引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

「思い通り」より「流れに乗る」

ノーベル物理学賞受賞者である理論物理学者ユージン・ウィグナー博士はこんな言葉を残されています。

“自分自身が外の世界を研究し続けると、意識していることが現実化するという結論に行き着きました”

 

そう、実は多くの人がそういう事実に氣付き始めているんです。

先日ビジネス系出版社の方と打ち合わせをしたのですが、私がこのブログや本の中で語っているのと同じような話をされる有名企業経営者は結構多い、とのことでした。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

ただ、社員の中にはこういう話を嫌う人がいるのであくまでオフレコで、とのこと。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

つまり、有名企業の経営者の中にも「意識状態と現実は連動している」と氣づいている方は結構おられ、口外しないだけらしいのです。

「なんだよー、もっと言っちゃえばいいのにー」なんて思いますけどね。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

あなたはいかがですか?

あなたの目の前の現実は、あなたの意識と関係なく起こってますか?

意識と言ってもそのほとんどは無意識ですので関係が分かりにくいのは確かですがね。(^_^)

でも、ウィグナー博士も言われているように、注意深く冷静に観察すると、意識と現象の関係があなたにも見えてくるはずです。

その分かり易い例があなたが無意識に発している言葉です。(・∀・)ニヤニヤ

あなたが何氣なく無意識に発している言葉はあなたの現実と100%連動しています。

「あーあ、なんかついてないな〜(。・ε・。)ムー」なんて言葉をつぶやいている時、あなたの現実はついていない状態。

「おー、なんかついてる〜ヘ(゚∀゚*)ノ」なんて言葉をつぶやいている時、あなたの現実はついている状態。

ですので、あなたが無意識にどんな言葉を発しているかで、あなたの現実がわかる、ということなんです。

そして「あーあ、なんかついてないな〜(。・ε・。)ムー」なんて言葉をつぶやく時は大抵自分の思い通りにいかない時ですよね。

で、なんとか思い通りにしようと色々頑張ります。オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ

でも結局思い通りにならない。。。(*´Д`)=з

「なんとか思い通りにしなければ」なんて意識状態による行動が、「なんとか思い通りにしなければ」なんて感じになる現実を引き寄せ続けるからです。

ですので、私は「なんとかしなければー!!Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!」なんて感じの行動はオススメしないんです。

それよりも心構えとして意識しておいた方がいくつかあります。

その一つが「自分の思い通り=ベストとは限らない」ということ。

「こうなったらいいなー」なんて思いはあくまで現時点で「それがベスト」とあなたが勝手に想定しているだけであり、それが本当にベストかどうかはわからない。(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!!

むしろ、なかなか自分の思い通りにならない状況が続いているというのなら、そもそもその「思い」が本来のあなたが望んでいる方向と違う、もしくはタイミング的に「今じゃない」という場合もあるんです。

その代わりに私が心がけているのが「導きという流れに乗る」ということ。

「なんとかせねばー!!」なんて感じで自分で無理くり頑張るよりも、なんとなく導かれている方の流れに乗る感じです。

身近な例で言えば、こんな感じ。

車を運転していて道が左右に分かれる時、自分は左に行きたいんだけどどうも詰まっていて左側の車線に入りにくい。その場合は無理くり左に入ろうとせず、右側に行ってみる。

とか。(^_^)

欲しい商品があり色々店を回るんだけどどこにも置いてない。その場合は「この商品」と限定せずに視野を広げて別の商品も色々見てみる。

とか。(^∇^)

なんとなく「無理くり感」が出てきたらそれを止めて、別の道や方法を探ってみるんです。

川の流れがそっちじゃない、と氣付いたら、川の流れに沿う方向に転換する感じ。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

そして、実際にそうした流れに乗った方が結果上手く行ったり、思わぬ発見や出会いがあったりするんです。

なぜなら、「なんかこっちの方がいいかもな」なんていう意識状態での選択が、「やっぱこっちで良かった」なんていう現実を引き寄せることになるからです。

現実を作り上げている量子の状態が、「こっちで良かった」という状態で確定し続けるということです。ヘ(゚∀゚*)ノ

だから、なんとか自分の思い通りにしようなんて躍起にならずに、なんとなく導かれている方の流れに乗ってみる。

そうした方が遥かに良い現実が引き寄せられたりしますよ。。゚(゚^∀^゚)゚。 アヒャヒャヒャ

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

(PHP研究所)

 

 

(光文社)

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿