引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

常識人がお金持ちになれない単純な理由

常識的に考えると、

おかしい
無理だ
危険だ
変だ
正しくない
良くない
インチキだ
怪しい

などなど。(^_^)

人は得てして常識を基準に様々なことを解釈、判断したりしています。

その常識はその人独自のものもありますが、多くは国、民族、社会全体、地域、業界、業種、年齢層、性別、時代など、ある程度の大人数による総意です。

大多数の人が「こっちが正しいでしょ」、「こっちの方が良いでしょ」と思うことが常識なわけです。

そういう意味では、常識とは大多数の人の平均的な意見であり、それをもとに多くの人は「こっちが正しい」、「こっちの方が良い」、「あれは変」、「あれは間違い」なんて解釈し、色々判断しているんです。(*゚ー゚)ゞ

ところであなたは常識的な方ですか?

私は自分自身をそれほど非常識とは思っていませんが、一般的な視点で考えると正直「変な人、怪しい人、非常識」に分類されるかもしれません。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

「かもしれない」じゃなくて「確実にそうだ」なんて言われてそうですが。(*ノωノ) イヤン

例えばご近所さんからすると、「あの人、いつも休日みたいな格好して、朝も遅くに出て行って、平日の昼間もよく見かけるわ。いつもボケーっとした顔でフラフラしてるし、もしかして失業中?お子さんまだ小さいのに大丈夫なのかしら?」|д・)チラッ なんて思われているかもしれません。( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

まー、そう思われても構わないのですが、ある意味「常識的視点」で考えると、そう捉える方が「普通」です。

何しろ私が住んでいる地域では「朝早くにキチンとした格好で出て行って、見かけるのは休日ぐらい」というお父さんが普通ですから。

服装も行動パターンもそれに当てはまらない私は、ある意味「非常識」であり「変な人」に分類されてしまうわけです。( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ

でも私はむしろその方がいい、なんて思ってます。ワ━(*゚∀゚人゚∀゚*)━ィ♪!

なぜなら、服装も、行動パターンも、考え方も、時間の使い方も、収入も、「普通になりたい」なんてこれっぽっちも思っていないからです。

「非常識」で「変な人」の今の方が物心両面ではるかに満たされているからです。(*^ー^)ノ


多くの人は普通でなくなることを恐れます。

普通でなくなると「あの人普通じゃないよね」なんて言われちゃうからです。(・ε・)

つまり普通の人達から仲間外れにされたり後ろ指刺されたりしてしまうわけです。

それを恐れるがあまり「普通であろう、常識的であろう」とするんです。

誤解して欲しくないのは、普通であることを否定しているわけではありません。

もちろん私も常識的で普通だった時がありますし、それはそれなりに楽しかったし幸せでした。。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

でも、「その時代に戻りたいか?」と問われれば、私自身の答えは「NO」なんです。

週に1日ぐらいというのであれば考えますが、毎日となると確実に「NO」です。

なぜかと言えば、先ほども申し上げた通り普通じゃない方が物心両面で満たされているからですが、もっと本質的なことを言えば、普通じゃない方が本当の自分らしいと感じるからです。

つまり自分の氣持ちに正直なれば、自然と「普通じゃない」し「非常識」になり、その方が物心両面で満たされるというわけです。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

国税庁の発行する「民間給与実態統計調査」によると年収2000万円を超える人たちは全体の0.4%になります。

0.4%ということはかなりの少数派であり、ある意味「非常識」で「普通じゃない」層になるわけです。ϵ( 'Θ' )϶

そして実際そういう層の人達は、物事の考え方、解釈の仕方、視点、行動パターンなどが非常識で普通じゃなかったりします。

つまり平たい言葉で言えば「変人」なわけです。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

でも「変」と見られるのは大体数の意見により作り上げあられた「常識」や「普通」という概念から外れるからですよね?

大多数の考え方、物の見方、行動パターンから外れるから「変」すなわち「非常識」で「普通じゃない」のですが、そうであるが故に収入も「非常識」で「普通じゃない」のです。

つまり飛び抜けて収入も高いわけです。(=^.^=) ニヤニャン

そういう意味では、なるべく常識的で普通であろうとすることは、多くの人たちの考え方、物の見方、行動パターンと同じであろうとすることであり、それはイコールそういう人たちと同じぐらい収入の自分を選択する、ということでもあるのです。Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

先ほども言いましたが、何も普通であることや常識的であることを否定しているわけじゃありません。

ただ注意が必要なのは、闇雲に「常識」や「普通」に従っていると、しまいには本当のあなたが求めていることや、本当のあなたの氣持ちがわからなくなってしまうからです。(@_@)

本当のあなたの氣持ちや求めていることが分からなくなると、それはあなたが才能を開花させる方向の羅針盤を失うことでもあり、それは即ちさらに豊かで幸せな人生を歩むチャンスを失うことにもなってしまうからです。キャ━━(#゚ロ゚#)━━ッ!!

そして実際に0.4%の層の人達はただ自分の氣持ちに正直なだけだったりします。

自分の氣持ちに正直になることが結果的に「常識」や「普通」からズレているんです。

もちろん全員がそうだとは言いませんが、0.4%の多くは自分の氣持ちに正直なまま様々な選択をすることで自然と才能が開花し、その結果幸せと豊かさを手に入れているのです。(▰˘◡˘▰)

つまり「常識」や「普通」という基準よりも、「自分の氣持ち」を優先して様々な選択しているのです。

その結果、大多数の層の人たちよりも豊かで幸福感の高い現実を引き寄せているんです。

実際、米国の心理学者エドワード・デシ博士とリチャード・ライアン博士の研究では、常識などの「他者基準」で選択をし続けた人よりも、自分ならではの基準で選択して様々な決断をしてきた人の方が幸福感も所得も高いという結果が出ています。(*^.^*)

ですので、闇雲に「常識」や「普通」に従うよりも、まずはあなたの氣持ちを優先させること。

それが本当の意味での自己尊重であり、自己を尊重する意識が、さらに幸福感が高まり豊かな状況を引き寄せるのです。(*^▽^*)

 

タグ:
ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

(PHP研究所)

 

 

(光文社)

最近の投稿

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿