引き寄せの法則を量子論ベースのメソッドで提供|インセティック

相手は存在しない

相手は存在しない

映画「マトリックス」のワンシーンです。


救世主と目される子供達が集まる部屋で、スプーン曲げをしている少年に主人公のネオが出会います。


少年


そこでその少年はネオにこんな話をします。




少年「曲げようと思ったら曲がらないよ。そうじゃなくて真実を見ようとしなきゃ」


ネオ「真実?」


少年「スプーンはないんだ」


ネオ「ない?」


ネオ「曲がるのはスプーンじゃなくて、自分自身だよ」




その意味をくみ取ったネオはスプーンを曲げます。


ネオ


マトリックスの中でも私が大好きなシーンの一つです。(*^.^*)


たったこれだけの会話ですが、非常に深い意味があります。。。


あなたの目の前に展開している現実は、あなたの意識の反映です。


量子力学(量子論)と脳科学で考えるとそれが真実なんです。(*゚ー゚*)


つまり言ってみれば「現実はあなたの意識の鏡」ということです。


考えてみてください。


髪型が氣に入らないからといって、鏡の中の自分の髪型を直そうとしますか?


そんなことしませんよね。(;^_^A


少年とネオの会話はそのことを言っているんです。


目の前の現実はあくまであなたの意識を鏡のように写しているだけなので、その鏡の中をいくら変えようとしても無理なんです。


変えないといけないのはあくまで「あなたの意識」なんです。


鏡に映っているあなたではなく、あなた自身を変えないと現実は変わりません。


でも逆を言えば「意識さえ変えられれば現実はどうとでもなる」ということでもあります。


それだけの力をあなたは内側に秘めているんです。(・∀・)


それが本当のあなたであり、あなたの本当の能力でもあります。


本当のあなたと本当のあなたの能力に目覚めれば、あなたの現実などいとも簡単に変わるんです。


あとはその事実を受け入れる勇気と覚悟を持てるかどうか。


今まで世間に見せていた「あなた」とは確実に違う「あなた」になる訳ですから。


あなたには、その勇気と覚悟がありますか?


あるならば、あなたの現実はあっという間に変わりますよ。


だってあなたの現実はあなたの意識次第ですから。(*^.^*)






s_12(1) その他参考記事



s_12(1) セッション・メニュー






powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional