引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

導きに従うか、無理くり頑張るか

  • 自分軸と引き寄せ 宇宙観点から見る引き寄せ 感性と思考
  • 2019年6月17日  

ダーウィンの進化論と言えば「適者生存」です。

生物は環境にもっとも適合したものが生き残るという考え方ですね。(*^.^*)

進化論は広く信じられてきましたし、未だに信じている人も多いと思います。

我々は元々アメーバのような単細胞生物で、それが何十億年という歳月を適者生存という形で徐々に進化し、これほどの知性を身につけた、とする考え方です。

ただ、ぶっちゃけ言えばこの進化論は科学的に証明されたものではありません。

それこそ進化論を検証するためにはアメーバを今から何億年もかけて観察せねばなりません(爆)。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

そんなこと当然無理なので、進化論はある意味いろんな証拠をもとに「どうもそうなってんじゃないの?」的な一つの考え方というわけなんです。

ただ、その一方で。

ダーウィンが進化論を発表した当時と比べて現代はより細部に渡り細かく検証する技術が飛躍的に進歩しています。

そしてそのような検証が進むにつれ、多くの科学者たちが進化論に疑問を持ち始めているというのも事実らしいのです。

なぜなら、生物の仕組みを知れば知るほど、「そもそもこんな複雑な仕組み、本当に誰の意図もなく偶然に出来るのか?」なんて疑問が当然出てきますからね。(*゚ー゚)ゞ

未だに人間は無から生物を作ることは出来ませんが、自動で動く物はすでに作ることが出来ています。

例えばロボット。

ある程度自動で動け話せるロボットはありますが、これも当然ながら複雑なメカとセンサー、それを制御するソフトウエアにより成り立っているわけです。

そしてそれは、人間がそのように意図して設計し、部品を集め組み上げ、ソフトをプログラミングしたから出来たわけです。

で、当然ながら生物は人間が作っているロボットとは比較にならないほど複雑かつ柔軟、さらに精緻なメカとセンサー(感覚)、ソフトウエア(魂?意識?)で動いています。

なので、科学者が「このような複雑かつ精緻な生物が、何の意図も介在せず本当に偶然生まれるなんてことがあり得るのか?」なんて疑問に思うのも当たり前。

実際、生物が偶然生まれる確率を世界的に著名な天文学者故フレッド・ホイル博士が計算したところ、10の40000乗分の1という、とてつもなく低い確率になるそうなんです。( ゚∀゚; )タラー

10を40000回掛けた単位なんて全く想像できませんが、ホイル博士の例えだと、「廃材置き場の上を竜巻が通過した後、ボーイング747が出来上がっていたというのと同じ確率」だそう。

まー、簡単に言えば、「そんなことあり得んでしょ?」ということですよね。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

生物が偶然に生まれる確率はそれほど「あり得ない」というレベルの低い確率なんです。

なので、ホイル博士は、この宇宙自体が巨大な知性だと考えていたよう。

その知性が、生物ばかりか無生物など、この宇宙に存在する全てを意図し、設計し、生み出した。

そう考えないと、とてもじゃないけど説明がつかない、というわけです。f^_^;

よくよく考えてみたら、人間が生み出した様々な物も、人間の知性が生み出しているわけです。

あなたの周りにある様々な人工物も最初は誰かしらの頭の中にあったわけで、そのアイディアを具現化しようとして設計し、実際に作り上げられたわけですよね。(ノ゚ο゚)ノ

で、なぜアイディアを具現化しようとしたかと言うと、単純に「具現化したい」と思ったからですよね?

もっと詳しく言えば、具現化すると「こんなに便利」、「こんなに良くなる」、「こんなに楽しくなる」と思ったから作りたくなったわけです。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)

つまり全ての人工物には「これがあるともっとこうなる」と言う意図があり、その意図を実現するために存在しているんです。

それがたとえ小さなネジであっても、巨大タンカーであっても、芸術作品であっても必ず何らかの意図をもとに生み出されているわけです。

そう考えた場合、あなたと言う人間は、宇宙がどういうことを意図して生み出されたんですかね?

お父さんとお母さんが作りたいと思ったから?

お父さんとお母さんは作り方を知ってるだけですので違います。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

意図なんて聞かれても、“そんなこと知るかー!!” なんて感じですかね。(*'-'*)エヘヘ

哲学的な話になってしまいますが、そんなこと当然私もわかりませんし、特に知る必要もないと思ってます。( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

ただ、何となくでも『意図の方向性』だけは感じ取っていた方がいいと思っています。

なぜなら、その方向性で選択していれば、自然と良い方向に導かれていくからです。(・∀・)/

つまり、より幸福で、より豊かな人生に導かれていくんです。

ホイル博士の考えた通り宇宙が一つの巨大な知性だとしたら、私たちはその巨大な知性の一部であり、その知性が何かを意図しているがためにその一部として存在しているはずです。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

だとしたら、その意図に従った方がいろんな意味で上手くいくと思いませんか?

あなたが前に向かって歩いている時にあなたの右足の親指だけが後ろに下がろうとしたらどうします?

そんなことは実際にはあり得ませんが、前に向かせようとするはずですよね。

私たちに起こる現象も基本的にはこれと同じだと思っています。(^∇^)

つまり、宇宙の意図に従っている限り物事は大体うまく運んで行きますが、ちょっと横にそれたり別の方向に行き出すと本来の意図に引き戻そうとする。

その引き戻そうとする現象が病氣だったり困難が続く状況だったりするわけです。

私は、人生はある意味ゲームのようなものだと思っています。(*^▽^*)

どんなゲームかと言うと、宇宙の意図を感じ取ってそれに沿って選択していく、というゲーム。

なぜなら、私たちに元々備わっているものは感覚器官であり、元々備わっているということは、それこそ宇宙の意図と繋がっていると考えられるからです。

で、その意図通りに従っていれば最高のゴールが迎えられるというわけです。

でも簡単だったらそれこそゲームにならないので、いろんな誘惑だったり罠だったり障害だったりが用意され、それを適切な方法でクリアするとどんどん良くなっていく。ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

つまり真に望んだ状態が引き寄せられるわけです。

だから感じ取る力、すなわち感性を磨くことが重要なんです。(*^▽^*)

あなたは、あなたの中にある情報だけに頼って「こうした方がいい」、「こっちの方が正解」なんて考えて様々な選択をしていませんか?

それで「上手くいっているし幸せ!!」というなら良いですが、「色々頑張っているけど何だかね。。。(-。-;)」なんて感じだったら、そもそも宇宙の意図と分離しているからかもしれませんよ。

勝手にベストを想定して無理くりそこを目指すよりも、宇宙の意図を感じ取って、その導きに従う方が結局上手く行きますよ。

川の流れを無視して闇雲にオールを漕ぐよりも、流れに乗ってしまった方が楽だし早いでしょ?

感性を利用して「導き」という流れに乗ることが大事なんですよ。(*^ー^)ノ

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

(PHP研究所)

 

 

(光文社)

最近の投稿

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿