引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

分かるよりも、実感する

  • 引き寄せと量子論 感情と思考 引き寄せの盲点
  • 2018年7月10日  

人間の抑えがたい欲求の中に「好奇心」があります。(*^ー^)ノ

知りたい、分かりたい、理解したい、という欲求であり、そのような欲求が人間の進歩と発展を支えてきたのは間違いのない事実ですよね。

私もその欲求があるのでこんなブログ書いてますし、今だに色んなことを自分なにりに勉強したり、試してみたりしているわけです。

ある意味、より分かりたいため、より理解したいために、学び、検証しているわけです。v('ω'*v)ピースピース(v*'ω')v

で、自分なりに学んで検証した結果「これはほぼ間違いなでしょ(・ω・)b」と思うことをブログで発信しているわけですし、ブログだけでは説明困難かつ実践的な部分を講座やセッションで提供しているわけです。

で、なぜブログだけだと説明困難な部分が出てくるかと言うと、本当に重要なことは、「分かる」よりも「感じる」ことだと思っているからです。

理解する、すなわち『分かる』と言う行為ですが、『分かる』という言葉の語源は『分ける』です。

なぜなら、人間が何かを理解しようとする際に、必ず「分けよう」とするからです。(・ω・)b

例えば、自分が日本人だと理解するためには、他の国や他の民族と分ける必要がありますよね。

それだけではなく、「私とあなた」、「男と女」、「善と悪」、「陰と陽」、「表と裏」、「生と死」などなど、これら全ては相対的な関係、つまり分かれてないとそれぞれを理解できません。

つまり、人間は色んなものが入り混じった混沌状態だと理解できないので、「分けること」で理解しようとするんです。(*^.^*)

だから理解力のある人を「分別がある人」なんで言いますよね。

つまり、「分けて、別にする能力がある人」と言うことです。

そして実際に、西洋を中心に発展してきた科学は、この「分ける」と言うことを徹底的に追求することで発展してきました。

その分ける作業の行き着いた先が「量子論(量子力学)」であり、人類はついに「これ以上は分けられない」と言う究極の粒である「素粒子」に行き着いたわけです。

ただ、ここで新たな問題が生じます。

最後に行き着いた「粒」である素粒子は、「粒」であるが「波」である、離れているけど繋がっている、と言うような、まさに理解不能な「混沌」の状態だったからです。ヽ((◎д◎ ))ゝ


ある種、理解しようとして徹底的に分解して行ったら、最後に理解不能になった。

分かろうとして行き着いた先が、分かりようのない状態だった。(x_x;)

 

キャ━━(#゚ロ゚#)━━ッ!!

 

実は今から2000年以上も前に、そもそも「分ける」ことをすると、自然の本質からはどんどん遠ざかる、つまり、真の理解からは遠ざかる、と言う主張をしていた有名な方がいます。

その人は、古代中国の思想家である『荘子』です。ϵ( 'Θ' )϶

荘子は、人間による「分ける」と言う行為が、自然や物事の「ありのままの姿」を損なうことになると説いていたんです。

なぜなら、分けることで必ず人間の解釈が入るからです。

例えばですよ。

自分のいる場所を「ここ」と解釈したら、自分がいない場所を「あそこ」と解釈します。

でも、自分が「あそこ」に移動すれば「あそこ」は「ここ」になり、「ここ」だった場所は「あそこ」になる。(; ̄ェ ̄)

つまり、人間の解釈が入ることで「ここ」にも「あそこ」にもなるが、人間の存在を無視した絶対的な空間では、本来「ここ」も「あそこ」もない。(灬ºωº灬)

なんかややこしいですが。

そういう意味では、人間が「分けて理解しよう」という行為を止めたとき、はじめて自然や物事のありのままを捉えられる、と説いたんです。

そして実は、科学が発展した西洋でも同じような指摘をしていた人がいるんです。

それはドイツの文豪で自然科学者でもあったゲーテです。

彼は「実験で切り刻まれた自然や、数字で置き換えられた自然はすでに本当の姿ではない」と言い、暗に全てを分けて理解しようとする手法の科学を批判したんです。

ゲーテは自然科学者でもあったので、経験的に「自然を徹底的に分けて理解しようとしても本当の意味での理解にはならない」と感じていたわけですね。(#^ω^)

さらに彼は、「自然は、観測する者とされるモノが一体となった時に初めて本当の姿を現わす」と考えていました。

つまり、「観測者の意識が現象に影響する」ということをゲーテは直感的に捉えていたワケです。(・∀・)

そして、彼の直感はのちに科学的に証明されることになります。

量子力学の誕生によって。。゚(゚^∀^゚)゚。 アヒャヒャヒャ

なぜなら、量子力学で確認されている物理現象で考えると、この世は、「人間の意識が介入することで初めて現実が確定する」となるからです。(^_^)

つまり、意識のありようで目の前の現実が変化する、と言うことです。

量子力学の祖の一人であるニールス・ボーア博士がこのような主張を始めたのですが、同時に、古代先人の叡智にも、すでに量子力学で確認されているような現象が語られていることに氣づいて衝撃を受けるんです。

そして実際にボーア博士が研究をしたのが、先ほど取り上げた『荘子』が始祖の一人とされる道教(易経)だったんです。

「この世は、陰でもなく、陽でもない、すべてが確率の状態で入り混じっていて、どちらにでもなりうる状態が常で、その状態を確定させてるのが人間の意識」、とする道教(易経)の考え方に量子力学(量子論)との共通点を見出したわけです。Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

面白いですよね。

だって、「分ける」ことをすると自然の本質、つまり、真の理解からは遠ざかる、と主張した荘子の道教と、「分かろう」として「分ける」ことの究極まで行った量子論が共通のところに辿り着いたわけですから。(^ε^)♪

実は、私も「分かる」ことには限界がある、と思っています。

特に量子論のような世界はね。(*^.^*)

現に、ノーベル賞受賞者であるリチャード・ファインマン博士も、

”量子論を利用できる人は多いが、量子論を真に理解している人は一人もいないだろう”

などとおっしゃってます。(灬ºωº灬)

そう言う意味では、本当の意味で量子論を理解できるのは人間を卒業した時かもしれませんね。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

ただ、ファインマン博士もおっしゃってますが、「完全に分かる」は無理にしても、利用は出来ると思っています。

そして、私たちが日常で量子論を利用するためのキモが、『実感すること』、だと思うのです。(#^ω^)

なぜなら人は、「よくわ分からないけど、こうなんだ」と納得している、つまり実感していることは大抵使えるし、「こうなんだ」と確信しているので、そうなります。

だから、徹底的に理解すると言うよりも、実感する、肚落ちするなど、感覚的に納得することが大事なんです。(^ε^)♪

現に、量子力学の研究者が実験を重ねて見つけたこの世の本質的な仕組みを、荘子の道教も、仏教も、ゲーテも、その実験結果が出る前に感覚的に捉え、それが真実だと実感していたわけです。

で、その感覚が正しかったわけです。(*^▽^*)

さらに言えば、「わかっている」よりも、「実感している」の方が確信感が高いので、実感していることが現実化する確率も高くなります。

なぜなら、量子(素粒子)はそもそも確率の波(エネルギー)であり、人間の意識が介入することで粒(物質)になるので、あなたが「こうなんだ」と強く意識している、つまり実感していれば、その状態で量子が粒になる、すなわち現実になる確率は当然上がるわけです。(*^ー^)ノ

 

”でも、そもそも「わかっている」と「実感している」の違いは何よ?”(。・ε・。)

 

これは私の解釈ですが、「わかっている」は頭だけで理解している状態で、「実感している」は体感覚を伴った理解で、確信している状態だと思っています。

つまり、理解が体感覚まで落とし込まれている状態です。(・ω・)b

現に、真に理解していることを「肚落ちしている」とも言いますし、それはつまり、体感覚を伴った理解と言うことですよね。

だから、単に「分かる」よりも、体感を伴って「実感する」ことが大事なんです。(*^▽^*)

現に、私自身やセッションや講座を受けていただいているお客さんもそうですが、実感値を上げれば上げるほど引き寄せは加速します。(・∀・)/

なので、私も最近は、「どうすればセッションや講座をお受けいただいているお客さんの実感値を上げられるか」と言うことにフォーカスしています。(*^.^*)

で、実感値を高める方法は色々ありますが、一番簡単なのは「やってみる」ことです。

つまり、ある程度の期間実践してみる、と言うことですね。

当たり前のことですが、クロールの泳ぎ方を「分かって」いても、それは本当に泳げることにはなりませんよね。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

実際に泳いでみることで、体験的に「こうなんだ」と実感できるわけです。

そういう意味では、自分でこんなブログ書いといて言うのもなんですが、引き寄せの仕組みや量子論、脳科学の世界をより「わかろう」として必死こいて本やこのブログを沢山読むよりも、まずは一定期間自分で実践してみて、実感に落とし込んだ方が変化が早いと思いますよ。( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

実践して実感値が上がれば、さらにそうなる確率も上がるわけですからね。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)

最後にブルース・リーの一言をどうぞ。

”考えるな、感じるんだ!!”

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

 

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿