引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

楽しくないし充実しない単純な理由

  • 初めての方におすすめ 自分軸と引き寄せ 引き寄せの盲点
  • 2019年1月21日  

彼氏ができないのは太っているから。。。

彼女が出来ないのは身長が低いから。。。

お金に縁が無いのは学歴が低いから。。。

いわゆる劣等感ですが、程度の差はあれ誰にでもあるものです。(*゚ー゚*)

” 私は他と比べてこういうところが劣っているので上手くいかない結果になる ”ということですが、もちろん今まで実際に上手くいかなかったのでこのような主張になっているとは思います。

でも、そこに「必ずそうなる」という法則性があるのか、というと、ぶっちゃけありません。

太めでも彼氏がいる人は大勢います。

身長が低くても女性にモテる男性も大勢います。

学歴がなくてもお金持ちの人は沢山います。

つまり、そこに法則性はないのです。(*^.^*)

法則というと、ある一定の条件の中で、このような状態だと必ずこのような結果が生じる、というようなものですよね。

例えば、時速50キロで止まることなく1時間走り続ければ必ず50キロ先に到達する、というのは完全な物理法則です。

50キロで走る物体が車であろうと、電車であろうと、亀であろうと、1時間後に50キロ先に到達することは決まっています。

そこに完全な法則性があるからですよね。(^_^)

そういう意味では、太っているから、背が低いから、学歴がないからこういう結果になるという主張は、完全に主観的な思い込み、ということなのです。

そこには「誰がやってもそうなる」という客観的な事実、法則性は全くないですから。

でも、単なる思い込みをあたかも法則のように思ってしまっている人がいます。σ(^_^;)

法則なので、そうなると信じている。

信じているので信じたとおりの結果になる。

たとえ自分にとって不都合なことであっても、その不都合なことを信じている。

だからそれが現実として現れているんです。(・Θ・;)

信じているからそうなる、とも言えるのですが、実はもう一つ考えられる原因があります。

それは、『法則だと信じていた方が都合がいい』、という場合です。≧(´▽`)≦

例えば、学歴がないからお金が稼げない、という場合。

この場合考えられるのは、まず「学歴がない」という原因で、「自分は今お金を稼げていない」という状態を正当化できます。

さらに言えば、学歴がないので、「どうせやっても無駄」となり、今の状態を維持できます。

もっと正確に言えば、変化を起こすためのチャレンジをせずに済み、現状維持という一番楽な状態で居られるんです。(*`▽´*)ウヒョヒョ

加えて、チャレンジには失敗がつきものですが、チャレンジしなければ失敗せずに済みます。

失敗しなければ、嫌な思いも、残念な氣持ちになることも避けられます。

このような理由から、学歴がないからお金が稼げない、という人生をあえて選択している。。。(;^_^A

そういう意味では、望んだとおりの人生を生きている、とも言えるわけです。

なんでこんなことになってしまうのか?

その一つが、『変化を恐れ無難を選択する』ということです。

どんな変化であれ、慣れている状態が少しでも変わると、それに伴う負荷がかかります。ヽ(*'0'*)ツ

普段日本で苦もなく車を運転できる人が、海外で左ハンドルの車を右車線で運転すると最初はものすごく緊張するし氣を使うはずです。

それはその人にとっては大きな負荷ですからね。

ですので、正確に言えば、変化に伴う負荷を恐れているんです。

負荷がない方が楽ですからねー。┐(´∀`)┌ヤレヤレ

だから負荷を避け、無難を選択するわけです。

で、人はいつからかこのような負荷を避け、無難な方ばかり選択するようになります。(・ω・)b

そして、変化からくる負荷を恐れそれを避けるようになると、大抵衰退に向かっていきます。

会社でも、大企業となり、官僚的組織になり、前例を重視し変化を嫌うようになると衰退していきますよね。

それは人間とて同じこと。

考えてみてください。

私たちは生まれながらにチャレンジャーです。

赤ちゃんも、動き出そう、立ち上がろうと常に挑戦してます。

子供も年がら年中勝手に楽しそうな遊びを作り、何かにチャレンジしてますよね。

そういう意味でも、人間は生まれながらにチャレンジャーなんです。(・∀・)/

ですので、そのチャレンジを避け無難ばかりを選択すると、本来の人間としての本能的機能も落ちていく。

それは生き生きしなくなる、ということであり、イコール喜びや楽しさ、充実感も感じにくくなるということです。

なんでもそうですが、挑戦して何かを成し遂げることで喜びや楽しさを感じますからね。

ゲームや遊びだって、何らかの制約、困難などの負荷がかかるから楽しめるわけですよね?

あなたは幼児用のパズルを「楽だから」という理由で何度もやりたいと思いますか?( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

やりたいなんて思わないですよね。

なぜならそこには全く負荷がない、つまり挑戦がないので、喜びや楽しさもないからです。

なので、あなたがより生き生きとした楽しい人生を歩むには、あなたが面白そう、楽しそう、やってみたい、興味深いなんてことにどんどんチャレンジすることなんです。

そして、そのわくわくして楽しんで、生き生きした意識が、ますますそのような状態を作っていくんです。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

あなたは、変化からくる負荷を無意識に恐れ、それを避けることで本当は望んでいない現実を維持しようとしていませんか?

あなたも本当に望んでいる人生は、わくわくして楽しいことが続く人生のはずですよ。

あなたが望んでいるのは、楽な人生ではなく、楽しい人生なんですよ。(*^ー^)ノ

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

(PHP研究所)

 

 

(光文社)

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿