引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

感覚を言葉にする重要性

ラグビーワールドカップ、盛り上がりましたねー。(≡^∇^≡)

私も日本対南アフリカ戦含め4試合観戦しました。

何しろ世界の強豪の試合を間近で見れる機会なんて滅多にないですから、と言うか、一生に一回かな、とも思います。

20年以内にもう一度なんて話もありますけど。

そう言う意味では東京オリンピックの方が一生に一度かもしれません。

オリンピックのチケットは今のところ一枚も当たってませんが。( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

まー、まだ何度かチャンスがあるみたいですけどね。

今回は日本代表が予選グループを突破してベスト8に進出しましたが、前回2015年は予選グループで敗退。

それでも初めてW杯で3勝を挙げ、そのうちの1勝が優勝候補の南アフリカだったことから「世紀の番狂わせ」として話題にもなりました。(・∀・)/

で、3勝を挙げた功労者の一人がご存知五郎丸選手ですよね。

彼の正確なキックが勝利の大きな要因の一つであることは間違いのない事実です。

そしてそのキックで話題になったのがキックを蹴る前の独特のルーティン(段取り)。

中でも最後の拝むようなポーズはある種の社会現象にもなりました。(●‘∀‘●)

ただ、五郎丸選手がなぜあのようなルーティンをするようになったかというと、そもそも彼のキックは全然正確じゃなかったからなんです。

で、なぜ正確じゃなかったというと、毎回のキックを感覚的に蹴っていたからで、感覚のバラツキに伴ってキックの軌道もバラツいていたみたいなんです。

なので、メンタルコーチを招いてキックの精度を高めるためのアドバイスを受けるのですが、その一つが蹴る前の動作を細かく分解して言葉にする、と言うこと。

感覚的にやっていたことを細かく分解し、それを言葉にすることで、毎回正確に再現できるようにしたわけです。( ´艸`)

そして実際に正確性が格段に上がり、それが前回のW杯での躍進にも繋がりましたよね。

私は、感覚を言葉にすることはとても大事なことだと思っています。

なぜなら、その感覚を感じている状態を再現しやすくなったり、本当の自分が望んでる選択や満足できる選択をしやすくなるからです。

あなたが究極求めていることは感情的に満足することであり、感情は感覚として体で感じるものなので、その感情や感覚が言葉になっていると再現や選択がしやすくなるのです。(*^ー^)ノ

ちなみに、あなたはどんなことに喜びや充実を感じ、何に楽しさやワクワクを感じ、どんなことをとても大切にしたいと感じているのでしょう?

これらを言葉として把握していますか?

把握していれば、「どうしたらさらにそうなるだろう?」とか、「どっちを選択したらよりそうなるだろう?」という感じに、言葉で理性的に選択できるでしょ?(*^.^*)

これが言葉なしの感覚だけだとなかなか難しいんです。

五郎丸選手と同様、その都度のブレが大きくなるからです。

さらに言えば、感情的に満足している体の状態を言葉にしておけば、それを今ここで再現できます。

例えば、あなたが喜びを感じている状態は、体のどの部位がどんな感じになってますかね?

少なくとも眉間に深いシワを寄せて、虚ろな目でうなだれ、体全体が固く硬直している状態ではないはずです。

そんな体の状態、とても感情的に満足している体の感覚とは程遠いですからね。(`∀´)

つまり、感情的に満足している体の状態を言葉に落とし込んでいれば、今ここでその体の状態を再現しやすくなるのです。

そして、その体の状態を再現できれば、それに合わせて意識もその方向に引っ張られます。

体の状態と意識は連動しているからです。ヘ(゚∀゚*)ノ

試しに、眉間に深いシワを寄せて、虚ろな目でうなだれ、体全体が固く硬直させた状態で、とても楽しいことや嬉しいことを想像してみて下さい。

やったらわかりますが、結構難しいんです。

無理くり想像できたとしても、その状態に楽しさや喜びは感じられません。

体がそのような状態ではないからですね。(^_^)

今、あなたが感情的に満足した体の状態を作ってしまい、さらにそれを増幅したり拡大する選択をし続ければ、あなたの目の前の現実もそれに合わせてますますそうなっていきます。キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

あなたの意識状態に合わせて、あなたの現実を作り上げている素粒子の状態が確定し続けるからです。

あなたの体を作り上げている細胞一つ一つにバイオフォトン(生体光子)と呼ばれる光子(光の粒)があり、それが意識と連動していることが科学的に確認されています。

光子とはこれ以上分解できない究極の光の粒であり、それは光の素粒子です。

そして光子も他の素粒子と同様、『波』の性質を持ちます。

波の性質がある、ということは周波数がある、ということです。

波には全て周波数があり、同じ周波数の波は共振現象を起こします。

あなたのうちのテレビは、この共振の仕組みを利用することでテレビ塔からの電波を引き込むことで画面に映るようになっているのです。

実はあなたの現実も同じこと。ヽ(゚◇゚ )ノ

あなたの意識に連動したバイオフォトンの周波数と共振した現実が、あなたの目の前に展開しているのです。

あなたの目の前の現実は、あなたの意識との共振現象なんです。(((o(*゚▽゚*)o)))

まー、いろいろ書きましたけど、要は、あなたが最終的に望んでいることは感情的に満足することであり、それはつまり体の感覚的な状態なんです。

で、その感覚的な状態を感覚のままにしておくと再現し難いので、言葉にしたら便利ですよ、ということです。(^_^)v

だから、私も講座やセッションではこの言語化に結構な時間を割きますし、言語にすることで再現の精度が上がるんです。

現に、私も別に今ワクワクすることがなくても、勝手に体の状態をワクワクの状態に保つことで、ワクワクする現実を引き寄せたりしてます。。゚(゚^∀^゚)゚。 アヒャヒャヒャ   

結局、あなたの現実はあなたの内側の反映なので、内側を整えてしまった方が手っ取り早いんです。

鏡に映ったあなたの髪型を直すのに、鏡を触ったりしないでしょ?Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

あなたの現実もそれと同じなんですよ。ヾ(@^▽^@)ノ

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

(PHP研究所)

 

 

(光文社)

最近の投稿

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿