引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

望み現実化で外せない原理

  • 映画に見る引き寄せ 感情と思考 引き寄せの盲点
  • 2016年10月11日  

望み現実化の原理

これは磁石です。(・∀・)

 

磁石

 

ご存知の通り、磁石にはN極とS極がありますよね。

 

例えばですよ。

 

あなたはN極が嫌いなので、N極だけ切り取ろう、と思い立ちます。

 

で、N極を切り取ります。ヾ(@°▽°@)ノ

 

でも、N極を切り取って半分にした瞬間、その半分の半分がN極になります。

 

こんな感じで。

 

N極とS極

 

いくらN極を切り取っても、永遠にN極は無くならない。。。(゚_゚i)

 

そんなの当たり前じゃないか!! ヽ(`Д´)ノ

 

なんて怒られそうですが。。。

 

そう、これは当たり前のことなんです。(*^▽^*)

 

一方で、これは良くこのブログでも取り上げる太極図。

 

太極図

 

陰陽図、タオ図とも呼ばれますが、これはこの世の根本原理を表していると言われています。

 

そして実際、量子力学(量子論)的なこの世の解釈は、まさにこの太極図と同じなんです。

 

何しろ、量子力学の祖と呼ばれるニールス・ボーア博士は、太極図をボーア家の家紋に採用したぐらいですから。(*^.^*)

 

つまり、「この世はそもそも陰と陽が入り混じった状態であり、もともと確定しているものなど何もなく、その状態を唯一確定させているのは意識だ」とする概念です。

 

だから、陰をなくそう、陰と陽を分離しよう、などと考えることがそもそも無理なんです。

 

だって磁石と同様、片方をなくした瞬間にまた片方が現れますから。(@_@)

 

この世の理(ことわり)として、それは永遠に無くならないんです。

 

でもその一方で、あなたは、陰をなくそう、つまり、ネガティブな状態をなくそう、ネガティブな状態から逃れようなんてしてませんか?

 

これも磁石と同様、永遠に無くなりませんよ。(;^_^A

 

そこを無くそう、そこから逃れよう、そこを分離しよう、なんて思うことよりも大切なこと。

 

それは、まさに、それらを「受け入れる」ということです。

 

だって、受け入れるしかないでしょ? どうせ無くならないんだから。(^∇^)

 

ネガティブな状態を「それもあり、それでも良い」と受け入れる。

 

そして、新たにあなたの意識で選択するんです。

 

「でも、本当の私はこうありたいんだ」(^O^)/

 

氣持ち、感情、もっと言えば体の状態を選択するんです。

 

その選択が、あなたの現実となるんです。

 

映画「マトリックス」でもモーフィアスは、本当の自分で生きるか、偽りの自分で生きるか、主人公のネオに選択を迫ります。

 

画像の説明

 

で、ネオは悟ります。

 

ネオ

 

”選択”、問題は選択だ

 

そう、全てが意識で確定するこの世界は、ただ、どちらかを意識で選択する世界なんです。

 

あなたは、陰陽が入り混じる何も確定していないこの世界で、何を選択し、現実として確定させたいですか?

 

全て、あなたの意識次第なんですよ。(*^▽^*)

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿