引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

過去の投影より今ここからの選択

誰にでも「思考のクセ」があります。(*^.^*)

いわゆる「無意識の思考パターン」ですが、そのパターンでも多いのが「今の出来事を過去の事例と結び付け、未来を推測する」というもの。

もっと簡単に言えば、今の状態になっている原因を探し出し、その原因があるから未来もきっとこうなると思い込む、ということですね。∧( 'Θ' )∧

例えば、あなたが現在不幸なのは幼少期のトラウマが原因であり、そのトラウマを癒したりすることで状況が改善し、未来も良くなる、という考えです。

もちろん、これでも良くなります。(^_^)

その一方でこんな考え方もあります。

それは、今ここで、不幸な自分を自らが選択している、とする考え方です。

つまり、あなたは目の前の課題から逃れるため、自ら不幸な状態を選んでいる。そして、幼少期のトラウマを持ち出し、不幸な自分を「だから仕方がない」と正当化している、とする考えです。(#^ω^)

ちょっとキツイ表現かも知れませんが。。。(*゚.゚)ゞ

物理学で考えると、トラウマを癒す思考は古典物理的な感じです。

なぜなら、過去こうだから今こうなっているし、未来もその原因があるのでこうなる、的な考えだからです。

ちょっとわかり難いですかね。f^_^;

もっと簡単に言えば、今の状態で未来の状態も確定している、とする考えです。

なぜなら、自然現象は人間の意識とは関係なしに勝手に起こっている、というのが古典物理的な考えだからです。

そこには人間が入る余地のない、精妙な独自の自然法則がある、とする説ですね。(*゚ー゚*)

一方で、量子力学的に言えば、この世は全てが確率でしか表すことができない、可能性だけの世界、となります。

で、その可能性を確定させているのが意識です。

なぜなら、そもそもエネルギー状態の量子を物質たらしめているのが意識だからです。

つまり、量子力学的に言えば、過去どうだったかとか、経歴、学歴、性別などは一切関係なく、「これからどうしたいのか」を選択すればいい、となるんです。

そしてその選択に応じて、さらにそうなる確率が上がっていく、ということです。

私のセッションでも時々、「なんかブロックがあるようなんですよ」という話をされ、それが原因で改善しない、というお話をするお客さんがいます。

でも、私のセッションでは基本的にその原因を探して解消することはしません。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

なぜなら、これからの未来にその原因は関係ないからです。

それを選択しなければいいだけのこですから。

もちろん、トラウマを癒したり消したりする方法もありますし、ご希望されればやってます。

でも、それは本質ではない、と思っています。

それよりも大切なのは、『今ここからどうしたいか』、なのです。(*'-'*)エヘヘ

さらに言えば、原因を探しがちの人は、常に原因を意識してるので、何か不都合があるとまた別の原因を探していきます。

探しては解消し、探しては解消し、が永遠に続く。。。。(´∀`)

それをやり続ければ、しまいには原因探しが前世にまでいっちゃいます。( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

つまりキリがないんです。

そして実は、その繰り返しで苦しんでいる人も多かったりします。

これだと常に陰に意識を置いている状態ですので、陰で量子状態が確定し続け、抜けられなくなるからです。

ですので、私は、「そもそもどんな自分でありたいのか」、「なにで喜びや充実を感じたいのか」、「なにを大切にしたいのか」を明らかにし、ただそう生きればいい、と思っています。

つまり、そういう自分を、今ここから選択し続ければいいんです。\(^_^)/

そうすれば、あなたの周りの量子状態がそれで確定し続け、それがイコール幸福な人生ですのでね。(*^.^*)

過去がこうだったから、今現在がこうだから、と言い訳を作って今の不幸を正当化する生き方は、ある意味で『人生の犠牲者』を選択する生き方です。

あなたは、可能性しかないこの世界で犠牲者を選択し続けますか?

それとも、「本当の私はこうありたいんだ!!」という自覚をもとに、今ここから本当に望んでいる人生を選択しますか?

それが自分の人生を自ら望んでいる通りに切り拓く、ヒーローとして生きる人生です。(・∀・)/

当たり前ですが、あなたの人生の主人公はあなたです。

その主人公であるあなた自身を、どのような人物として設定するのか。

その設定が今ここからの選択であり、その選択をし続ければますますそうなる確率が上がっていくんですよ。≧(´▽`)≦

あなたは、今ここからどんなあなたを選択しますか?

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

(PHP研究所)

 

 

(光文社)

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿