引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

所有より体験が重要な理由

何も持ってない

私たちが生まれてくるときは、裸で生まれてきます。


失礼のないよう、スーツをビシッと着込んだ状態で、なんてあるわけない(爆)


つまり、何も持っていない状態で生まれてくるわけです。


何も持っていない状態なので、必然的に欲しがるようになりますが、最初に欲しがるのはモノではないはずです。


最初に欲しがるのは、生命維持に必要な母乳だったり、お母さんの愛情や保護だったりしますよね。(^_^)


そして成長するにつれ、いろんなモノを与えらるようになり、また自らも欲しがったりしながら、様々なモノを所有するようになります。


必然的にモノは増えていきますが、モノ以外にも所有の意欲は高まっていきます。


それはお金であったり、人であったり、土地であったり、名声であったり、所有する意欲の対象はドンドン拡大します。


でも、そもそもなぜ所有の対象を拡大するのでしょう?


何故かというと、それは単純に、コントロールできる領域を増やしたいからです。


「自分のモノ」と定義されているモノであれば、誰にも躊躇することなくすぐに使えます。


自分の土地であれば、誰かれ構うことななく自由に使えます。


自分に「名声」や「肩書き」があれば、誰かをコントロールする時に威力を発揮します。


人間の歴史を紐解けばわかりますが、そのほとんどはコントロールできる領域を増やすための争いです。


ですので、人間は基本的に、所有することで、自分がコントロールできる領域を増やしたいんです。


別の言い方をすれば、より自由になるために所有し続ける、ということですね。(・∀・)


ういちゃん


しかしです。


実はここに大きな盲点があります。


人間は、有形無形含めて様々なモノを所有するよう頑張ります。


でも実は、その所有が増えるにつれ、どんどん自由が失われていくんです。


あなたが所有しているモノに、あなたは支配されるようになるからです。


いつの間にか主従逆転というわけですね。(・∀・)


例えば、あなたが高価なモノやお金をたくさん持っていればいるほど、それが傷ついたり、無くなったりすることを恐れるようになるはずです。


それらが傷ついたり、無くなったりすることがないよう、あなた自身の行動に様々な制限をかけるはずです。


名声や肩書きにしてもそうです。


あなたが「〇〇の先生」という名声を持っていたとしましょう。


「〇〇の先生」という名声に権威があればあるほど、あなたはその名声を維持しようとするでしょうし、そのために自分に様々な制限をかけるはずです。


このように、自分がコントロールできる領域を増やそうと所有を増やし続けると、しまいにはそれらに支配される立場に逆転するんです。


自由を得るために所有し、その所有したモノに最後は支配される。


なんか皮肉じゃないですか?f^_^;


s_muu(2)


でも、これが真理です。


そして、実在の人物ではないですが、所有と真逆のことをやっているのが、映画「男はつらいよ」の主人公である寅さんです。


寅さんの持ち物といえば、一張羅の服とカバンだけ。


行きたい時に行きたい場所に行き、会いたくなったら人に会い、お金が欲しくなったらテキ屋で稼ぐ。(*^▽^*)


まさに何も所有していないがための、究極の自由人です。


北朝鮮の金日成や金正日も寅さんの大ファンだったそうですね。


国家という大きなモノを所有している彼らは、それこそ究極の不自由人です。


その究極の不自由人からすると、着の身着のままの自由人である寅さんは、まさに究極の憧れだったかもしれません。(*v.v)


彼らだけでなく、日本国民の多くも寅さんに共感や憧れをいただくということは、ある種、ほとんどの人が真逆の境遇だからだと思います。


なにもあなたに「所有しなくていい」なんて言ってるわけではないですよ。(*^.^*)


ただ、所有することを追い続けると、しまいには不自由になってしまうということを理解していた方がいいと思います。


それに、言ってしまえば、所有することに大した意味はありません。


所有したモノは、有形無形含めて、必ず手放す時が来るからです。


生まれてきた時と同様、死ぬときも裸で何も持たずに帰っていくわけです。(^O^)/


持ち帰ることができないモノにそんなにこだわる必要ないでしょ?


それよりは、持ち帰ることができることにこだわった方が良くないですか?


あなたが、持ち帰ることができること。


それは、体験です。


あなたが体を持って生まれてきたことの目的は、体験のためです。


体験が要らなかったら、そもそも体が要らないでしょ?


あなたが本当に体験したいことを、きちんと生きている間に体験すること。


それが何より大事なはずなんです。


つまり、本当の自分を生きる、ということです。


それが、本当の自分が体験したいことを体験する、ということですから。


ういちゃん


でも、多くの人はそこをおざなりにして、所有を追いかけてます。


で、さらなる欠乏を招いてる。(→o←)ゞ


追いかけること自体が、欠乏の波動だからです。


そして実は、これも皮肉なことなんですが、それほど所有にこだわりを持たなければ持たないほど、所有に恵まれる機会が増えていきます。


余裕の波動がさらなる豊富を引き寄せるからです。


所有にこだわり、不自由と欠乏を引き寄せるか?


所有へのこだわりを手放し、自由と豊富を引き寄せるか?


でもそもそも、本当のあなたが何を体験したいかが最初になければね。(^^ゞ


本当の自分を生き、体験したいことを体験していれば、自然と不足は埋まっていきますから。(^ε^)♪



ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

過去の投稿

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿