引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

運が良い人、悪い人の決定的な違い

今やキャンプYouTuberとして大人氣のヒロシさん。(*^.^*)

彼のYouTubeチャンネル登録者数は90万人近いそうで、今や有名YouTuberの一人ですね。

あなたもご存知のだと思いますが、元々ヒロシさんは「ヒロシです。。。」でお馴染みの自虐ネタで一世を風靡した芸人さん。

だんだんテレビではお見かけしなくなり、少し前まで「一発屋芸人」などと呼ばれる存在でした。(^_^;)

しかしながら、彼は売れなくなったからテレビに出なくなったのではなく、少しづつテレビでの仕事に違和感を感じるようになり、「もうテレビの仕事はしたくない」とテレビの仕事を断ることで徐々にテレビから遠ざかったそう。

全盛期は月収4,000万円なんて時もあったそうなので、それを自ら手放すというのも相当勇氣のいることですよね。ヽ(゚◇゚ )ノ

その後所属していた大手事務所も辞め、個人事務所を立ち上げ、芸人を続けながらもカフェを手掛けたり、地下アイドルのプロデュースをしたり、興味の赴くまま様々なことにトライし、その一つがキャンプだったとのこと。

ヒロシさんは、

“キャンプに行ったら焚き火とかやるじゃない? カッコいいと思ったら携帯で写真を撮るわけ。それが動画になって、繋げたくなって、どんどん記録したくなっていく。それがスタートだった。(略)最初は自分たちが楽しむだけの記録動画で、本当に好きなことだっていう思いだけで撮ってた。だから成功とかそういうのは一切考えてなかった”

また、

“たまたま当たったという感じなんです。ただキャンプがしたい。動画を撮ってみたらどうだろうと思って、やってみた。そこにYouTubeという媒体があったから、配信した。そのキャンプ動画も、全然狙ってなかったんですけど『音が静かで癒される』とかって評価されて”

と仰ってました。

「こうしたら受けそう」、「こっちの方が儲かりそう」なんて打算は考えず、たまたま好きなことをやっていたら当たった、ということですね。

ヒロシさんの言葉の中には結構、「偶然にも」、「たまたま」という言葉が多く出てくるのですが、実はこれらの言葉は成功者に共通するキーワードの一つなのです。(^_^)v

成功者と呼ばれる人たちの自叙伝や回想録で多く使われてる言葉を調べた研究者がいるのですが、多い言葉は「たまたま」「偶然」「ふとしたことで」「幸運にも」で、頑張りや努力、才能などに関する言葉はほとんど無いそう。

つまり「自分の運の良さ」に関する言葉が多いそうなのです。

そういう意味では、成功するために一番必要なのは「運の良さ」ということになりますよね。(^∇^)

“運の良さが成功の秘訣なんて言ったら、もう努力のしようがない。。。(><;)”

確かにそんな風に思ってしまうかもしれません。

ですが、実は運を良くする方法はあるのですよ。

どこぞの神社にお参りするとか、どこかのパワースポットに行くとかじゃなくてね。(・ω<) テヘペロ

そんなことしなくとも、「こうすれば誰でも運が良くなる」という方法はあるのです。ヘ(゚∀゚*)ノ

それは、ヒロシさんも実践していた方法で、「自分の本当の氣持ち、感性に従う」、ということ。

今のままの方が得だから、こうする方が無難だから、人から非難されるのは嫌だから、と言ったような理由で自分の氣持ちや感性を押さえ込むようなことなく、自分の氣持ちや感じていることに素直になって行動する、ということなのです。(・∀・)/

自分の氣持ちや感じていることに素直になって、その氣持ちや感じていることを優先する選択をする。

そうすれば、誰もが「運が良い」体質になるのです。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

ヒロシさんだってそうですよね?

もしあのまま「嫌なんだけどテレビは儲かるから続けなくっちゃ」なんて感じで続けていたらどうなるか?

ヒロシさんご本人は「あのまま続けていたら早い段階で氣が狂ってたかも」なんて仰ってますが、心身を病んで病氣になったり、ストレスが溜まってスキャンダラスな事件を起こしたりしたかもしれませんね。(。・ε・。)ムー

そうしたら当然今の有名YouTuberとしての地位もないでしょうし、下手したら本当にただの「一発屋芸人」で終わっていたかもしれない。

テレビに出なくなってからは一時期収入も減ったそうですが、今はそんなにお金を氣にすることなく、好きなキャンプをやりながら満足のいく生活が出来ているそうです。

結局は自分の氣持ちや感性に従った方が上手くいくのです。

そうする方が運が良くなるのです。

もちろん一時期収入が下がったり、人が離れて行くこともあるでしょう。

でもそれらはいずれも後で取り戻せるものです。

それよりも絶対に取り戻すことが出来ないものは「時間」です。

その貴重な時間を、自分の氣持ちを抑え込む「自己卑下」に使うのか、それとも自分の氣持ちを尊重する「自己尊重」に使うのか。(・∀・)

それこそがまさに「運の良し悪し」の分かれ道なのです。

著名な経営学者であるピーター・ドラッカー氏はこんな言葉を残しています。


“優先順位を決めるうえで大切なことは、分析ではなく勇氣だ。第一に、過去ではなく未来を選ぶ。第二に、問題ではなく機会に焦点を合わせる。第三に、横並びではなく独自性を持つ。第四に、無難で容易なものではなく、変革をもたらすものを選ぶ。そして、この四つを選ぶのは見識ではなく勇氣である”

あなたは、過去を基準にして、問題に焦点をあて、皆と同じ横並びで、無難で容易な選択ばかりをしてませんか?

それでも幸せ、とても運が良い、というならいいですが、「このままで本当に良いのだろうか。。。(´ε`;)ウーン…」なんて感じであれば、きっと様々な選択が上にあげたような感じになっているからかも知れませんよ。

結局は自分の本当の氣持ちを尊重し、その自分の可能性を信じる勇氣が、「運が良い」という状況を引き寄せるのです。(^O^)/

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿