引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

今という「点」をどこに繋げるか

  • 時間と空間 引き寄せと量子論
  • 2022年4月19日  

誰にでも過去があります。(*^.^*)

楽しかったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、苦しかったこと。

皆一様に様々な過去を持っているはずです。(・∀・)

そして、その過去からの時間の繋がりの中で、今を生きている。

皆、そう思っていますよね。(^_^)

でも厳密に言えば、時間は繋がっていません。

時間はあくまで「点」の集まりであって、繋がってはいないんです。

考えてみればわかりますが、1秒も1秒という単位の点であり、その1秒も0.1秒という点に分解でき、その先も0.0000...というようにひたすら分解できます。(*^ー^)ノ

そしてこの分解を続けていくと、これ以上分解できない時間の「点」に行き着きます。

それが量子力学で言う「プランク時間」で、これ以上に時間の単位、つまり「点」を細かくすることは出来ません。

言ってみたら「時間の素粒子」みたいなもんです。

ただ、素粒子と同様、この時間の点はあまりにも短いため、私たちにはその点を認識できません。

0.01秒という時間も、その長さを認識するのは困難ですからね。ヘ(゚∀゚*)ノ

認識しよう、とした時点で0.01秒経ってます(爆)。

そういう意味では、私たちは時間を「点」として認識できないので、「時間は繋がっている」と錯覚しているわけなんです。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

アニメーションの原理はご存知ですよね。

手描きであろうと、CGであろうと、1秒間に何枚もの絵が切り替わることによって動いているよう見える。

その仕組みは実写映画も同じ。(^人^)

一コマ一コマは静止画像として分かれており、それが高速で切り替わることで動いているように見えるわけです。

で、『動いているように見える』ということはどういうことか?

『本当は動いていない』ということですよね。

だって実際は静止画が瞬時に切り替わっているだけなのですから。

そして実は私たちの現実も同じこと。

なぜなら、私たちの現実も「プランク時間」という点が繋がることで成り立っており、プランク時間の一コマ一コマは同じ様に静止画です。

3次元の立体静止画が高速で切り替わることで「動いている」と認識していることになります。(*^.^*)

あなたの現実が、五感をともなった3次元立体静止画の「点」の繋がりだったら。。。

繋がりだったら、というよりは、プランク時間という「点」で考えれば確実にそうなんです。

じゃあ、その静止画の「点」を繋げているのは誰なのか?

それはほかでもない「あなた」ですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

だって、あなたの現実は、あくまであなたが認識している現実であり、私の現実とは違いますから。

そして、あなたが繋げているなら、それこそ、あなたはどこにどう繋げるのも自由、ということになります。

なぜなら、その点は、一つしか用意されていない、ということはないからです。

むしろ、億とか兆を優に超える数の選択肢、可能性として「点」が用意されている。(灬ºωº灬)

量子力学の多世界解釈的に言えば、ね。

量子力学で確認されている摩訶不思議な現象を矛盾なく説明できる説として「多世界解釈」と呼ばれるものがあります。


簡単に言えば『この世はパラレルワールドだ』という説ですね。


そしてそのパラレルワールドの数たるや、実に10の500乗を超えるとも考えられている。

しかも私たち一人一人にですよ。(  ゚ ▽ ゚ 😉

一人一人が、「プランク時間」という点の単位で、ほぼ無限とも言える数のパラレルワールドから、一つの世界を選んでいる。

つまり、「どの点につなげるか」、という選択肢がほぼ無限とも言える数、私たちに与えられていることになるのです。

まー、それを実感するのは不可能ですけどね。。。(・ε・)

無限とも言える可能性の点から、常に一つの点をあなたが選択している。

そういう意味では、あなた自身が、どういう世界を生きるのか、今ここから、常に選択できる、ということでもあります。(^ε^)♪

「幸せな自分」を選択したいのなら、今ここから「幸せな自分」を選択したらいい。

「安心した自分」を選択したいのなら、今ここから「安心した自分」を選択したらいい。

「ワクワクしてる自分」を選択したいのなら、今ここから「ワクワクしてる自分」を選択したらいい。

その「点」の選択の連続が、無限とも言える数のパラレルワールドから、「その世界を選択し続ける」ということになるからです。

つまり、ますますそうなる、ということです。ヘ(゚∀゚*)ノ

「私にはそんな選択、とても無理。。。(TωT)」

そう感じちゃいますかね。(*`▽´*)ウヒョヒョ

でも、これもある意味で、無理と感じる過去の「点」に、あなた自身が繋げている、とも言えます。

あれがないから、、、

こんな状態だから、、、

あんな経験したから、、

とてもじゃないけど、無理なんです。(ノДT)

ちなみに、「今はこんな状態だから無理」と言った時点で、その「今」はすでに過去ですよ。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

このような思考は、「無理」と感じる過去の時間という「点」にあなた自身が繋がり、ここから先の未来も「無理」という世界を選択をしている、となるんです。

ちとややこしいですかね。

最初に言いましたが、時間は点であり、繋がっていないんです。

それを繋げているのは、ほかでもないあなた。

だからどこにどう繋げるも、繋げないもあなたの自由。(・∀・)/

どうせなら、今ここから、より望ましい未来に繋がる「点」を選択をした方が良くないですか?

そして、過去という時間も「点」であり、別にそこに無理くり繋げる必要はないんです。

実際、ここから先のあなたの未来に、あなたの過去は一切関係ありません。

時間は繋がっていないので、繋がりたくなければ、繋げなければいいだけです。( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

全ては今ここからの選択であり、その選択が望んだ世界の時間を繋げ続けることになるんです。(・∀・)

あなたは、今ここの「点」からどんな選択をしていきますか?

その選択の連続が、住む世界の選択なんですよ。(*^▽^*)

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

代表の書籍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の投稿

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿