引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

地球の意識と共振する

突然ですが、あなたは地球は生き物だと思いますか?(*^.^*)

地球自体も生命体だとする考え方を「ガイア理論」と言うのですが、もうちょっと詳しく言えば、私たちのような生命体を含めた地球全体を一個の生命体とする考え方です。

実際のところ私たちも体内に様々な細菌、微生物を抱えており、ある意味それらと持ちつ持たれつの共同体関係ですよね?

地球と我々の関係もそれと同じで、そのような相互関係で成り立つ一つの生命体ということなんです。

ただ、実際に地球自身に意識があり何かを思考しているかどうかは分かりませんが、地球からは私たちで言う脳波のような波が出ていることはすでに確認されています。

その波を『シューマン周波数』と言うのですが、そのような波の存在を最初に公表したのがあの天才発明家ニコラ・テスラだそう。(*^ー^)ノ

ただ当時は正確な観測装置がなかったことからその周波数は分からずじまい。

のちにドイツ人物理学者オットー・シューマン(下写真)が数学的にその存在を証明し、1960年代に実際に観測されたそうなんです。

なので、シューマンの名前をとって「シューマン周波数」と呼ばれています。

観測された周波数は7.83Hz(ヘルツ)で、人間の脳波で言えばθ波(シータ波)と同じ帯域にあたります。

シータ波は、リラックス状態にでるα波よりさらに低い周波数で、深い瞑想状態の時などによく見られる脳波です。

ちなみに、東京大学薬学部教授で脳科学者でもある池谷裕二氏によると、脳がシータ波優位の状態にあるとき、人間は記憶力や情報の吸収力が飛躍的に高まるのだそう。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

深い瞑想状態ということは、ある意味「ポケ〜(゜ρ゜)」ってな感じで何も考えていない状態です。

ただ、シータ波は深い瞑想時だけでなく、ちょっとした環境や場所の変化時にも現れるらしいのです。

息抜きに散歩に出たり、ちょっとトイレに行ったりという時にもシータ波になりやすいそうなんです。

ちなみに、最新の脳の研究では、ぼーっとしてる時の脳は「デフォルト・モード・ネットワーク」と言われる状態にあり、脳が活発に活動していることが分かっています。

なので、シータ波のようなぼーっとした状態の方がインスピレーションやひらめきも起こりやすいわけです。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)   

実は、古代中国の学者欧陽脩(おうようしゅう)もひらめきが起こる場所を「三上(さんじょう)」と呼び、馬上(馬にのっているとき)、枕上(布団に横になっているとき)、厠上(トイレにいるとき)としています。

つまり、場所や環境を変え、ちょっとボーッとした瞬間にひらめきが起こりやすいと言ってるわけです。

あなたの実感としてはどうでしょう?

ちょっとボーッとしてる時の方がなんかインスピレーションが湧いたりしませんか?

私は確実にそうです。(^人^)

そういう時は脳波がシータ波に近い状態になっているはずだし、そういう状態の方が色々思いついたり、インスピレーションがひらめいたりします。

じゃあなぜシータ波の時にそういうひらめきが起こり易いのか?

もちろん、脳がデフォルト・モード・ネットワーク状態だからとも言えますが、私はある意味「受信している」と思ってます。ヘ(・o・Ξ・o・)ヘ

例えばですよ。

あなたの家のテレビが映るのはテレビの映像を受信しているからですよね?

で、どうやって受信しているかと言うと、あなたの家のテレビアンテナから発せられた電波とスカイツリーのような電波塔から発せられた電波が共振することにより起こるんです。

つまり共振させることでテレビの映像を引き込んでいるんです。

そう考えた場合、地球のシューマン周波数とあなたの脳波が同じ周波数(シータ波)になれば、それこそ「受信する」ということが起きているかもしれませんよね?(・∀・)/

つまり脳波をシータ波にすることで地球から情報を受信している。

シューマン周波数がそもそも宇宙からの影響で起きているとしたら、宇宙から情報を受信しているとも言えるわけです。( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ

もちろんこれは私の私見ですが、あながちそんなに突飛だとも思っていません。

なぜならクリエイターとかイノベーターといわれる天才たちはよく「下りてくる」とか「下ろしてくる」という表現をするからです。

つまりなんらかの情報を脳内だけで作り上げるのではなく、『別の場所から受信する』みたいなことを言うわけです。v(。・ω・。)ィェィ♪

だからそういう人たちに限って無理くり頑張っている感とか必死にやってる感がなかったりする。ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

遊んでいたり、関係ないことやっていたりして、ふとした瞬間に何かをひらめいて猛然とやりだすなんて人も多い。

でもそうした方が結果的に上手く行くと分かっているからそうするんです。

あなたには必死になって頑張っているけど上手く行ってないことってないですか?

それはそもそも必死になって頑張っているがゆえに上手く行っていないのかもしれませんよ。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

必死になって頑張っている時の脳波は高ベータ波という状態で、緊張してストレスを抱えている時の脳波だからです。

それよりはもっと力を抜いて、ボーッとする時間を作った方が良いですよ。( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

そのほうがシータ波が優位となり、シューマン周波数との共振が起こり、結果なんらかのひらめきが起きるかもしれません。

で、そのひらめきをもとに色々トライしてみるんです。

頑張りグセがついていると中々信じられないかもしれないですが、そんな感じの連続の方が結局上手く行ったりするんですよ。(*'-'*)エヘヘ

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

(PHP研究所)

 

 

(光文社)

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿