引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

全てがエネルギーの世界

  • 初めての方におすすめ 引き寄せと量子論 時間と空間
  • 2016年7月19日  

全てはエネルギー

量子の世界は「粒」でもあり「波」でもあるという二重性の世界です。


私たち人間含めたこの世に存在する物質全ては、この量子の集合体です。


と言うことは、我々人間含め周りに存在する動植物や物質全ては「粒」、つまり物質でもあり、「波」(非物質)でもあるんです。


ここが最高に実感できない部分ですが、100年ほど前から確認されている科学的な真実です。(;^_^A


私たちが、肉体を持った人間という時もあれば、肉体のないエネルギー(波)のような状態の時もあるなんて。。。


でも、これは受け入れるしかない。


ういちゃん


しかしながら、たとえ我々が「粒」、つまり物質の状態であっても、常に「波」は出ています。


なぜなら、我々の肉体を構成している超ミクロの原子や素粒子の世界も常に振動しているからです。


振動していれば必ず「波」は出ています。


思考も物理的には電氣信号ですので、電波や電磁波という「波」は必ず出ています。


そして、私たちの体や内臓を動かしている筋肉も電氣信号で動いているので同様です。


つまり、我々人間は、そもそも「波の存在」というわけなんです。


そして、我々の存在を覆う空間も、ほぼ「波」で出来ていると言っても過言じゃありません。(*゚ー゚*)


この空間には常になんらかの光があり、その光も「波」だからです。


光には人間が目視できる可視光線のほか、赤外線、紫外線など数多くの種類がありますが、その違いは「周波数」という波の周期です。


その他、空間に存在する音も「音波」という波ですし、WiFiや携帯などの無線も全て電波という波です。


空氣を構成している酸素や窒素、二酸化炭素なども原子で構成されているので振動して波が出てるはずです。


あげればキリがないですが、何れにしても我々を取り巻く空間は、波のエネルギーが充満しているということなんです。


そうなると、我々はもともと「波」の性質があり、物質の状態の時でも「波」が出ている。


そして、我々を取り巻く空間も「波」で満ちているということになります。


であるならば、そもそもこの世はすべて「波」というエネルギーで出来ているということですよね。


ういちゃん


そういう意味では、我々が存在しているこの世界は、その様々な波が互いに干渉し合い、共鳴し合っている世界ということです。


海面を思い浮かべてみてください。


海面には様々な波が立ち、その波が合わさって増幅したり、打ち消しあったりしています。


あの様な現象がそれこそ縦横無尽、かつ複雑、しかも膨大な量で、この空間で展開しているということです。


そして、あなた自身もその「波」の一つです。


なので、常にあなたは、この空間に存在する何らかの「波」と共鳴したり、打ち消しあったりしているんです。


ただ、あなたには意識があります。


意識があるので、あなたは、あなた自身の「波」をコントロールできます。


「波」の波長を変えられるんです。


波長を変えれば当然共鳴、共振する波も変わります。


あなたが引き寄せる現象や人が変わるということです。


ちなみに、あなたは今どのような「波」の存在ですか?


どのような「波」なのかは、あなたが引き寄せている状況で確認できますよ。


なにしろ、環境はあなたという「波の存在」が引き寄せた鏡のようなものですから。(・∀・)


もし、環境を変えたいのであれば、あなたの意識を変えなければですよね。


鏡の中の髪型が氣に入らないからと言って、鏡の中をいじっても変わりません。(^^ゞ


鏡に映っている「あなたの意識」を変えることが何より先なんです。(*^.^*)



ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿