引き寄せの法則を量子論ベースのメソッドで提供|インセティック

脳は常に選択してる

脳の中にあるフィルタリング機能があなたの現実を操っています。

脳は常に選択してる

脳幹網様体賦活系ってご存知ですか?いきなりとっつきにくくてすいません。”のうかんもうようたいふかつけい”と読みます。

非常に簡単に言うと、脳内にあるフィルターのような役割をする器官です。


画像の説明


どのような役割のフィルターなのか?

例えば、あなたには毎日通っている場所ってありますか?あなたが会社員だとしたら、ほぼ毎日通っているオフィスがありますよね。


で、突然ですが、


そのオフイスの床の色と柄を思い出してもらえませんか?




えっ。。。。てなりませんか?




正確に思い出せる人もまれにいますが、大半の方は思い出せません。「こんな柄と色だったかな~」なんて思い出してみても、いざ確認してみると全然違ってたりします。

間違いなく、ほぼ毎日のように見ているのにもかかわらずです。


実際、かなり見る頻度の多い腕時計の盤面でさえ、いざ描いてもらおうとすると描けない人がほとんどです。

よかったら、あなたもためしに描いてみてください。多分、ロゴの位置とか、長針、短針の形とか、文字の形とか、正確には描けないと思います。それこそ、オフィスの床以上に、ものすごい頻度で見ているのにもかかわらずです。

なぜこのようなことがおきるのか?

その理由が、先にご紹介した、脳幹網様体賦活系というフィルターの機能なんです。

このフィルター、いろんな意味で、あなたが意識していること(モノ)だけ見るという機能を持っています。


画像の説明


そういう意味では、あなたが、「全て見ている」と思っていることでも、実際は、「意識した部分だけ見ている」ということになります。

”目”というレンズではそれを捉えているかもしれませんが、実際に見るのは”脳”ですので、脳幹網様体賦活系というフィルターがそれをキャッチしないと見たことにならないんです。

「実際に見ているのは脳である」という話の詳細はこちらの記事をご参照ください。

このように、人間は意識したものしか見ないんです。

意識したものしか見ないとすると、どうなるのか?

簡単に言うと、人それぞれで現実が変わるということです。あなたが何を意識しているかで、あなたの目の前に現れる景色や現実が変わるということです。

簡単な例で説明しますね。

あなたは、普段歩きなれた街を歩いているとき、突然、歯が痛くなってきたとします。

「うわー、これは痛い。大変だ~」(>_<)なんて思って街を見渡すと、「結構たくさん歯医者さんの看板があるな~」なんて気付いたりします。

そうすると、その瞬間からあなたの現実は、「この街には歯医者が多い」という現実に変わるんです。

この理屈はお解りいただけますよね?

多分、似たような経験はあなたにもあるはずです。

この話しは脳科学(or 認知科学)の領域になりますが、ここに、量子論(量子力学)の解釈を入れると、「意識で現実が変わる」ということの理解がより深まると思います。


脳は常に選択してる(2)






powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional