためなのか、これからどうなるのか、なんでこんなことが起きるのか、全くわかりませんが、あとで振り返ってみると、「そうか」と気がつくんだと思うんです。

スティーブ・ジョブスが言うように、事前に点と点を繋げることは出来ませんが、あとで「繋がっている」ってわかると言うことです。

そういう意味では、自分や自分の周りに良いことが起こるよう、「コントロールしてやる!!」と頑張って葛藤するよりは、人生に起こる出来事全てを受け入れて流れに身を任せる方が良いのかもしれません。

これは、何も、「努力をしない」ということでも、「怠ける」ということでもありません。

スティーブ・ジョブス同様、「情熱を傾けたい!!」と思える何かに出会ったら、一生懸命努力をすればいいし、死ぬほど頑張ればいい、と思うんです。

まだ出会っていないのであれば、何も、無理して、「良くなろう」とコントロールしようとせずに、出会えるまで流れに身を任せればいい。

そして、コントロールしようとしている何かを手放すと、別の何かが必ずやってきます。

「コントロールしよう」という思いは、「コントロール出来ない」という意識があるから生まれます。そして、コントロール出来ない状況が実現します。

ですので、コントロールを手放し、ただ、本当のあなたのまま、流れに身をまかせる。

そうすれば、無駄な葛藤もなくなり、結果的に良い状況が引き寄せられるのです。

コントロールを手放し、葛藤を止め、ただ、本当のあなたでありさえすればいい。

そうすることで、あなたの人生にミラクルが起こります。

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

過去の投稿

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿