引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

エネルギーを回し場を転換する

  • 感情と思考 具体的なノウハウ
  • 2017年3月5日  

「ポジティブに考えようよ!!」( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

「ポジティブに捉えて!!」(`∀´)

などなど。

誰でも一度は言われた事あると思います。

きっとあなたも。(*^.^*)

一般的にポジティブシンキングは良いこととされています。

私もこれを否定はしませんよ。

現象には必ず裏表がありますので、その現象をどう捉えるからはまさに「意識による選択」です。

そういう意味ではポジティブに捉えられる事だったらそれに越した事はない。(°∀°)b

ただしです。

無理くりなんでもかんでもポジティブに変換するのは「どうか?」と思います。

本当は悲しかったり、苦しかったり、怖かったり、怒りを感じたりしているのに、それを無理に押さえ込んで「ポジティブに!、ポジティブに!!」とする。

それは、どう考えても良くないことなんです。f^_^;

なぜか?

感情はエネルギーです。

怒りの元素記号とか、悲しみの素粒子とかないでしょ?(*^.^*)

だから感情は純粋なエネルギーなんです。

そのエネルギーを抑えて溜め込んでいくとどうなりますか?

それはいつか臨界点を迎えます。

そして臨界点を迎えると爆発です!!ヽ(*'0'*)ツ

ド━━Σ(ll゚艸゚(ll゚艸゚ll)゚艸゚ll)━━ン!!!

もちろん、あなたの体が吹っ飛んでバラバラになる、なんてことはありません。(´∀`)

でも、そのエネルギーの爆発は必ずなんらかの「現象の悪化」という形で現れます。

それは、病氣だったり、困難な状況だったり、なんらかの現象として現れるんです。

よく考えてみてください。

本当は存在する「負の感情」を、「いや、ないない」、「そんなの感じちゃダメ」なんてやってたら、それこそ「負の感情」に常に意識が行っている状態です。

「負の感情」に意識が行っているので、さらに負を感じる状態が確定していきます。

でも、「いやー、ダメダメ」なんてやっているので、さらに負の感情に意識が行く。。。

まさに負の感情が拡大して溜まっていくスパイラルです。

この状態を作ってしまうのが、ある意味でポジティブシンキングの罠なんです。

本当にポジティブに捉えられるのであれば問題ありませんが、本当はそんなポジティブな氣持ちになっていないのに無理やりポジティブにする。

そうすると、先ほどから言っている通り、返って状況が悪化しちゃったりするんです。(≧∇≦)

感情のエネルギーを解放していないからです。

ですので、無理くりポジティブにする必要はないんです。

むしろ、無理にポジティブにならない方がいい。

ネガティヴな感情を感じているなら、無視することなく、むしろそれを感じて「しょうがないようね」と慰める。

その上で、「でも、私、よくやってるよね」と自分を褒めてあげる。

これだけでも感情のエネルギーは解放されます。

そして、すっきりします。。゚(゚^∀^゚)゚。

でも、これだけだと解放できない強い怒りや悲しみも確かに存在します。

そういう場合は、むしろ体全体を使って思いっきり怒ったり、泣いたりした方がいいんです。

だからと言って、人前で思いっきり泣いたり、相手に対して怒りをぶちまけろ、って言ってるんじゃないですよ。(^_^)

別に一人になれる場所でやってもいいんです。

例えば、カラオケボックスとかで思いっきり大声出して怒るとか、泣くなんてのもアリです。

ある意味、やるんだったら思いっきりやった方がいい。

その方が、感情のエネルギーがしっかり解放され、場が転換します。

これが「陰極まれば陽に転ずる」です。

これは陰陽図ですが、まさにそのようなエネルギーの回転を表しています。

これは宇宙の仕組みやこの世の理(ことわり)を表していると言われていますが、量子力学的なこの世界の捉え方とほぼ同じです。

この図で言えば、白い部分が「陽」になりますが、白の大きな部分に小さな黒い点、すなわち「陰」があります。

ここで言う白の部分は、様々なラッキーが起こりいろんな意味で支援されている状態になります。

ただ、この支援されている状態にあぐらをかいていると、そこに「依存」が生まれます。

その「依存」が白の中にある「陰(黒点)」であり、それが極まると「陰」に転ずるわけです。

そして、陰の状態はある意味で様々な支援が受けられない「試練」の状態です。

でも、その試練をちゃんと受け入れていると黒の大きな部分に白い点が生まれます。

この白点が「陽」であり、ここで言う「陽」は試練を乗り越えた「自立」にあたります。

宇宙も、地球も、人間社会も、一人一人の個人も、大なり小なりこのような陰陽のサイクルを繰り返しているんです。

ですので、両方必要なんです。

だから、陰の方だけ蓋をする、無いことにする、ということそもそも無理なんです。

逆に、先ほど申し上げた通り、「陰をなくそう」とする意識がさらに陰を拡大するんです。

なので、「陰」を無視することなく、しっかり受け入れて、場を転換する。

そうすることで結果的に「陽」への展開が早まるんです。(*^▽^*)

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿