引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

『間』を整える

最近の講座でこんなことやってます。(*^.^*)

まずペアを組んでいただきます。

片方の人は意識を心臓に集中させ、二つの状態を順番に作っていただきます。

一つは心臓を緊張させてキューっとした感じの状態で、もう一つは心臓を緩めてほんわかした感じの状態。

ペアを組んだ相手にはどちらの状態かを伝えずに、一回目と二回目どちらがどの状態だったかを当ててもらうゲームです。(*^▽^*)

で、結果的には9割以上の確率で当たったりします。(*^ー^)ノ

なぜ相手に心臓の状態が伝わってしまうのか。。。(゜ρ゜)

念力?

テレパシー?

色々考えられますが、一つの要因として考えられるのは『電磁波』です。

私たちは体から常に電磁波を出しています。

中でも心臓から発する電磁波が強力で、その電磁波で常に自分の体の周りにエネルギーのフィールド(電磁場)を形成しているんです。

そして当然ながら心臓の状態によって周りに発する電磁波も変わります。

それはイコールあなたから発する電磁波の周波数が変わるということです。(^人^)

ですので、上で挙げた心臓の状態を当てるゲームは、心臓から発せられる電磁波の周波数を当てるゲームなんです。

で、9割当たるということは、相手は無意識レベルでその周波数を常に感じ取っているということになりますよね。

だって意識すれば実際に感じられるわけですから。

つまり、あなたの心臓から発せられている電磁波は、相手や周りの人、もっと言えば動物や植物にまでも影響を与えているのです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

そして心臓の状態はあなたの感情の状態と密接に連動しています。

現に、感情を表現をする際に「胸」を使うことが多いですよね。

胸がドキドキする
胸がワクワクする
胸が締め付けられる
胸が張り裂けそう
胸がムカムカする
胸騒ぎがする
胸をなで下ろす
胸がいっぱいになる
胸が高鳴る

などなど、いずれも感情的な反応は胸に顕著に出る、と言うことを言っています。(・∀・)

胸の奥には心臓があるわけで、それはイコール心臓の状態を表しているわけです。

そういう意味では、あなたの感情の状態に呼応して心臓の状態も変わり、そこから発せられる電磁波の周波数も変わり、その影響を周りは受けているのです。

あなたが何かに怒っていて胸がムカムカしていれば、それに準じた電磁波があなたの心臓から出ており、その影響を周りは受けている。

逆にあなたが何かをとても楽しんでいて胸がワクワクしていれば、それに合わせた電磁波が心臓から発せられ、周りは同様にその影響を受けるわけです。

あなたと目の前の人のあいだには必ず空間、言わば『間(ま)』があり、その『間』が実はとても重要だったりします。

なぜなら、その『間』にはあなたから発せられた電磁波を中心に、様々なエネルギーが飛び交っているわけですから。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

そして、これも考えてみればわかりますが『間』を使った言葉はとても沢山あります。

その筆頭は『人(間)』かも知れませんが、その人間同士が『仲(間)』を作り、『世(間)』を作っている。

何か上手くいかない事があるとそこには『(間)違い』があり、それを何度も繰り返すと『(間)抜け』なんて言われちゃう。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

お笑いにしても絶妙な『間』が大事とされ、音楽も音と音のあいだに必ず『間』があり、『間』が悪いとリズムが狂い乗れません。

いずれにしても『間』がとても大事なわけです。

そして、それは我々人間にとっても同じこと。(・∀・)ニヤニヤ

何しろ人間が「人の間」って書くぐらいですし、その『間』にはあなたから発せらた強力な電磁波が存在しているわけですから。

これをお読みのあなたは目の前に広がる『間』を意識していますか?

その『間』は一見何もない様に見えますが、そこにはあなたから発せられた電磁波を中心に様々なエネルギーが充満しています。。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

そして、そのエネルギーに無意識に影響を受けているのです。

だからあなたも誰かのエネルギーの影響を無意識に受けている可能性があるわけです。

無意識が良い状態になるエネルギーならいいですが、なんだか不安になったり、イライラしたり、ピリピリして緊張する様なエネルギーだったらあまり影響は受けたくないですよね。イライライラ(((*`皿´*)))イライライラ

であるならば、そのエネルギーを無意識に受ける側でなく、それをコントロールする側になった方が良いわけです。(*゜▽゜ノノ゛☆

つまり、あなたの目の前にある『間』を心地良い状態にあなた自身がコントロールするのです。

そして、コントロールをする一つの方法が『心臓が心地良い感じの選択をする』ということ。

それは胸のあたりがワクワクしたり、開く感じになったり、温かくなる感じになる選択ということです。

そういう選択をすれば、当然心臓の望ましい状態が続き、それがすなわち良い『間』を作ることになる訳です。

また、講座のワークでやってる様に、心臓の心地良い状態を今ここから作ってしまうという事も有効です。

それも結果的に『間』を良い状態にコントロールすることになりますからね。(っ'ω')っ))

いずれにしても目に見えることだけにとらわれず、そのあいだにある『間』を意識した方が良いですよ。

その『間』には必ずエネルギーがあり、そのエネルギーの影響を受けている訳ですから、そのエネルギーを望ましい状態にコントロールするんです。

あんまり目に見えることばかりに囚われていると、終いには『間抜け』なんて言われちゃいますよ。(*`▽´*)ウヒョヒョ

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

(PHP研究所)

 

 

(光文社)

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿