引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

氣にしていることを引き寄せる

お笑いモンスター、と言えば国民的スターである明石家さんまさんですよね。

すごいヘビースモーカーで、ほとんど寝ないでいつも誰かと、もしくは一人で喋ってる(爆)。(((o(*゚▽゚*)o)))

ある意味、止まったら死ぬマグロのように。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

多くの芸能人が「寝てるところ、休んでるところを見たことない」なんて言うほど異常に元氣なさんまさんですが、そのさんまさんは健康診断を受けないことでも有名です。

ヘビースモーカーで過度の寝不足ですので、健康診断に行ったらきっと色々悪い所が出てくるとは思います。

ただ健康診断に行かないので、どこが悪いかはわからない。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

でも、「わからない」から氣にしないで済む、とも言えますよね。

実は私も会社員を卒業してから一度も健康診断に行ってません。(*^.^*)

ですので、かれこれ10年ぐらいになりますが、特に行きたいとも思わないので行ってないんです。

なので、もしかしたらあちこちに病氣があるかもしれませんが、「完璧にいい状態なんてそもそも無い」、なんて思ってますので、あんまり氣にしていません。

それよりも、健康診断に行って、「ここも悪いし、あそこも悪い」なんて指摘されたら、かえってそれを氣にしてしまい、悪化するような氣がするんです。

何しろ、私たち人間には意識がありますから。(*^.^*)

量子力学でこの世の現象を考えた場合、全ては「確率的に起こる」となります。

量子はそもそもエネルギー(波)の状態なので、あなたの目の前にあるスマホやパソコンのように、「いまここにある」とは言えません。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

むしろ、スマホやパソコンが繋がっているWi-Fiやケータイの電波と同様、空間全体に広がっている感じなんです。

ただ、量子は人間の意識が介在したときに物質(粒)として現れることは決まっています。(・ω・)b

決まってはいるけど、そもそもが波なので、いつどこで物質(粒)として現れるかはあくまで確率でしか言えないんです。

ここかもしれないし、あそこかもしれない、なんて具合にね。(*^o^*)

あなたの目の前の現実も、あなたの肉体も、突き詰めていけば全て量子で出来ています。

量子で出来ている、と言うことは、あなたの現実も、あなたの肉体の状態も、本質的には『確率である』と言えるわけです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

ちょっと難しいかもしれませんが、あなたの現実も、肉体の状態も、『すでに決まっている』のではなく、『いろんな状態に変化する可能性がある』、と言うことなんです。

で、意識した時点で量子が物質として現れる、ということは、必然的に『意識していること=現実となる確率が高い』、となりますよね。

何しろ、あなたの現実は、あなたの肉体を含めた、周りの全ての量子が物質(粒)なった状態ですから。(灬ºωº灬)

そう言う意味では、あなたの現実は、あなたが意識していることであり、あなたが氣にしていることなんです。

そう考えた場合、健康診断や人間ドッグに足繁く通い、常に「私はここが悪い、ここをなんとか治さねば」なんて氣にしていた場合、どんな現実が現れる確率が高くなるのか?

量子力学的に考えると、かえって病氣になる確率が上がる、となっちゃいます。( ゚∀゚; )タラー

具合が悪いところに意識を向け続けることになりますから。

誤解して欲しくないのは、健康診断を否定している訳ではないですよ。

行きたかったら行けばいいし、行くことによって健康が改善する場合もあるはずです。

自分では「具合が悪い」と思っていても、実はなんでもなかった、なんてこともありますしね。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)

そう言う意味では、安心するために健康診断に行く、と言うことももちろん有りだと思います。

ただ、自分の健康を氣にし過ぎて、体の悪いところを探したり、体に悪いものを極端に排除したりしない方が良いですよ。(*^ー^)ノ

そのような『氣にし過ぎ』が、かえって悪い状態を引き寄せることになるからです。

先日9/17は「敬老の日」でしたが、その時にたまたま読んだ新聞に100歳になる下町のお婆ちゃんのインタビュー記事が載ってました。

当然長生きの秘訣を伺う内容なのですが、お婆ちゃんからすると「自然にしてたらいつの間にか100歳だった」なんて感じ。(*^.^*)

で、「自然にしてたら」、の一つが、「嫌いなものは食べない」と言うこと。

そして、その嫌いなものの代表が、なんと野菜と果物。*゚Д゚)*゚д゚)*゚Д゚)エエェェ

100歳になった今でも野菜や果物はほとんど食べず、カツ丼やステーキ、しゃぶしゃぶなどを好んで食べるんだとか。

そのお婆ちゃんは「食べ物は長生きに関係ないねー」なんて、あっけらかんと語っていたそうです。(^∇^)

考えてみたら以前ブログでご紹介した瀬戸内寂聴さんも、90歳を超える高齢で有りながらもお肉が大好きで、お酒もガンガンいっちゃう。

お二人に共通しているのは、常識や社会通念的に「あまり良くない、控えたほうがいい」とされているものもあまり氣にせずに、自分が好きなようにしているということ。

ある意味、『ダメとか悪い』にあまり意識を置かず、どちらかと言うと『好きとか楽しい』を意識している。

だから、肉体を含めた現実が良い方向に展開する訳ですね。(((o(*゚▽゚*)o)))

昔から『病は氣から』と言いますが、これも言い換えれば『病は意識の置き所による」という意味です。

これを量子力学的に言えば、『意識を病に向けているのでさらにそうなる確率が上がる』ということです。

これは何も病氣に限った話では有りませんよ。(^∇^)

お金にしても、人にしても、モノにしても、それが無くなるんじゃないか、ダメになるんじゃないか、なんて氣にし過ぎていると、本当にそうなっちゃう確率が上がっちゃいます。ヽ(*'0'*)ツ

結局、氣にしていること、つまり意識していることを引き寄せるわけです。

あなたは常にどんなことを氣にしてますか?

氣にし過ぎて、さらにそうなる現象を引き寄せていませんか?

そういう意味では、もっと楽しいこと、嬉しいこと、好きなことをたくさん氣にしたほうがいいですよ。

そういうことを氣にしていれば、さらにそうなりますからね。(*^ー^)ノ

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

 

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿