引き寄せの法則を量子論ベースのメソッドで提供|インセティック

手放せば入ってくる

手放せば入ってくる

本当の自分に忠実に生きるようになると、余計なモノが手放しやすくなります。


余計なモノ、と言っても単に物質だけではありません。


常識や社会通念、他人の目などの余計な思い込みも、「ま、どうでもいいや」という感じで氣にならなくなったりします。(^ε^)♪


余計な思考も手放せる、ということです。


そうすると思考もスッキリするので、変なことに氣を取られたりすることも無くなります。


余計なことに氣を取られることが無くなるので、逆に本当の自分が求めているものが際立ってきます。


「あ、これいいな」、「お、これやってみたいな」という具合に。


そして、その欲求に忠実に従っていくと、本当の自分が満足し、喜びを感じるようになります。


すると、その満足と喜びの波動がさらなる満足と喜びを引き寄せる、というスパイラルが生まれます。(*^▽^*)


この現象がことわざで言うところの「富めるものますます富む」、「笑う門には福来たる」ですね。


ういちゃん


私たちは、長年に渡って積み重ねてきた「思考のゴミ」と呼ばれる思考パターンをたくさん持っています。


それらは、本当のあなたを封印するように覆いかぶさり、本当のあなたが求めていることを「無きこと」にしようとしています。


でも、本当のあなたは確実に存在していますので、「思考のゴミ」という思考パターンに従っている限り、違和感や不足感が常につきまといます。


その違和感や不足感が波動となり、さらにそのような状況を引き寄せるということです。(><;)


こちらもことわざで言えば、「泣きっ面に蜂」、「貧すれば鈍す」などですかね。


ういちゃん


いずれにしても、余計な思考、余計なモノをたくさん抱え込んでいると、本来入ってくるべきモノ、入ってきて欲しいモノが入ってこなくなります。


それらは実際のところでいう、人であったり、お金であったりです。


以前に「豊かな人生は引き算」という記事でご紹介しましたが、いわゆる成功者とかお金持ちと言われる人の家ほどモノがありません。


逆に、お金に困窮してたり、対人関係が上手くいっていない人ほど、家がモノで溢れかえっていたりします。


「本当の自分にとって何が本当に必要か」ということが判断できないので、やたらに「あれも、これも」とモノを溜め込み、捨てられないんです。


そういう人は常に「不足」の波動が出ているので、不足の状態をさらに引き寄せます。


そして、その不足を埋めるために、衝動的に溜め込むんです。


それの極まった状態がゴミ屋敷です。(^▽^;)


そう、家にあるゴミの量と、思考のゴミの量は、ほぼ比例するんです。


s_muu(2)


家に余計なモノがたくさんある人ほど、余計な思考もたくさんあるということです。


そして、それらの余計なモノ=ゴミが、本当のあなたの求めていることを邪魔しています。


なので、いずれにしても、あなたが本当に望む状況を引き寄せるためには、まず何をおいても、「本当の自分を自覚し、そのように生き始める」ということが大事なんです。


そうすることで、余計な思考、余計なモノをどんどん手放していく。


余計な思考やモノを手放せば手放すほど、本当に必要な人、モノ、カネが入ってくるようになりますよ。(*^.^*)


それがまさに「本当の自分を生きることで、本当に望ましい状態を引き寄せる」ということなんです。






s_12(1) その他参考記事



s_12(1) セッション・メニュー






powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional