引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

直感、インスピレーションを得るために

聖人や偉人と言われいる人たち。

その多くは瞑想を習慣にしていると言われてますよね。

アップル創業前のスティーブ・ジョブズも禅僧になろうかと真剣に悩み、創業後も瞑想を習慣にしていたのは有名です。

ちなみに私は瞑想しません。(*^.^*)

って、お前は偉人でも聖人でもないだろ!!\( ̄ー ̄)

なんてツッコミ入れられそうですが。

で、なんで瞑想するのかというと、心を落ち着けるなどの理由もありますが、これも結構多いのがインスピレーションを得るため。

なんで瞑想するとインスピレーションを得やすくなるのか?

私なりの解釈ですが、意識が脳幹に集中するからだと思います。(≡^∇^≡)

瞑想を簡単に言うと大脳の思考(雑念)を止めて「今ここ」の体の感覚に意識を集中させることです。

体の感覚に意識を集中させるということがまさに「脳幹に意識を集中させている状態」ということになります。

脳幹は本能的反応や生命維持を担っていますが、一方で直感やインスピレーションを得るための脳とも言われています。

脳幹には「松果体」と呼ばれる部位があり、そこがその役割を担っていると考えている学者さんも多いからです。

ここで取り上げたいのが『學』という漢字です。

「學」は「学」の旧字体ですよね。

學という字の由来は諸説あるようですが一説では、「子供が手を広げて天啓を受ける様子」とも言われています。

そうすると、本来「學ぶ」ということは「天啓やインスピレーションを得る」ということだったのかもしれません。

ただ実際のところ全ての人はそもそも天啓のようなものを持って生まれてきていると思います。

スピ的な表現で言えば、天命だったり、使命だったり、この世に生まれた目的だったりするものです。

そしてその天命の様なものに沿った生き方をしていると、自然と脳幹が活性化し、それが体の状態にも現れます。

体の軸が通った状態となり「ビシッ」として体がブレないんです。( ´艸`)

そのような状態でいると自然とインスピレーションや直感を受けられるようになります。

そしてそのインスピレーションや直感に従っていると、全てが上手く流れていく様になるんで。

なので、私が考える本当の「學ぶ」とは、天命(軸)に沿った生き方をして、インスピレーションや直感を得ながら様々なことに取り組んで、体験することだと思っています。

それがすなわち「學び」であり、望ましい状態の引き寄せでもあると言えますよね。(*^o^*)

量子力学的に言えば、この空間は量子情報で充ちていると言われています。

そしてその量子情報が様々なインスピレーションの源だと思うんです。

本来私たちは松果体という量子情報にアクセスできるアンテナを持っていますが、多くの人はそのアンテナがきちんと機能してません。

『脳幹が活性化してない=松果体が機能してないから』です。(^_^;)

例えて言えばネットに繋がっていないスマホのような状態。

「えーっ、まじ?もったいない!!」

って感じですよね。

ネットに繋がればさらに色んな情報やサービスも受けられ、適宜最新版にアップデート出来るのに。。。(TωT)

ですので、なんとなくでも構わないので自分が生まれてきた理由、自分がこの世に存在する理由を知っておいた方がいいと思っています。

それを把握し、その様に生きれば自然と軸が整い、脳幹が活性化するからです。

そうすれば直感やインスピレーションも自然と得やすくなります。

そしてその直感やインスピレーションに従って生きていると引き寄せも加速します。

私も実際それで引き寄せが加速しましたし、それは今も絶賛継続中です。(*^o^*)

想定外の引き寄せが色々起こって今も楽しいですから。

そして、あなたが今この世に存在する理由は、あなたが楽しさとか、喜びとか、充実を感じる領域に隠れているんですよ。

なので、その様なことに取り組んでいくのがとても大切なんです。(^▽^)

 

*『自分軸ビジネス起業講座』が12月に開講します。あなたも自分らしいビジネスを作ってみませんか?定員は限定【残席となっています。詳細はこちら

*無意識に行なっている設定、思考、つぶやき、体の状態、反応などを意識的に書き換えることで、現実をさらに望ましい状態へシフトいただく講座、『量子論と脳科学ベースの引き寄せ理論講座【基礎』が12月に開講します。詳細はこちら

11月26日名古屋でグループセッションを行います。募集人数は30【残席15となっています。詳細はこちら

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

代表の書籍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の投稿

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿