引き寄せの法則を量子論ベースのメソッドで提供|インセティック

マトリックスの秘密

多くの人はマトリックスの中で生きています。

映画「マトリックス」は深いんです

キアヌ・リーブスが主演した大ヒット映画「マトリックス」はご存知ですよね。キアヌ・リーブス演じるネオが本当の自分に目覚め、仲間達と共に、人工知能が作り上げた仮想現実からの解放を目指す物語です。この映画、一見すると単なるド派手なアクション映画と思いますが、実は結構深いんです。


画像の説明



ここで出てくる「本当の自分」は単なる電池として、仮想現実と人工知能が作り上げた世界を維持する電源の役割をしています。そして、我々が今見ている現実の世界は、実は人工知能が作り上げた仮想現実の世界である、という話し。(°д°;)


まー、単なるSFっぽく感じますが、量子論的に解釈するとそうでもないんです。


この世界を構成している全ての物質の元となっている量子の世界で確認されている現象の一つは、量子とは「波」であり「粒」であるということ。ここで言う「波」というのは非物質と捉えた方が分かりやすいかもしれません。で、「粒」というのが物質ですね。


つまり、量子は非物質の時もあれば、物質の時もあるということなんです。しかも、量子が非物質の状態として現れるのは、人間が意識してそれを見ていない時ということが解っています。


逆を言えば、我々が意識すると、量子はいきなり物質になるということです。


「達磨さんが転んだ」で例えてみると、「達磨さ~んが~、、、」と言っている時一緒に遊んでいる子は非物質(波)になっていて、「転んだ!!」と振返った瞬間に物質化(粒)してるという理屈になります。


ういちゃん


正直、実感としては「そんな、バカな~」という感じですよね。(^o^;)


あの偉大な天才物理学者アインシュタインも、「月は我々が見ていない時は存在していないなんて信じられるか?」と言って、真っ向から量子の不思議な現象を否定していました。


実際、彼はその現象のどこかに間違いがあるはずだと考え、色々手を尽くして反証しますが、結局はアインシュタインが敗北します。あの天才も量子の不思議な世界を解明できなかったんです。


そして、意識すると物質化して、意識しないと非物質化しているという現象は、何故そうなるのか未だに解明されていません。なぜそうなるかは解明されていませんが、そうなるということは解っています。つまり、量子は意識すると物質化するということは事実なんです。


そう考えると、我々が現実だと意識している現象は、本当に現実なのか?という疑問が生じます。量子論的に考えれば、その現象を我々が現実だと意識しているから現実として現れるということになるからです。


つまり、「現実は自分の意識が作っている」という話になります。








powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional