引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

どこに量子を偏らせるか

  • 初めての方におすすめ 引き寄せと量子論 人間関係と引き寄せ
  • 2021年2月26日  

米国の名門プリンストン大学の工学部長であったロバート・ジャン博士はこんな面白い実験をしています。

量子の特性を利用した「乱数発生器」というものがあるのですが、簡単に言うと「1」と「0」のどちらかの数字が出る確率がちょうど50:50になる装置です。

この装置を前に置き、人が「1が出る」と強く意識すると50:50のバランスがだんだん崩れだし、「1」が出る確率がどんどん上がる、という結果になるそう。(ノ゚ο゚)ノ

人間の意識に合わせて量子が「1に偏る」という現象が起きるのです。

また、同じく米国の名門ノエティック研究所の主任研究員であるディーン・ラディン博士もこんな実験をしています。

それは量子力学で有名な「二重スリット実験」を応用したものなのですが、まず二重スリット実験について簡単に説明しますね。(*^▽^*)

下の図のように、二つのスリットに向けて素粒子を一粒づつ発射します。

すると、なぜかその先の壁面が縞模様になってしまう、という実験です。

素粒子が粒(物質)であるならば、スリットの向こう側にある壁に浮かぶ縞模様は当然2本になるはずなんですが、なぜか波(エネルギー)の状態でしか現れるはずがない縞模様になってしまう。

で、なぜそうなるのか確認しようとして観測すると、その縞模様はなぜか2本の線で現れるのです。(^◇^;)

つまり素粒子は、人間がそれを特に意識していない時は波(エネルギー)の状態で、人間が意識(観測)した時だけ粒(物質)になっている、ということになるんです。

で、ラディン博士はこの実験の応用版を行いました。

その実験とは、光子(素粒子)をこの二重スリットに向けて発射している際に、観測はせずに、スリットの片方だけを多く通過するよう念ずる、というものです。

光子をただ発射しているだけの時はやっぱり普通の縞模様が現れるのですが、人が片方だけ通過するよう強く念じ始めると、明らかに念ずる方への偏りが見られたそうなんです。オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ

つまり、人が念じている間だけ縞模様が変化してしまうらしいのです。

この実験を一般人250人で繰り返し行いましたが、いずれも同じ結果が出たとのこと。

これは当然のことながら偶然では片付けられない現象なんです。

これらの実験から言えることは、「量子は人間が意識する方に偏る」ということ。Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

そして、究極を言えば、あなたの現実も全て量子で出来ています。

あなたの周りにいる人も、座っている椅子も、スマホも、お金も、全て量子で出来ています。

あなたの目の前にある空間でさえ酸素、窒素、二酸化炭素などで構成されているので、それらも究極まで分解すれば量子なのです。

そう考えるとですよ。

それらあなたの現実を構成する全てが、『あなたが意識する方に偏っている』とも考えられるわけです。(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!!

だって現実の全ては量子で出来ているんですから。

そういう意味では現実はあなたの「意識の鏡」とも言えるわけです。

もっと正確に言えば「意識の傾向を表す鏡」ということですかね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

怒りを感じたり、悲しくなったり、不安になる様な現実が現れがちなら、それはあなたがそれらを意識しているからです。

楽しさや喜び、面白さや豊さを感じる現実が現れているなら、それはなあなたがそれらを意識しているからです。

何しろこの世の全てを作り上げている量子は、意識する方向に偏る傾向があるわけですから。(*^.^*)

でもこの事実を知らない多くの人は、鏡に写っている方をなんとか直そうと必死になります。㌦ァァァァヽ(o`Д´o)ノァァァァ!!

その状態を例えて言えば、鏡に写ってる自分の髪型を鏡の中に手を突っ込もうとして直そうとしている様な状態です。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

だから結果的に全然直らない。

当たり前でよね、鏡に写っている自分自身を全然直していないわけですから。

鏡に何が写っているのかが分かったら写っている元を直せばいいのですが、もう少し詳しく言えば、「意識の向け先と解釈の仕方を直す」ということです。

それこそがまさに「無意識のクセ」だったりするからです。(*゚ー゚)ゞ

簡単な例を挙げれば、あなたに氣に食わない人がいるとします。

その人がなぜ氣に食わないかというと、あなたがその人の氣に食わないところに意識を向け、それを「ダメ」だとか、「悪い」と解釈しているからです。

だからその人はあなたにとって「氣に食わない人」であり続けるのです。(。・ε・。)ムー

でも真実を言えば、あなたが「氣に食わない」と思っている人も、氣に食わないところだけでその人が出来ているわけではありません。

人間誰しも「陰と陽」の存在なので、あなたにとって「良いところ」もあれば「悪いところ」も、「美しいところ」もあれば「醜いところ」もあるのです。

そのどちらかに意識を向け、それをどう解釈しているかだけだったりするのです。(・Θ・;)

目の覚める様なとびきりの美人も、思わずドキドキしちゃうものすごい二枚目も、結局みんなウンコするんですから。( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

そして、その陰と陽のバランスは、あなたの現実にも言えるんです。

不平不満や欠乏、不幸せを感じる部分に意識を向け、「自分はついてない」、「自分は不幸だ」と解釈すれば、ますますその様な現実になる。

豊さや楽しさ、幸せや豊さを感じる部分に意識を向け、「自分はついている」、「自分は幸せだ」と解釈すれば、ますますその様な現実になる。

結局、意識した方向に量子が偏るからです。

この原理を理解せずに鏡の中ばかりをいじろうとしていると、しまいには突き指しますよ。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の記事

  • 無理ない範囲で「今からそうなる」 オンラインサロン 「量子論的生き方研究会」では月に一度、サロンメンバーさん向けにオンライングループセッションを... 2021年10月19日 に投稿された
  • 量子論的生き方か、古典物理的生き方か。 “今の自分がこんな状態なのは、きっと過去の体験などが影響していると思うんです。。。”(TωT) いわゆるセッ... 2021年10月7日 に投稿された
  • 上手くいく人に共通する「順番」 ラグビー元日本代表、福岡堅樹選手。   今年現役を引退されましたが、福岡選手は2019年ラグ... 2021年10月2日 に投稿された
  • 自分の「次元」を上昇させる 少し前に「アセンション」とか「次元上昇」という言葉が流行りましたよね。(*^.^*) 地球の次元が今の次元か... 2021年9月29日 に投稿された
  • この世というホログラム 物質の本質は幻想かもしれないという事実 この世はホログラム 何千年もの昔から聖者と呼ばれる人々は、「物... 2015年8月8日 に投稿された
  • 表面意識と潜在意識を統合させる方法 昨年のノーベル賞は日本人受賞者がいませんでしたね。(。・ω・)ノ゙ 最近は科学分野での受賞が続いてますので、... 2021年1月3日 に投稿された
  • 常にゼロポイントで生きる ゼロポイントで生きる ニュートン力学に代表される古典物理学の概念は、「宇宙(自然)には、人間とは関係なしに... 2016年12月27日 に投稿された
  • 映画「マトリックス」の秘密 映画「マトリックス」は深いんです キアヌ・リーブスが主演した大ヒット映画「マトリックス」はご存知ですよね。キ... 2016年4月10日 に投稿された
  • 脳は常に選択している 脳の中にあるフィルタリング機能があなたの現実を操っています。 脳は常に選択してる 脳幹網様体賦活系ってご存... 2015年8月8日 に投稿された
  • 体全体でそうなる あなたは演技指導を受けたことありますか? 私は無いのですが、「役になる」ということは、その人物になりきるとい... 2021年9月9日 に投稿された

過去の投稿

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿