引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

脳は不一致を嫌う

人間は1日に約60,000回思考すると言われています。(*゚ー゚*)

ということは人間は1日に60,000回どこかに意識を向ける、ということでもあります。

何かに意識を向けた瞬間に思考が生まれるからです。(*^.^*)

そして、その意識の9割以上は無意識(潜在意識)ですので、無意識に何かに意識を向け、思考しているとなりますよね。

で、その思考は大抵「言葉」です。

たとえ何かをイメージしている思考にしても、そこには言葉がついてきていることがほとんどです。(・ε・)

そういう意味では、あなたが無意識にどんな言葉をつぶやいているかが、あなたの無意識が何を意識しているのかを知る手がかりになります。

不平、不満、不安の言葉が多いなら、意識状態も不平、不満、不安のはずです。

楽しさ、喜び、安心の言葉が多いなら、意識状態も楽しさ、喜び、安心のはずです。

そして、その意識状態で量子の状態も決まります。

人間の意識が介入した時点で量子の時間と位置が決まるからです。

ですので、あなたの意識状態=あなたの体含めたあなたの周りの量子状態となるのです。

さらに言うと。(・∀・)

脳には意識したものだけを捉える、というフィルタリング機能があります。

何を捉えるかというと、見たこと、聞いたこと、です。

ちなみに、「見る」というメカニズムですが、厳密に言えば私たちは目で見ているんじゃないんです。

目は単なるレンズですので、目だけあっても見れません。

実は見ているのは脳なんです。φ(.. )

下の図は脳による「見るメカニズム」を示したものですが、左の方に「Visual Cortex」という部位がありますよね。

この部位が日本語で言う「視覚野」にあたり、私たちはこの「視覚野」で見ています。

目というレンズが捉えた光を網膜が電氣信号に変換して視覚野に送り、その信号を視覚野が映像に組み上げることで見えているんです。(ㆁωㆁ*)

だから厳密に言うと「脳で見ている」となるんです。

ただし、目が捉えた全部を見ているわけではありませんよ。

先ほど申し上げた通り、脳には情報をフィルタリングする機能がありますので、フィルターを通過した情報、つまり映像だけを見ているんです。

1秒間で脳が受け取る情報量は4000億ビットともいわれているのですが、その全てを処理しようとすると脳がパンクしてしまいます。キィィ───ヾ(*`ェ´*)ノ───ッ

ですので、そのうちの2000ビットだけを脳で処理しているんです。

なんと、受け取っている情報の2億分の1の情報だけを脳に取り込んで処理している、すなわち「見聞きしている」ということです。( ̄□ ̄;)

で、実際にどういうフィルタリングをしているかというと、ズバリ「意識していること」です。(・ω・)b

あなたは、あなたが意識していることだけを捉えて、見ているし、聞いているんです。

よく女性が男性に対して、

「ちょっと、私の話ちゃんと聞いてるの?」(`×´)

なんて言うと男性は、

「ああ、聞いてるよ」(゜ρ゜)

なんて答えて、

「じゃあ、なに言ってた?」

と問い詰めらると、

「。。。。。。。。」( ̄ー ̄;

なんて状態「あるある」ですが、まさに耳に音は入っているけど意識していないのでフィルターを通っていないんです。

つまり、聞いてない、ということですね(爆)

で、このような脳の仕組みと量子力学で確認されている現象を考えるとこうなります。

まず、意識している時点で量子の位置と時間が決まります。

それはつまり量子の状態が確定しているということであり、量子の集合体である現実が確定しているということでもあります。

そして確定した現実を脳がフィルタリングして捉えます。

脳はその現象を捉えるので、さらにその現象を意識するようになり、その結果、その状態でさらに量子状態が確定していく。。。。

ある意味無限ループ状態となり、いつまでも続いていく、ということになるんです。(*`▽´*)ウヒョヒョ

良い状態が続くループなら大歓迎ですが、悪い状態のループならなるべく早く脱出したいですよね。(→o←)ゞ

その方法はいくつかありますが、その一つが「言葉を変える」ということです。

無意識でつぶやいている思考パターン、つまりそれは言葉なんですが、その言葉を望ましいものに変えていくんです。(^_^)

なぜ言葉を変えることが重要かというと、言葉で意識の方向性が変わるからです。

なぜ意識の方向性が変わるかというと、脳には「不一致を嫌う」という特性があるからです。

脳は不一致を嫌うので、あなたがつぶやいている言葉に合わせた現実を捉えがちになります。

つまり、「幸せ」という言葉をつぶやいていれば、より「幸せ」を感じる現実を捉えるようになるんです。≧(´▽`)≦

さらに言えば、「幸せ」という言葉とつぶやくときに、体全体でその「幸せ感」を感じてみる。

そうするとさらに脳のフィルター機能は「幸せ」にフォーカスするようになりますよ(*^▽^*)

もしあなたの現実が望ましい状態でないのなら、それはつまりあなたの意識が「望ましくない状態」にフォーカスされているからです。

それと同時に、望ましくない状態をさらに確定させるような「無意識のつぶやき」もしているはずなんです。

であるならば、その無意識のつぶやきをまずは望ましい言葉に変換して下さい。

その望ましい言葉に合わせて、あなたの脳が捉える現実も変わってきますから。

実際、一流と普通、金持ちと貧乏の違いは、単に「日常的に使う言葉が違うだけ」らしいですしね。(^ε^)♪

言葉は脳と意識を操る強力なツールですよー!(^-^)ノ~~

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿