引き寄せの法則を量子論ベースのメソッドで提供|インセティック

引き寄せの構造はシステマティック(2)

引き寄せの構造はシステマティック(2)

本当の望みを自覚して、観念(思い込み)というアプリケーションを変えれば、本当の望みは自動的に叶っていきます。

ただし、観念(思い込み)を変えようとする必要はない、と思ってます。

なぜなら、本当の望みを知れば、それに合わせて観念(思い込み)も変わっていくと考えているからです。

と言うのも、引き寄せの法則で大切なのは、「本当の望みを知る」というだけでなく、「望みが実現した状態になる」ということがキーだからです。

あなたが、あなたの本当の望みを自覚し、その状態でいつづけることが出来れば、自然と意識の方向性、思考パターンも変化するからです。

つまり、それにあわせて、観念(思い込み)も自然と変わっていくんです。

ですので、引き寄せの法則をきちんとシステマチックに機能させるためには、あなたの本当の望みを知るということが大前提なんです。

「本当の望みって言うけど、私の今の望みはウソかもしれないってこと?」(`ε´)

残念ながら、その可能性が高いです。(*゚ー゚*)

なぜなら、私がセッションさせていただくと大半の方が、「本当の望みはこれだったんだ~」と気づかれるからです。

つまり、多くの人は、”偽りの望み”を”本当の望み”と勘違いして引き寄せようとするので上手くいかないんです。



画像の説明


なぜ多くの人は偽りの望みを抱いてしまうのか?

簡単に言うと、長年にわたって蓄積された社会通念、常識、自我などで固定化された思考パターンが邪魔をするからです。

当然ながら、その思考パターンは無意識領域で自動プログラムとして機能してますので、その思考パターンをあなた自身が認識して修正するのが非常に難しい。無意識ですのでね。(^_^;)

さらに問題となるのが、無意識領域で自動プログラムとなっている思考パターンがどのようにして形成されたかと言うと、恐れや不安から逃れるためなんです。

そうなると、どうなるか?

この思考パターンの中で抱く希望は恐れや不安からの逃れるための希望ということになります。

となると、その希望を抱く度に、その前提となっている不安や恐れが無意識領域で起動するので、不安や恐れを引き寄せてしまうのです。


引き寄せの構造はシステマティック(3)






powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional