引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

自分の振動数と現実の関係

振り子の共振現象をご存知ですか?

かなり昔から知られている現象で、オランダの物理学者クリスティアーン・ホイヘンス氏によって明らかにされたものです。

それにしても昔の学者さんは皆風貌がロックですよねー。(≡^∇^≡)

んなことはどうでもいいのですが、現象としてはこんな感じ。

振動が伝わりやすい台の上にメトロノームを沢山置き、それぞれのメトロノームをランダムに動かし始めます。

最初は当然動きがバラバラなんですが、徐々にそろい始めるメトロノームが現れます。

それが3分も経つとすっかり全てのメトロノームが同じタイミングになってしまうんです。ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

上の写真は埼玉大学工学部池口研究室が動画で公開してますのでググってもらえれば動画も出てきます。

このような共振の現象は何も振り子だけで起きるわけじゃあないですよ。

現代科学では、このような共振(共鳴)現象が地球レベルから細胞レベル、ひいては原子レベルにまで見られることを明らかにしているからです。

もちろんその中にはあなたの肉体も含まれますよ。(^_^)

事実として、この宇宙に存在しているもの全ては常に振動しており、止まっているものは何一つありません。

その辺に転がっている石でも分子レベルでは振動しているわけです。ヘ(゚∀゚*)ノ

そう考えるとですよ。

この世界そのものが共振、共鳴の世界と言えるわけです。

つまりメトロノームが同期するのと同様の現象が、現実にミクロ、マクロの様々な場面で起きていると言うことです。

現にそのような現象を研究している学者さんは日本含め世界に大勢います。

この同期現象をもっと簡単に言えば『振動が合うよう自動的にバランスをとる現象』と言えますよね。

そう言う意味では、あなたもメトロノームと同様、周囲の環境や周りにいる人の振動とバランスをとって、自動的に同期していると言えるわけです。(*^.^*)

自然豊かな清々しい環境に行けば、その環境と無意識に同期して氣持ち良くなってる。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

殺伐してギズギスした人間関係の環境に行けば、その環境と無意識に同期して氣分が悪くなってる。(-""-;)

こんな経験あなたにもあるでしょ?

つまり、無意識にその環境やその環境を作り上げている人間の振動と共振し、同期しているわけです。

そう考えると私たちは常に環境に左右される存在となりますが、真実はさにあらず。

なぜなら、私たちは自分で選択できる存在だからです。

心地良さを感じる振動数の場所を選択することも出来れば、自分自身を心地良い状態の振動数にすることも出来ますからね。☆-(ノ●´∀)八(∀`●)ノイエーイ 

だってあなたも今ここで体全体をリラックスさせた心地良い状態を作れるでしょ?

体が全く動かない病氣でもない限り誰でも出来るんです。

つまり、私たちは意識的に振動数を変えることで、周りの振動数を自分の振動数に同期させ、自分にとって心地良い環境に変化させることも出来るということです。(^_^)v

でも多くの人は自分の振動数なんて意識していません。

なので、無意識に嫌な環境の振動数に合わせて嫌な氣分になったり、自分から発している自己卑下の振動数でそのような環境を作ってしまっているのです。

自己卑下の振動数でそのような環境を作るとはどういうことか?

簡単な例が「ねばならない、べきだ」という前提意識での行動です。

行動を起こす際には必ずその行動を起こす際の前提意識が存在します。

そのほとんどが無意識なのですが、例えばコーヒーカップに手を伸ばした際にも「コーヒーカップを手に取ろう」と意識したからその行動が起こったわけです。

ですので、あなたの行動の全てに、その行動を起こす前提の意識があるのです。(*゚ー゚*)

そういう観点で考えると「ねばならない、べきだ」という前提意識での行動はどんな振動数を発していることになるのか?

例えば、「お金を稼ぐためにはこうしなければならない」、「あの人から認めらるためにはこうすべきだ」という意識での行動をもっと詳細に言葉で表現するとどうなりますかね?

「本当はこんなことやりたくないし苦手なんだけど、お金を稼ぐためにはこうしなければならない」だったり、「本当の自分はこんな人ではないんだけど、あの人から認めらるためにはこうすべきだ」だったりする。

つまり「本当の自分を出したらダメなんだ」という自己卑下の意識なんです。( ゚∀゚; )タラー

そして、そのような自己卑下の意識が自己卑下の振動数としてあなたから発信され、その振動数が周りに同期されていきます。

周りはあなたから発せられる振動数に合わせて、あなたをそれほど評価しなかったり、あなたのダメなところばかりを指摘するようになるわけです。エェ━(´Д`υ)━・・・

周りはあなたから発せられる振動数に共振し、そのように振る舞っているんです。

そういう意味では、この逆をやれば周りもその振動数に共振し、そのように振る舞うようになるということになります。(^^ゞ

逆をやるということは、自分を尊重する行動パターンをなるべく作っていくということです。

自分を尊重する行動パターンとは、単純にあなた自身が楽しめること、喜べること、嬉しくなる選択をする、つまり自分の本当の氣持ちを尊重するということです。

そのような行動パターンを選択し続けることが自己尊重の振動数となり、その振動数に合わせて周りも共振していきます。

つまり、周りがあなたを尊重したり、あなたを高く評価したり、あなたに感謝をしたりするようになるのです。(^O^)/

あなたは自分で自分の望ましい振動数を選択し、その振動数を周りに共振させることが出来るんです。

あなたがあなた自身で望ましい世界を作ることが出来るんですよ。(*^ー^)ノ

あなたの現実はあなたの意識次第でいかようにもコントロール出来ることをお忘れなく!!(*^▽^*)

 

*2019年10月開講の量子論的引き寄せコンサルタント養成講座の募集を開始しました。8月31日までのお申し込みは早割となります。

火曜コース(定員16名)【残席10
土曜コース(定員22名)【残席15
木曜コース(定員16名)【残席13

講座の詳細はこちら

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

(PHP研究所)

 

 

(光文社)

最近の投稿

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿