引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

  • HOME > お客様の声 > 量子論的引き寄せコンサルタント養成講座体験談

量子論的引き寄せコンサルタント養成講座体験談

K.Wさま(東京都)

講座受講の1年前は、自分がリーダーをしているチームメンバーで同じ年の同僚女性に、パワーポイントで作成したチーム方針の資料を何度もダメだしされては、深夜や休日に作り直す、勉強不足を指摘されて早朝から必死にビジネス本を読み漁る、ということを愚直に3ヶ月近く繰り返し、精神的に限界な状況でした。

もちろん家庭でもその不安やいらいらした気持ちは各所に現れており、日々帰宅後もぎすぎすしていたように思います。

そして、自分の仕事上での精神的な限界と同時期に、小学校4年の長女が、口論の末、自殺未遂や「もう生きていたくない。私なんていないほうがいい。」と泣きわめきながら暴れ、学校へ行かない日々が始まりました。

仕事も一時強制終了(2ヶ月の休職)となり、何が悪かったのか、どうすればよかったのかという必死な思いで、専門家の本やブログ、実際にカウンセリングを受けるなどをしている中で、小森さんのブログにも偶然出会いました。

ブログで読んでいたことを自分なりに理解し実践する中で、受講前から状況は少しずつよくなっていることを、それまでの娘や仕事の状況と比較することで実感できてはいました。

が、体感として小森さんの理論を自分の血肉にしたい、それを娘に体現することで何かしていきたい、会社員生活を卒業しフリーランスになるのにもスタンスや軸として役立つはず、と受講を決めました。

講座を受講し始めて2回目の講義の直前、突然異動の内示がありました。それは、今の会社に残るならやりたいと思える仕事はこの部署くらいだな、と漠然と思っていた部署でした。

2000人以上従業員のいる会社の中で、1年前に想いのある社員が一人で会長に直訴して出来た部署で、当時まだ所属しているのはその人1人だけ。

娘の件の休職明けから異動した部署もまだ8ヶ月、そこでは担当クライアントを10以上抱えており、どう考えても現実的に異動などありえないことでした。

もちろん異動願いもその部署の仕事ならやってみたいと思っていることすらも誰にも伝えたことなどない中での内示で、驚きしかなかったです。

内示の時には、数ヵ月後に退職するつもりで家族にも相談していたのですが、夢であった公私混同(わくわくすること、仕事と思えない自分の関心と仕事が結びついている状態)が、今の環境の中で実現できる部署へ異動できることになり、しばらく働き続けたいと思っています。

家庭内も非常に楽しいものになりつつあり、娘も穏やかにそして自分の好きなこと(工作やイラスト)に没頭しつつ、学校生活も楽しく送っています。拒否していた塾通いも自ら行きたいと言いだしたり、委員会の委員長に立候補したり、「生きていたくない」と言っていたのが今では「私ってすごいんだよ。何もしなくても素晴らしいんだよ」とこちらの方が面食らうような発言をするようになるなど、思いもよらない変化が目に見えていて、泣きそうになることも(笑)

講座では、いわゆるスピリチュアルと言われてきたことが、量子力学の世界で説明がつくことが本当にびっくりで面白くて、、、衝撃的です。これが100年前に解明されているのに、世間一般でまだ当たり前のこととして共通理解で会話できないことも、考えてみたら驚きです。あとは体感をともなう様々なワークがすごく印象に残っています。

 

西藤さま(兵庫県)ご感想

講座受講前は、自分はなぜ生きていて、どこに向かっているのか?本当にしたいことは何なのか?自分が最も輝く状態とはどういったものなのか?などを日々考えて悶々としていました。

小森さんの講座にて、自分の意識が目の前の現象を確定させているということが科学的に説明できるということを知った時、激しく感動したのを昨日のことのように覚えています。

今までなんとなくそうなのかなと思っていたことが科学的に説明できると知り、改めて心の持ち方を意識するようになりました。

講座を受講し始めてからというもの、思いもよらない臨時収入が立て続けに入ったり、仕事が簡単に片付いたり、苦手だった人が自然と離れていったり、昇進のチャンスが訪れたりと、自分にとって良い変化が次々と起こっていることを実感しています。

まだ講座を受講している最中にも関わらずこれほどの変化ですので、今後どうなっていくのかがとても楽しみです。

講座でも特に印象的なのが、「自分の感じ方は自分の体が一番よく分かっている」ということを体感できたことです

小森さんが研究、プログラム化されている内容は本当に素晴らしいものだと思います。もっと多くの人がこの事実を知り、本当の自分を見つけて、幸せに生きてもらいたいと願っています。

 

中田裕美さま(滋賀県)ご感想

講座受講前の当時、組織を離れフリーになることを考えていましたが、そのコンフォートゾーンから出ることに大きな不安を抱えていました。

ですが、講座を受講することでフリーになることへの不安は払しょくされました。

講座の内容もさることながら、集った仲間がすばらしく、いろいろなご縁がつながりました。量子力学では「意識が現実を決める」ことがわかっていますが、仲間の暖かい意識が自身の意識に好影響を与え相乗効果をもたらしています。

具体的には、思いがけないところから、講師のオファーがあったり、普段なら会えないような方とガッツリお話する機会を得たり。「こうなったらいいな」と思うことが、拍子抜けするくらいあっさりと現実になってきています。

感覚として、顕在意識と潜在意識の不一致がなくなってきている感じですね。

講座の「自分の本当に求めているものは何か」を探るワークに、これまでの人生で最もいやだったことを探っていくワークがあります。

つまり自分にとっての陰がはっきりすれば、それと対峙している陽が明確になり、欲しいものが見えてくる。

これを知ってから、ネガティブな感情が湧いてきたとき、「では、本当はどうしたいんだっけ? 何が欲しいんだろう?」と自問することが習慣になりました。なので、「好ましくない感情や状況を、本当の自分にもどるチャンス」と捉えられるようになったことです。

心理カウンセラーという仕事柄、いろいろなセミナーや研修に参加し学んできました。今回小森さんのコンテンツに出会い、今まで学んだことの点が線でつながった感覚があります。

ただ、まだ、「知っている」というレベルで、まだまだ日常に体感できているとは言えません。日々の生活に落とし込んでいくために、日々「実験」し、より自身の中で引きよせの「現実感」を育んでいきたいと思います。

看護師 心理カウンセラー 中田裕美さま

中田さんのFacebookページ

この記事をシェアする

過去の投稿

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿