引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

本当の自信をつけるには

  • 潜在能力の覚醒(天才性発揮) 自分軸と引き寄せ 感性と思考
  • 2019年1月11日  

“どうしても自分に自信が持てないんです。。。(TωT)”

こういう相談を時々受けたりします。

現状は本当に望んでいる状態とは程遠い。

本当はもっと自分が望んでいる通りの人生を生きたい。

現状を打破するためには何かを変えなければいけないことはわかっている。

でも自分に自信が持てないのでその一歩が踏み出せない。。。(ノДT)

こんな感じのご相談ですよね。

おっしゃる通り、目の前の現実を変化させるには、まず自分自身を変化させる必要があります。(*^.^*)

この世界は物理法則で動いているので、『同じ意識、同じ行動、同じ結果』となるわけですから。

つまり、現実という結果を変えるためには、意識を変え、行動を変える必要があるんです。

でも、そもそもの話をすると、人は基本的には変化を嫌います。

これは哺乳類全般に言えるのですが、ホメオスタシスという現状を維持しようという機能が働くからです。

難しい言葉で言うと「均衡維持」とか「恒常性維持」とか言うのですが、こんなの別に覚えなくても良いです。(*^▽^*)

ただ、「人は基本的に変化を嫌う」と言うことは覚えておいた方が良いと思います。

なにしろこのホメオスタシスは、『現状が本来の自分の望んでいる状態ではない』という場合にも働いちゃいますので。(;^_^A

これがある意味厄介なんです。

なんせ、このホメオスタシスは強力なので。

で、なぜ強力かというと、実はそこには遺伝子(DNA)が関係していたりします。

実は、数十万年前にこの地球で生活していた私たちの祖先である原始人と私たちは、遺伝子(DNA)レベルではほぼ同じなんです。

つまり、私たち現代人も、遺伝子レベルではまだ「原始人」ということです。。゚(゚^∀^゚)゚。 アヒャヒャヒャ

そして、より動物に近い生活をしていた原始人の中心的欲求は、当然「生存し、子孫を残す」ということになります。

そうなると、これも当然の欲求として、「今安定して生存しているのであれば、その状態を維持しよう」とするわけです。

生存を脅かすことになるかもしれない変化はなるべく避ける、と言うわけですね。(*゚ー゚*)

これが現代社会を生きる私たちにもいまだに機能しているのです。

もちろん現代人にとっても「生存すること」は一番重要です。

ただ、原始人と違うのは、『常に生存を脅かされる環境にはない』、と言うこと。

このブログを読んでいるあなただって、『私は常に生き残ることに細心の注意を払ってます』なんてことないでしょ?( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

現代社会を生きる我々の中心的欲求は当然原始人のものとは異なるわけです。

では、現代を生きる私たちが例外なく求めている中心的欲求とは何か?

それは「幸せになること」です。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

よくよく考えてみればわかりますが、私たちが日々行なっている活動は『自分や自分の周りの人がより幸せになるため』というものがほとんどです。

ですので、現状に幸せを感じられないと、より幸せを感じられそうな方向に変化させたい、と願うわけですね。

しかし、ホメオスタシスなどが邪魔をして、どうしても変化を起こす自信が持てない。(-。-;)

そうすると、「どうすれば自信が持てるんだろう?」なんて考えるわけです。

でも、「すでに成功してたり元々能力のある人は自信が持てるだろうけど私なんて無理(´ε`;)ウーン…」なんて結論になり、結局変化を起こさない選択をする。

ホメオスタシスの勝ちです。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

でもここで考えて欲しいのが、『そもそも自信って何?』ってことです。

よく、「私には成功体験がないから自信が持てない」とか、「私には能力がないから自信が持てない」とかおっしゃる人がいますが、成功も能力もそもそも行動しないと得られないわけです。

つまり、変化を起こすための行動をした結果成功したり能力が高まったわけで、何もしないで成功している人も能力が高まった人もいないんです。

まー、当たり前なんですが。

そういう意味では、『成功する(能力がある)→自信がつく→行動できる→変化を起こせる』、という図式がそもそも破綻している。キャ━━(#゚ロ゚#)━━ッ!!

そうではなくて、『自分をただ信じる→行動する→変化が起きる→成功する』なんです。(*^ー^)ノ

自信という言葉は『自分を信じる』って書くじゃないですか?

自信とはそもそも何かをすることで得られるものではなく、ただ無条件で自分を信じてあげることなんです。(*'-'*)エヘヘ

ですので、別に自信がなくたっていいんです。

ただ、あなた自身を、あなたが信じてあげればいい。

成功体験が無くても、能力が低いと感じていても、そんな自分をただ受け入れて、その可能性を無条件で信じてあげる。

あなた自身があなたのことを信じなければ、他の誰があなたのことを信じてくれるんでしょう?

あなたがあなた自身を信じ、本当にあなたが望んでいる方向に舵を切れば、自然と環境が望ましい方向に整っていくんです。

ですので、本当に必要なのは、ただあなた自身を無条件で信じる勇氣なんです。(*^ー^)ノ

そして、その勇氣は必ず報われますよ。(*^▽^*)

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

(PHP研究所)

 

 

(光文社)

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿