引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

もっと人生を信頼したほうがいい

  • 初めての方におすすめ 自分軸と引き寄せ 感性と思考
  • 2020年3月29日  

もっと勉強していたら。。。

もっと良い学校に入っていたら。。。

もっと良い資格を取っていたら。。。

もっと良い会社に入っていたら。。。

もっと良い人生を歩んでいたかもしれない。。。(ノ_・。)

過去を振り返って「すべてが自分の望み通りになっていたら、今はもっと良い状態だったかもしれない。。。」なんて思い、誰でも一度や二度は考えたことあると思います。

自分はもっとこうしたかったのに、ああなりたかったのに、自分の望み通りにはならなかった。(ノ_-。)

望んだ通りの道を歩めていたら、今はもっと良い状態になっていたに違いない。。。

自分の思い通りにならなかった。

自分の望みは叶わなかった。

だから自分の人生は満たされないし、上手くいかないんだ。。。(´_`。)

確かに望みが叶ったら嬉しいですし、望みが叶わなかったら悲しですよね。

まー、当たり前といったらそうなんですけどね。

ただ望みが叶った方が本当に幸せなのか、と言うと、そこには「誰がやっても必ずそうなる」という法則性はありません。

後々過去を振り返った時に「あの時は望み通りにはならなかったけど、あれはあれで良かったんだ(*゚ー゚*)」なんてことはたくさん出てくるからです。

実際、私にも望み通りにならなかったこと、思い通りに行かなかったことはたくさんあります。

むしろ望み通りになったことのほうが確実に少ない。。゚(゚^∀^゚)゚。 アヒャヒャヒャ    

望んだ学校に行けなかった、望んだ会社に入れなかった、望んだ職種につけなかったなどなど、望み通りにならなかったことのオンパレード。(o_ _)ノ彡☆ポムポム

でも振り返ってみたら分かります。

望み通りにならなかったからあの出会いがあった、あのチャンスに恵まれた、ああいう世界を知れた、ああいう職種につけた、ああいう能力が身についた、こういうことに氣づけた、あのようなアイディアが思いついたなどなど。

望み通りにならなかったから得られたことのほうがむしろ多い、と今は感じています。(*^ー^)ノ

もちろん望み通りになっていたら違う人生を歩んでいただろうし、そちらの人生も良かったかもしれない。

でも結果的にそういう人生を選択しなかったわけです。

誰でも「自分の思い通りの人生を生きたい」と思っているはずです。

ただ多くの人のセッションをさせていただいて感じるのは、その人の「望み通り」は「本当のその人の望み」と違っていたりする。

多くの人の望みは、他者との比較や社会通念的なことを基準にして、「こうなったほうが良い」、「こうしたほうが幸せ」、「こっちのほうが評価される」なんて感じの望みがほとんどだからです。

本当の望みとズレているので、無理やり軌道修正させられる。

つまり、望み通りにならないとか、上手くいかないという結果で。

それでも無理くり「自分の望み通りにしよう」なんて頑張り続けると、しまいには病氣になったり事故に遭ったりして強制終了なんて感じになる。┐(´∀`)┌ヤレヤレ

なので、「頑張ってるのに上手くいかない」とか、「一生懸命やってるのに思い通りならない」なんて状態が続いているとしたら、それはそもそも「本当の望み」とズレているからだと思うんです。

ズレているのに無理くり手に入れようとするから苦しくなるばかりだし、結局手に入らなかったりするんです。(/TДT)/

私が今思うのは、「もっと自分の人生を信頼したほうがいい」ということ。

自分が望んだ結果とは違ったけど、自分の思い通りにならなかったんだけど、きっとこれが最善なんだと信じることです。

その上で、本当のあなたの意図や目的を感じとるようにするんです。(*^.^*)

もう少し簡単に言えば、損得やイメージの良し悪し、社会的な評価など関係なしに、あなたが興味関心のあることをやってみる、ということです。

あなたの心が惹かれることにトライをするんです。

そういう選択を繰り返していけば、後で振り返ってみた時に氣づくはずです。

「あー、あの選択で良かったんだ、あれは上手くいかなくて良かったんだ」と。

「あれが上手くいかなかった、あれが思い通りにならなかった、だから今の自分は満たされないんだ」という感じに、過去の犠牲者として生きるか。

それとも、思い通りにならなかったことでも「あれはあれできっと良かったんだ」と信じ、自分の氣持ちや心にしたがって、未来の自分を信頼して生きるか。

全てはあなたの今ここからの選択次第なんですよ。

スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチの中からの一文をどうぞ。(*^ー^)ノ


“将来を見越して点と点をつなげる、などということは出来ない。点と点は振り返ってみた時に初めてつなぐことが出来るのです。だから、点はいずれつながるということを信じなければなりません。自分のガッツ、運命、人生、カルマなど、信じることは何でも構いません。このやり方が私を裏切ったことは一度もないし、私の人生の全てを違うものにしたと断言できます。そして点はいずれつながると信じることが、自分の心に従う自信につながるのです。たとえその選択が常識的な道から外れることになったとしても、その選択が全てを変えるのです。”

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿