引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

比較すると罠にはまる

先日、ある事業家の方とセッションさせて頂きました。(*^ー^)ノ

その方はかつてあるスポーツの分野で活躍された有名な方で、今は独自に考案された事業を起ちあげ、毎日を忙しくされています。

ただ、今後の事業の方向性について悩まれてました。(・ε・)

最終的には方向性が定まり、スッキリされてお帰りになったのですが、セッションの最初の方ではこんな話がありました。

先日、ある経営者の方とお知り合いになったらしいのですが、その方とはたまたま同い年(40代前半)だったそうです。

その方は幅広く事業を展開され、従業員もたくさん抱え、事業規模も大きく、自宅も東京の高級住宅街の豪邸で、高級車を何台も持たれている、とのことでした。Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

それと比較して、同じ経営者と言えども、自分はまだ現場にプレーヤーとして立っている。

事業規模も比較にならない程小さく、住まいも小さなマンション、車もなし。。。

「同い年でもここまで違うのかー」とちょっと落ち込んだそうです。

他者と比較して、「それに比べて私は。。。(-з-)」と落ち込む。

これって結構ありがちなパターンです。(・ω・)b

ただ、ここで考えて頂きたいのは、「なぜ落ち込むのか?」ということです。

落ち込む理由としては、事業規模が大きい方が成功、豪邸に住んでいる方が幸せ、高級車に乗っている方が偉い、などと色々思い込んでいるからですよね。(;^_^A

つまり、あらゆる点で、「相手は自分よりも上だ」、と思っているからです。

だって、そう思ってなかったら落ち込まないはずですから。(*^o^*)

でも、果たして本当にそうなのか?

事業規模が大きくても資金繰りが大変で、毎月月末に胃が痛い思いをしていたら。。。(;´Д`)ノ

都内の一等地に豪邸を構えていても、家族にほとんど会話がなく、いつも孤独感に苛まれていたら。。。(・_・)

そういう状態でも本当に成功、幸せ、と言えるのか?

少なくとも、私は嫌です。(*^.^*)

事業規模が小さくとも自由な時間が多く、家が小さくとも家族との楽しい会話がある方がいいからです。(^人^)

つまり、それが私にとっての成功であり、幸せだからです。ヘ(゚∀゚*)ノ

当たり前のことなんですが、誰もが最終的に求めていることは、「幸せ」です。

成功を求めている人でも、成功することで幸せを感じたいがために、成功を求めているんです。(*^.^*)

このことに例外はないんです。

そして、その「幸せ」の基準をモノや数字などに置き換えると、結構な確率で「いばらの道」を歩むことになります。(灬ºωº灬)

なぜなら、自分の軸からズレていくことが多いからです。

本当の自分はそんなこと望んでいないのに、「これだけの売上を上げるのが成功で、それがイコール幸せなんだ」と考えて行動をしだすと、本当の自分は抵抗を始めます。

本当の自分が望む方向に引き戻そうと抵抗するんです。∧( 'Θ' )∧

つまり、「なかなか思うようにならない」、「すごく大変で苦労が多い」という現象で。

それでも、歯を食いしばって頑張って、自分が望んでいた数字を達成したり、モノを手に入れる人もいます。(((( ;°Д°))))

でも、軸からズレている場合は、「あれ、達成したのにさほど嬉しくない(x_x;)」なんて結果になりがち。

最悪な場合、一番大切にしたい人や、本当は一番望んでいる状態が遥か遠くに行ってしまう。。。(・_・;)

そして、その虚しさや、寂しさ、苛立たちさを埋めるために、さらに数字やモノを手に入れようと躍起になるんです。

でも、それらは本当に望んでいることではないので、いくら数字やモノが手に入っても永遠に満たされない。。。(⌒-⌒; )

いや、実際にそういう状態の人もいるんですよ。

側から見ると完全な成功者であっても、実は幸せではない、という状態の人が。(・ε・)

だから、他人のモノや数字と比較して、「私は全然だー、早くそうならねばー(°Д°;≡°Д°;)」なんて考えるはやめた方がいい。

「私はこういうモノが大好きで、それを作りたいし、集めたいんだー」、もしくは、「数字をいじるのが大好きで、それを考えるのが至福なんだー」なんて場合は別ですよ。

でも多くの場合は、「より大きい売り上げの方が成功者だ」とか、「より大きな家に住んでいる方が幸せなんだ」なんて思い込み、好きでもないし、喜びも感じないことに頑張って必死に取り組んだりする。。。f^_^;

だから苦労が多いし、上手くいかないんです。

それは先ほど申し上げた通り、自分が本当に望んでいることからズレるからです。

心理学者でハーバード大学の人氣講師であるショーン・エイカー氏はこんなことを言っています。

”かって、我々は、こう教えられて育った。我々が一生懸命働けば、我々は成功する、我々が成功すれば、幸福を得ることができる、と。

しかし、ただ一つの問題は、この理論が今や破綻していることだ。この理論が破綻しているのは、その考え方が逆行しているからなのだ。

すなわち、幸福感こそが成功の前提なのだ。”

 

そう、逆なんです。(・∀・)

辛くても、苦手でも、嫌なことでも頑張ってやり続け、数字やモノを手に入れたら幸せになるのではないんです。

今、自分が幸せを感じることに一生懸命取り組み、それを続けてさえいればますますそうなるんです。ヘ(゚∀゚*)ノ

量子力学や脳科学で考えてみてもそうなんです。

そして、そのことに多くの人は氣付きはじめています。

そうじゃなければ、ハーバード大学の人氣講師が、「幸福感こそが成功の前提なんだ!!」なんて言わないですよね。(*^▽^*)

だから、自分が幸せを感じること、自分らしさを発揮できること、すなわち、自分の軸を大切にして生きることが大事なんです。

他者のモノや数字と比較して、「私もそれを手に入れなければ!!」なんて行動するのは、みすみす罠にはまるようなもんです。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

そして、罠にはまるとなかなか抜けられません。

数字やモノに執着し、それをひたすら追い求める状態が続くからです。(^◇^;)

私もかつては罠にはまった口ですので、よくわかります。( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

なので、他者と比較することなく、あなたがあなたらしくいられ、楽しさや喜びを感じること、すなわち幸せな状態でいられることをひたすらやっていればいいんです。

それが結果として、数字やモノとして現れてきますのでね。

逆だ、ということをお忘れなく!!(・∀・)/

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

 

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿