引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

解釈を選択する

  • 引き寄せと量子論 言葉と引き寄せの関係 感性と思考
  • 2019年6月28日  

この宇宙は物理法則で動いていますが、厳密に言えばその物理法則も2つに分かれます。(*^.^*)

それは古典物理学と量子力学です。

いわゆる古典物理学はマクロの物理現象を記述する物理学で、量子力学は超ミクロの現象を記述します。

で、どちらの法則も正確に機能しているわけです。(≡^∇^≡)

我々が日々営んでいる現代社会の便利な生活はこの二つの物理法則に支えられているのですから。

ただ、この二つの物理法則が世の物理学者たちを悩ませ続けている原因でもあります。

物理法則とはある意味宇宙(自然)の法則であり、物理学者の仕事の一つがその法則を発見することです。

言ってみれば、古典物理学も量子力学も物理学者によって発見された宇宙の法則なんです。

両方とも宇宙の法則であることに間違い無いのですが、物理学者たちを悩ませているのは、この二つの法則がある意味全く反対の法則を示している、ということ。(・Θ・;)

その二つの違いをチョー簡単に表現すると、「未来は決まっている」とする法則と「未来は決まっていない」とする法則です。

つまり、どちらも宇宙の法則なんですが、全く反対のことをそれぞれの法則が示しているんです。(ノ)゚Д゚(ヽ)

そりゃー悩んじゃうわけですよねー、だって全くの反対ですから。

で、「未来は決まっている」とするのが古典物理学になります。

その「未来は決まっている」の中身をもう少し詳しく言えば、「物質の今の状態がわかれば未来は確定する」ということです。

例えば、地球が太陽の周りを回る速度は決まっているので、50日後地球が太陽系のどの位置にいるのかは簡単に分かりますよね。

つまり、50日後の未来は今の時点で決まっているということです。(*'-'*)エヘヘ

かたや量子力学で確認されている物理現象を考えると「未来は決まっていない」となります。

これも「未来は決まっていない」の中身をもう少し詳しく言えば、

量子はそもそも波(エネルギー)の状態であり、量子がいつ(時間)どこ(位置)に粒(物質)として現れるかは人間が観測した時点で決まる。

つまり、観測する以前は、量子がいつどこに現れるかは『確率』でしか表せない。

と、なるんです。

ちと難しいですかね。f^_^;

決まっていないので『確率』で示すしか方法が無いわけです。

量子が粒として現れる確率は「あそこ」が30%、「こちら」が20%、「あちら」が40%、てな感じでね。

事実としてこの世に存在する物質、それはすなわちあなたの肉体も、あなたが住んでいる家も、あなたが食べているものも、全部量子で出来ています。

つまり、あなたの目の前に展開している現実はすべて量子で出来ているんです。

そうなると必然的に「現実も確率だ」となってしまうのです。Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

そして、あなたの現実の確率を決めているのが他ならぬ「あなたの意識」です。

なぜなら、あなたの世界はあなたの意識が観測している世界であり、私が観測している世界とは違うからです。

あなたの世界が今後どんな世界として展開するかは、あくまであなたの意識による『確率』となるんです。(*^ー^)ノ

そういう意味ではですよ。

あなたの世界、すなわちあなたの現実が、今後どんな現実になる確率を上げて行くのかがとても大切になるわけです。(*゚ー゚*)

だって望ましくないことがドンドン現実になる確率が上がったら嫌でしょ?(*`▽´*)ウヒョヒョ

当たり前なんですが、望ましいことがドンドン起こる確率を上げて行きたいわけです。

そしてその確率に大きく影響しているのが『解釈』です。

あなたの目の前に展開している現実をもう少し詳しく言えば、『あなたが意識していることをどう解釈しているか』になります。

あなたの現実は『意識していることの解釈』なんです。(*^.^*)

例えば、あなたは株式投資をしており、株の動向を常に氣にしているとします。

その株が大幅に下落した場合、あなたはどう解釈しますかね?

そういう状況で「やばい、不景氣になる。早く売らないと!!」なんて思う人もいれば、「お、株が安くなった。買い増しするチャンス!!」なんて思う人もいるわけです。

株価の下落を「やばい、不景氣になる」と解釈した人にとっては恐れと不安が増大したピンチ到来という現実ですが、「買い増しのチャンス!!」と解釈した人にとってはワクワクするようなチャンス到来という現実なんです。

つまり、意識の置きどころが同じでも解釈が違うわけです。ヘ(゚∀゚*)ノ

ですので、厳密に言えば、あなたの現実は『あなたが何を意識して、それをどう解釈しているか』ということになるのです。

そして、解釈ということは『自分で選択できる』ということでもあります。

株式投資の例もそうですが解釈は無限にあるわけで、どう解釈するかはあくまで自分による『選択』なんです。

そういう意味では『自分にとって都合が良い解釈』を選択することも当然可能なわけです。(*'-'*)

あなたは今何を意識して、それをどう解釈していますかね?

その解釈で不機嫌になったり、悲しくなったり、不安になるのであれば、その解釈は本当にあなたにとって都合が良いのでしょうか?

誰もが望んでいるのは、より心地良い、楽しく、嬉しくなるような感情状態であり、それはあなたにとっても同じはず。

であるならば、よりそうなる解釈に見直した方が良いですよね。

つまり、心地良くなる、楽しくなる、面白くなる、嬉しくなる解釈の方にね。(^_^)/

コップに半分入った水を見て、「もう半分しかない」(-з-)と解釈するか、「まだ半分もある」(^∇^)と解釈するか。

解釈の仕方によっては悲しくもなるし、嬉しくもなるんです。

そして、その現実の『解釈』が、そのまま未来に起こることの『確率』にも影響しているんですよ。

 

7月20日(土)に東京でグループセッションを開催します!!
午前の部:10:00〜12:00【限定30名】(残席12
午後の部:14:00〜16:00【限定30名】(残席

詳細はこちら

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

(PHP研究所)

 

 

(光文社)

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿