引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

数値目標よりも重要なこと

セッションをしていて時々あるのが、「月収を○○円以上にしたいんです」とか、「売上〇〇円達成したいんです」というご相談です。

月収にしても売上にしても、どちらも数字が絡む話になります。

いわゆる「数値目標」ですね。(*゚ー゚*)

数値目標をきっちり設定し、それに向けて戦略を立て、行動プランをつくりその数値を達成するために頑張りたい、という話です。

私も会社員時代はいつもなんらかの数値目標がありました。

広告の仕事をしていた時は認知率とか好感度などの数値目標。

広報の仕事をしていた時は記事になる面積を数値化した目標などなど。(・∀・)

会社を辞めてコーチングで独立した時も、「○月までには月収○○万円」とか、「クライアントさん○人獲得」とかいろいろ数値目標を作ってやっていました。

でも、今は全くしてません。

それをやってもあまり上手くいかなかったからです。

だから今の私の仕事には数値目標はないんです。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

今は「本当の自分をブラさず行けば、自然とこんぐらいは行くでしょ」程度の数字を認識している、という感じです。

つまり、「自分軸をブラさずに判断と選択をしていれば数字は自然とついてくる」と考えています。

もちろん数字の上がり下がりはありますが、困窮するなんてことがなければそれで良いと思ってます。(*^▽^*)

その方が楽だし、楽しいですしね。(*^.^*)

みんなが氣にする数字の筆頭はお金ですよね。

でも、お金はそれ自体に意味はなく、お金はあくまで何かを得るための単なる手段です。

ですので、まずは「お金は単なる手段だ」という認識が必要です。

実際そうですし。(^ε^)♪

で、ここからが重要ですが、「結局どういう状態になったら良いのか」、「なぜそうなったら良いのか」ということをきっちり自覚しておくことが何より大切です。

例えば月収20万円の人が50万円を目指して頑張って、実際にそうなったとします。

でも、月収50万円になったとしても、最終的に得たい状態と程遠かったら50万円でも決して満足できないわけです。

20万から50万になったは良いが、ほとんど寝る暇がないくらい忙しく、過労で病氣になって医療費が大変、なんて状態イヤでしょ?(@_@)

極端な例かもしれませんが、月収という数値を目標にしてしまう場合に起こりがちなことなんです。

月収という数値はあくまで良い状態を実現する「手段」なのに、その「手段」を目標にした時点で本当の目標を見失ってしまう、ということがよく起こるんです。

目の前にニンジンがぶら下がったら、もうそれしか見えない、みたいな感じに。(;^_^A

ですので、もっとも重要なのは、「本当の自分はどういう状態に本当の満足や充実を感じるのか」ということをちゃんと自覚することなんです。

そして、本当の満足や充実を感じることをやる時間を増やすこと。

そのような時間が増えるということは、意識が満足や充実にフォーカスしている時間が増えることになりますよね。

このような意識状態を量子力学的に言えば、さらにそのような現実が拡大する確率が上がることになります。

で、そのような現実が増える=お金が増えることだったりするのです。(*^▽^*)

なので、数値目標にこだわるよりは、あなた自身の満足や充実にこだわった方がいい。

結局あなたは、その様な状態の時間が増えることを望んでいるのであり、その時間が増えれば増えるほど、金銭面も徐々に満足と充実の状態になるからです。

くれぐれも目の前に変なニンジンぶら下げて、追いかけ続けないように。

追いかけ続けるという欠乏の意識が、更なる欠乏を引き寄せちゃいますよ。( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

 

*本当の自分を発見するための講座『量子論と脳科学ベースの引き寄せ理論講座【中級】』が1月に開講します。定員は12名【残席】。詳細はこちら

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

代表の書籍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の投稿

カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿