引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

身体に答えがある

身体に答えがある

私は何かを選択したり決断する時にあまり迷いません。

なぜなら、「自分はどうありたいのか」ということと、「価値」と「充実」の指標を明確にしていますので、大抵のことはこれらを元に選択、決断できるからです。

迷うとしたらお昼に何を食べるかぐらい。(*^▽^*)

ただ、そうは言っても「あ、これはどうしようかな?」ということはやはり時々あります。

例えば、タイミングのことだったり、値段などの数字に関することだったり、やはり、「どっちがいいかな?」と思うことはあるわけです。

で、そういう選択に迷った時に頼りにしているのが「私の身体」です。(*^.^*)

自分の身体に答えを聞いてみるんです。

 

ういちゃん

 

どうやって聞くかというと、座っている時に背もたれから離れて背筋を伸ばした状態で、「○○したほうがいい?」と自問自答してみると、身体が縦に揺れたり、横に揺れたりします。

私の場合は縦に揺れると「Yes」、横揺れは「No」という感じです。

今のところ、「この身体の判断に間違いは無い」と思っています。

短期的に見ると、「あれ、判断間違えてるんじゃ?」と思うことが起きても、後々それがきっかけで良い方向に動いたりしますので、やはり間違っていないと思います。

で、「身体に聞く」と表現していますが、もっと正確に言えば「脳幹(中枢神経含む)に聞いている」という方が正しい。(*゚ー゚*)

脳は大雑把に言えば三層構造になっており、その脳の一番奥に位置しているのが「脳幹」と言われる部位です。

厳密に言うと「脳幹」は中枢神経につながっておりそれが尾てい骨あたりまで伸びていますので、この中枢神経含めてが「脳幹」と言われています。

この「脳幹」という部位の機能を簡単に言うと、生命維持などの本能に関する部分を司っています。

脳の中でも一番重要な部位で、これが損傷したら生きていけません。

だから一番奥にあるんでしょうけどね。

ちなみに、ヨガではよく「チャクラ」という言葉を使いますが、この位置は全て「脳幹(中枢神経)」の位置と重なります。

脳幹は本能的なことを司っていることから、「インスピレーション、直感、創造性の脳」とも言われています。

世界の偉人と言われる人の多くは瞑想の習慣があると言われていますが、これも大脳の動きを止めて直感力やインスピレーション力を高めるための行為です。

つまり、瞑想で「脳幹」にアクセスしているということですね。

そして、この「脳幹」が活性化すると、実際、直感力やインスピレーション力が高まります。

また、人によっては、眠っていた潜在能力が覚醒するという人もいます。

私が自分の身体に答えを聞けるというのも、ある意味、「脳幹」が活性化しているからだと思っています。

身体の本能的な反応も「脳幹」が司っていますので。

ただ、現代社会に生きるほとんどの人は、この「脳幹」が活性化できていない、つまり、「脳幹」の機能を使いこなせていないと感じています。

もちろん、それには理由があります。

 

 

ヨガをやっている人が「チャクラが開いている、開いていない」という言葉を時々使いますが、私の解釈だと、それは、「脳幹(中枢神経)が活性化しているか、していないか」だと思っています。

ちなみに、チャクラの開き具合がわかる人によると、私は、「全部開いている」のだ、そう。(*^.^*)

「チャクラが開いている」、「脳幹が活性化している」など、表現方法は正直どっちでもいいのですが、真に望ましい引き寄せを起こすには脳幹を活性化させることが重要だと私は考えています。

脳幹は本能を司っていますが、本能と言っても、「単なる生命維持機能だけではない」、と思っています。

そこには、「あなたが本能的に求めているもの」も眠っていると思うのです。

つまり、本当のあなたが、「私はこうありたい」と感じていることや、本当のあなたが「大切にしたいと感じていること」、「真の充実や楽しさを感じること」なども、この「脳幹」にあると思っています。

ですので、あなたが本能的に求めていることを自覚する、つまり、「本当のあなたを自覚し、その様に生きる」ということが脳幹の活性化につながるのです。

 

ういちゃん

そうなると、当然ですが、あなたが本能的に求めていることと、顕在意識(表面意識)が求めていることが一致するので、本当の幸福感と満足感が得られる様になります。

本当の幸福感と満足感を感じているあなたには、さらに幸福感と満足感が高まる状況が引き寄せられてきます。

そして、さらに言えば、「脳幹=インスピレーション、直感、創造性の脳」ですので、今まで気づけなかったことに気づける様になったり、今まで感じられなかったことを感じられる様になったり、今まで眠っていた潜在能力が覚醒したりすることもあります。

まさに、「脳幹の活性化は良いことずくめ!!」なんですが、現代社会を生きる9割以上の人たちはほとんど脳幹を活性化できていません。(T_T)

 

 

脳幹を活性化できていない理由はいくつかあるのですが、大きな要因の一つは「脳のフィルターが操られている」ということが挙げられます。

脳幹の一部に「網様体賦活系(もうようたいふかつけい)」という部位があるのですが、こちらは意識している情報だけを選別して脳に取り込む「フィルター」の役割をしています。

この話は「脳は常に選択してる」という記事で詳しくご紹介しています。

このフィルターが操られているのですが、何に操られているかというと、社会通念、常識、世間体などにです。

本当のあなたの意識に蓋をする様にこれらの意識が重ねられているので、これらの意識で全ての情報がフィルタリングされている状態なんです。

つまり、本当のあなたが情報を選別しているのではなく、社会通念などが情報を選別している状態です。

あなたが本能的に求めていることとは違う意識で情報が選別されているので、脳幹は活性化するどころか眠ったままです。

これでは本当に望ましい状態の引き寄せが起きるわけがありません。

なぜなら、本当の自分に蓋をしている状態ですから。

この、「網様体賦活系」が、社会通念、常識、世間体などに支配されている状態が映画「マトリックス」でいうプラグに繋がれた状態です。(参考記事「マトリックスの秘密」)。

 

画像の説明

 

こんな状態じゃ、引き寄せどころじゃありませんし、あなたの本当の能力も発揮しようがありません。(°д°;)

でも、多くの人たちは擬似的にこの様な状態なのです。

ちなみに、マトリックスで登場する主要なプラグの位置が中枢神経含めた脳幹の位置になっているところが、ある意味「良く考えられている」と感心してしまいます。(^▽^;)

 

画像の説明

 

映画「マトリックス」では脳幹にプラグが差し込まれているので、脳幹が物理的に操られている状態ですが、現代社会の我々は脳幹が意識レベルで操られている状態です。

ですので、我々の社会で言う「プラグから抜ける」とは「本当の自分を自覚し、その様に生きる」ということになります。

そして、その様に生きることが、脳幹を活性化させ、本当の引き寄せを起こし、潜在能力を覚醒させることになるのです。

これはある意味、「脳幹のコントロールをあなた自身に取り戻す」ということです。

脳幹が活性化し、潜在能力が覚醒したあなたは、もっとスゴイのかもしれませんよ!!(≡^∇^≡)

コントロールを自分に取り戻すか、コントロールされるがままでいるか。

選択はあなた次第です。

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿