引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

自分を楽しませる努力

AIBOと言えばソニーが発売しているロボット犬ですよね。

かなり前の話ですが、うちにも以前このAIBO(2代目ぐらい?)がいました。(・∀・)

ちなみに現在のAIBOは、私がかつて持っていたAIBOと比べると、CPU(半導体)の性能的には4万倍だとか。(;^_^A

今のAIBOは相当ホンモノの犬っぽいのかもしれません。(^人^)

この初代AIBOの生みの親と言われている人が、以前ソニーで役員をされていた土井利忠さんという方で、今は天外伺朗というペンネームで本を書かれたり、経営塾をされたりしてます。

その土井さんがかつてインタビューでこんなことを語ってました。

”毎回、仕事に集中して「フロー」の状態になると、絶妙なタイミングでスイッチが入って、普通のエンジニアがスーパーエンジニアになり、アイデアが湯水のように沸いて出てくる体験を何度もした。そういうフローの状態に入ると、なぜか運も良くなった。例えばそのプロジェクトに必要な人材にピッタリのタイミングで出会えたり、新製品を作るためにどうしても必要だった部品が絶妙のタイミングで発売になったりとか。プロジェクトに没頭して集中し始めると、運もよくなった体験を何度も僕はした”

土井さんの言われるフロー状態とは「深い楽しさを伴うほぼ催眠にも近い我を忘れた没頭状態」と言われるものです。

そのような状態になればなるほど、自分が本来持っている能力が最高度に発揮され、さらに良いことがたくさん起こるという経験をたくさんされているわけですね。(*^o^*)

この「フロー」という概念を初めて定義したのがアメリカの心理学者であるチクセントミハイ博士です。

博士は、時間を忘れて没頭する状態になりがちの芸術家やスポーツ選手などを調べ、人はそのような状態にある時に深い充足感や幸福感、自己尊重感を感じていることを見出します。

で、そのような状態は、当然ながら意識も「幸福、充足、自己尊重」に向いているわけで、その状態を量子論的に考えてみても、「さらにそうなる確率が上がる」となるわけです。ヽ(*'0'*)ツ

だから結果的に土井さんの言われるような、「アイディアが湯水の如く湧いて出て、ラッキーがたくさん起こる」なんてことになるんです。(((o(*゚▽゚*)o)))

そういう意味では、あなた自身の日常にも、フロー状態になれる時間が多ければ多いほど、あなたのそもそもの能力が発揮され、さらにラッキーがたくさん起こる状態になる、ということです。

でもそういう話をすると必ず「そう簡単にフロー状態になんかなれないですよ(・ε・)」なんて言葉が聞こえてきたりします。

で、そういう人に限って、多くの行動の前提意識が「ねばならない」だったり、「そうすべき」だったりするんです。

つまり、自分の意にそぐわない、仕方なしにやっていることが大半だったりするんです。(。・ε・。)

その場合は当然ながら、そもそも好きでやっていることではないので、当然没頭し難いわけです。

もちろん、「ねばならない」、「すべき」と言う行動をゼロには出来ないと思います。

でも、重要なのは、そんな中でも、「興味がある」、「やってみたい」、と言う行動をなるべく増やしていくんです。(*^ー^)ノ

当然ながらそのような行動の方がフロー状態になり易いですよね。(^ε^)♪

で、フロー状態になっている時間の割合が多い方が、あなた自身の能力が発揮しやすく、かつ良いことが引き寄せられる確率が当然上がるんです。

さらに言えば、それらはなるべく「簡単に出来ること」ではなく、あなたにとってちょっと難易度のある、チャレンジ性があることが望ましいんです。

(*^o^*)なぜなら、「適切な難易度のことに挑戦する」と言うことも、フロー状態になるのに重要な要素だからです。

当たり前ですが、自分が簡単に出来ることに人は没頭できるのか、と言うと、難しいですよね。(゜ρ゜)

簡単に出来る=楽しくないので、没頭できない、つまりフロー状態になり難いんです。

そう言う意味では、あなたがそもそも興味関心を持っており、ちょっと難易度のあるものに挑戦をすることがフロー状態をもたらし、その結果、意識が「幸福、充足、自己尊重」に向かい、結果さらにそうなる現象を引き寄せる。

スタート・トゥデイの前澤社長も、

”時計を氣にしながら仕事に取り組むのではなく、時間を忘れるほど楽しみながら知恵を絞る方が良いものができます。社員が楽しければ、おのずと売上が増え、利益が生み出されると信じています。その証明をこれまでもしてきたつもりだし、この先も続けていくつもりです。”

とおっしゃってます。(*^.^*)

だから、あなたも、もっとあなた自身を楽しませる努力をして欲しいんです。(#^ω^)

嫌いなことや、苦手なことに一生懸命になるよりも、楽しめることに一生懸命になった方が良いでしょ?

あんまりぐずぐずしていると、楽しそうなことに取り組む時間がどんどん短くなりますよ。キャ━━(#゚ロ゚#)━━ッ!!

あなた自身を楽しませる努力が、結果的にあなたの能力を最高度に発揮させ、さらに良い状態を引き寄せるわけですから。(・∀・)/

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

 

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿