引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

解釈を変えると現実は変わる

先日家族で「三鷹の森ジブリ美術館」に行って来ました。

実は自宅からは割と近いのですが、「近くにあるからいつでも行ける」なんて感じで今まで一度も行ったことありませんでした。(^^ゞ

今回は「毛虫のボロ」という短編映画を観たかったこともあり、初めて行って来ました。(*^.^*)

生まれたての小さな毛虫の視点から描かれる世界の話で、BGMや言葉などが一切なく、効果音とボロの発する音(声?)を全てタモリさんの声でやっているという異色の作品です。

そのタモリさんが創る「音」が非常に映像にマッチしてて違和感が無く素晴らしい。

やはりタモリさんは天才だなー、と改めて思いました。(^∇^)

それはさておき。(^^ゞ

小さな毛虫は生まれたばかりですので、全てが初めて見るものばかり。

しかも、当然人間とはサイズが違うので、視点も違えば、全てのものへの感じ方も違う。

人間だったら氣にも止めない草の葉の凹凸や、草のあいだを漂う空氣中の水分、夜明けとともに射し込んでくる太陽の光。

これら全てがボロの視点と感じ方で描かれるわけです。(*^.^*)

そして、それらの感じ方は私たち人間の感じ方とは当然違います。

あのサイズだからこそ感じられる美しさや面白さ、氣づきもあれば、あのサイズならではの怖さや残酷さもある。

それらに囲まれた環境がボロにとっての現実であるわけです。(#^ω^)

ただ事実として言えることは、私たち人間も、ボロがいるのと同じ地球上の3次元時空に生きているということ。

同じ時空間に身を置いているという意味ではボロと同じ環境なのですが、サイズが違いすぎるため視点も全く異なり、現実も全く違ってしまうわけです。(・ω・)b

そういう意味では、視点が変われば捉える事象も変わり、それはすなわち現実も変わることになるんです。

ボロにとっては、ボロの視点で捉える現実がボロにとっての事実であり、その事実はあなたの視点では捉えられないので、あなたが認識する事実とは違うわけです。(*^o^*)

ですので、あなたにとっての事実は、あなたが『見ていること』なんです。(^ε^)♪

そうなると、当然あなたにとっての事実は、私の事実とも違ってきます。

私の事実は私が『見ていること』であり、あなたが『見ていること』とは違うからです。(・∀・)ニヤニヤ

そして、あなたの『見ていること』は必ずあなたの意識と連動しており、そこには必ず『解釈』が入っています。

人間が様々な事象をありのままに捉える、ということはなく、そこには必ずなんらかの解釈が入るからです。

そこが毛虫のボロと違うところですね。(*^o^*)

なので、もっと正確に言えば、あなたにとっての事実はあなたが『見たことの解釈』であり、それがイコールあなたの現実なんです。

で、その解釈には必ずあなたの『思い込み』が影響しています。

先日お客さんとのセッションでこんな話がありました。

その人は、後輩や部下からぞんざいに扱われるのが嫌で、なんとかしたい、との話でした。(。・ε・。)

具体的にどんなことが起きているのか聞いてみると、飲み会でよくからかわれたり、笑いのネタにされたりする、とのこと。

「それがとてもイヤなんです!!なんとかしたいんです!!( ̄∩ ̄#」と怒っているんです。

ただ私はその話を聴きながら、ちょっと氣になることがありました。

何が氣になったかというと、その人がとても楽しそうにその話をしているんです。

つまり、全体の雰囲氣が全然イヤそうじゃないんです。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

試しに後輩や部下から常に持ち上げられて、氣を使ってもらっている状態の飲み会を想像してもらうと、「全然楽しくない(゜ρ゜)」とおっしゃる。

と言うことはですよ。

実は本能レベル、つまり本当の自分はそのことを結構楽しんでいたり喜んでいたりするんだけど、「上司は部下から尊敬されなければならない」とか、「年長者は常に尊重されなければならない」との思い込みがあり、その思い込みから、「これは望ましくない」と解釈している、と言えるんです。(#^ω^)

そういう思い込みがあるので、飲み会の状態を「からかわれてる、下に見られてる」と解釈しますが、私から見ると「とても慕われているし、円滑なコミュニケーションが取れている」と解釈できる。(・∀・)/

そして実際、どのように解釈したほうが自分にとって望ましいのか考えてみると、後者だったりするんです。(*^▽^*)

であるなら、今度からそう解釈した方が、本当の自分にとって望ましい現実になるんです。

もしあなたに「この状態がとてもイヤでなんとかしたい」という状況があるなら、まず「そもそもなんでそれがイヤなのか」を考えてみた方が良いですよ。

もしかしたら、「こうでなければならない、こうするのが正しい」という思い込みからその状態を「イヤ」と解釈している場合があるからです。(゜ρ゜)

で、そのような思い込みに氣づいたら、「本当にそうしなければならないのか?、本当にそれが自分にとって望ましいのか?」と自分自身に問うてみる。

そうすると、「まー、別にそうでもないか〜」なんて氣づきもあるかもしれません。

そして、その氣づきをもとに、どう解釈し直せば自分にとって心地よくなるのか、楽しくなるのか考える。(^ε^)♪

あなた自身が楽しくなる、心地よくなる解釈をすることが、そのような世界を選択したことになるんですよ。(・∀・)/

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

 

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿