引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

自分を信じることと所得の関係性

街を歩くとマスクをしている人が9割という感じですね。

だいぶ涼しくなったものの、まだまだ暑い日もありますから、きっちりマスクをし続けるのは結構大変です。

やはり日本人は律儀で真面目な人が多いのだな〜とある種感心してしまいます。ヨシヨシ( ,,´・ω・)ノ"(´っω・`。)

私は基本的に屋外ではマスクをしてません。

なぜしないかというと単純にまだまだ暑いからです。(*`▽´*)ウヒョヒョ

私は自分に甘いので自分が不快に感じることはほとんどしません。

ほとんどというか、ほぼゼロ。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

屋内に入る際にはさすがにマスクはしますが、鼻は出したままにします。

屋内はエアコン効いているので涼しいですが、鼻をマスクに入れたらやっぱり暑いじゃないですか。

でもこの前アップルストアに入ろうとしたら「鼻もマスクに入れてくれ」と言われたので速攻入るのやめました。( ゚д゚)ノシ サラバジャー

私たちが日常的に使用しているマスク程度では、鼻を入れても入れなくても効果的には全く変わらないからです。

むしろ知り合いのお医者さん曰く、鼻まで入れて息苦しくなって口呼吸になる方が感染リスクが上がる、とのことでしたよ。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

ちなみにお医者さんなど医療の専門家に言わせると、ウイルスの侵入や放出を防げるような本格的なマスクは、素人では息苦しくて30分もしてられないそうですし。

ってことはどういうことか?

我々が日常的に使用しているマスクの効果はそれほどない、ということになります。(・ω<) テヘペロ

効果が全くない、とは言わないまでも、ある種氣休めに近いものらしいのです。

確かWHO(世界保健機関)も最初は「マスクは効果ない」と言ってましたよね。

お互いが「私はあなたに氣を使ってますよー」とアピールするための道具という感じですかね。

誤解して欲しくないのは、別にマスクをすることを否定しているわけではないですよ。

マスクをしたければしたら良いですし、それはあくまで個人の自由だと思います。

でも、そもそもなぜマスクをするのですかね?

もちろん感染させないため、感染しないため、という理由が多いと思いますが、風という空氣の流れが頻繁にあるオープンエアーの屋外で、マスクをしない事で本当に感染する、感染させるリスクはあるのか?

もちろん完璧なゼロではないと思いますが、野外フェスのように人々が密着する環境がほぼゼロの昨今では、リスクは限りなく低いと言えるはずです。

おならだって屋外でしたらほとんど氣付かれないでしょ?( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

空氣の流れがあるのですぐ分散して薄まるからですよね。

むしろ暑い日のマスク着用は熱中症の危険があるので控えるよう指摘もありましたよね。

でも、実際には屋外でマスクを着用している人はいまだに多い。┐(´∀`)┌

なぜ「それほど効果はなく、むしろリスクがある」と思われる屋外でのマスク着用をいまだに続けるのか?

もちろん人それぞれいろんな理由はあると思いますが、一つ大きな理由として考えられるのが「みんながそうしているから」というもの。

「周りの人が屋外でもマスクしているので私もしなきゃ」という思考。

私は、このような思考は、何か別の選択や決断をするときの傾向も表していると思っています。

みんなと同じ、こちらが常識的、これが普通、という選択ですね。(ノ´▽`)ノ

で、このような日々の何氣ない選択が、あなたの所得に影響している、と言ったらどう感じます?

実は、1970年代にエドワード・デシ氏とリチャード・ライアン氏という米国の心理学者が研究を重ねた結果、導き出した結論があります。

それは、自分独自の価値基準をもとに決定したり選択する人は所得が高く、社会の常識、他人の目、他者のアドバイスを元に決定したり選択する人の所得は低い傾向がある、というもの。

つまり「みんながそうだから、こちらが常識だから」という選択をしがちの人は貧乏、「みんなとは違うけど、私はこうしたい」という選択をしがちの人は裕福、という傾向が見られたそうなのです。

よく考えたらわかりますが、「みんながそうしているから」という理由で選択、決断する人は、「みんながそうしているから、自分もそうしなければ」という思考が多いはずです。

つまり、「そうしたい」から選択するのではなく、「そうしなければならない」で選択している。

自分の氣持ちや感性よりも、社会の決まり事や常識、他人の意見を優先させている、ということです。

それらは、他人から批判されるという恐れや、他人から認められなくなる不安から逃れるための選択であり、同時に自分の氣持ちや感じていることを蔑ろにするという選択にもなります。

で、なぜ自分の氣持ちや感性を蔑ろにするかというと、平たく言えば自分で自分を信じていないからです。(*。◇。)ハッ!

自分で自分を信じていないから、自分の氣持ちや感性を蔑ろにするのです。

そして、自分の氣持ちや感性を蔑ろにするということは、それらの価値を認めていないってことですよね?

本当のあなたは氣持ちや感性なので、それらの価値を認めていないということは、あなたがあなた自身の価値を認めていないことになる。

そうすると当然ながら他人もあなたの価値を認めません。

当たり前ですよね、一番身近なあなたがあなた自身の価値を認めなければ、他人があなたの価値を認めるはずがない。(*`▽´*)ウヒョヒョ

他人があなたの価値を認めないので、評価されず、結果お金も入ってこない、となるわけです。

当たり前と言えば当たり前すぎる理屈なのです。(=^.^=) ニヤニャン

で、所得の高い人たちは、大体これと逆のことをやっているということです。

つまり、自分の氣持ちや感性を優先させた選択と決断をしているということです。ヘ(゚∀゚*)ノ

そうすると、さっきと逆の現象が起きてきます。

つまり、それは自分自身を信じることになるので結果的に自分の価値を認めることにもなり、それが他人の評価にも繋がり、評価の高まりの結果としてお金も入ってくる。キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

米国の二人の心理学者が導き出した結論通り、となるわけです。

ですので、あなたが今より少しでも豊かになりたいのならば、まずはあなた自身の氣持ちや感性を信じること。

それらを信頼して、それらを優先させることです。

あなたがあなた自身を信じた結果が所得という形で返ってくるのです。ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿