引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

自分の「次元」を上昇させる

少し前に「アセンション」とか「次元上昇」という言葉が流行りましたよね。(*^.^*)

地球の次元が今の次元から上の次元にいく、というような話だったと思います。

そもそも次元が上がるとはどういうことなのか?

次元が上がるとは、単純に次元の数字が上がることになりますが、物理的に言えばこの宇宙は「たて、よこ、高さ」の3次元空間です。

時間を入れると「4次元時空」となりますが、量子力学の「超ひも理論」によると、この宇宙は11次元空間まであると説明されるそう。オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ

あまりにぶっ飛びすぎて想像すらできませんが。( ゚∀゚; )タラー

て言うか「4次元空間」ですら見当もつきませんが、実は「4次元空間」については、ドイツやアメリカの研究チームが「私たちの周りにあるらしい」との研究結果を権威ある科学雑誌「Nature」ですでに発表しています。

ということは、ですよ。

私たちの3次元空間は、4次元空間の中に無数に存在している、なんて話になります。

なぜなら、上位の次元は下位の次元を無数に取り込めるからです。( ;゚─゚)ゴクリ

私たちは3次元空間に住んでいるので2次元空間がどんなものかは理解できます。

「高さ」を抜いたものが2次元空間になり、最も身近なもので考えると極薄の紙のような空間ですかね。

極薄の紙に「高さ」はほぼないですから。(*^o^*)

そして、もし極薄の紙のような2次元宇宙があれば、それこそ私たちの住む3次元宇宙に、その2次元宇宙はほぼ無限とも言える数が存在出来ることになります。

言ってることわかりますかね?

私たちが住むこの宇宙にほぼ無限とも言える枚数の「紙」は存在可能でしょ?

これが、上位の次元は下位の次元を無数に取り込める、ということなんです。(ノ゚ο゚)ノ


じゃあ、「次元上昇」とは3次元空間から4次元空間に移行すること?、なんて思ってしまいますが、それはちょっと考え難い。

私は、「次元上昇」で言われている次元とは空間の次元ではなく、人の意識の次元だと思っています。

人の意識の次元が上がるとはどういうことか?

現代社会に生きる人たちのほとんどの意識次元は二次元だと感じています。(*'-'*)エヘヘ

つまりそれは、正誤、良し悪し、上下、白黒、敵味方など、二つに区分し、どちらか一つを選ぶという二元論的な意識です。

そして、この二元意識を手放せれば、意識状態は自然と上昇するのでは、と感じます。

つまり多元的意識になる、ということです。(▰˘◡˘▰)

正しいかもしれないし、間違いかもしれない。

良いかもしれないし、悪いかもしれない。

上かもしれないし、下かもしれない。

あるいは別のもっと違う何かがあるかもしれない。

という具合に、状態をもっと「曖昧」に捉える。(灬ºωº灬)

ある意味「俯瞰」の意識ですが、そのように物事を捉えると自然と意識は多元になります。

二元論から離れ、多元的に物事を捉えられる人が増えれば、自然と地球含めた次元が全体的に上がっていき、それを通じて新しい世界が開けていくように感じます。


コンピュータもそうですよね。

現代コンピュータは「1」と「0」で計算する二進法ですが、今後世界を変えると言われる量子コンピュータは「0と1を併せ持つ」多元的な計算で、驚異的な能力を発揮します。

私たち人間の能力や可能性もそうなのかもしれないのです。(・∀・)/

物事を二元論だけで捉えるのでははく、一度にいろんな見方を俯瞰的に捉えられるようになると、私たち人間の能力も飛躍的に高まるのでは?なんて思います。

上位の次元は下位の次元を取り込めるからです。(^人^)

下位の次元を全て取り込み、上位の次元に飛躍する、ということですね。


二元的意識で今の世界を選択し続けるか。

多元的意識となり、次の次元に上昇するか。

今、あなたはまさにその分岐点にいるかもしれません。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)   

まー、私がそう感じていることも「「正しいかもしれないし、間違いかもしれない」ですけどねー。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

代表の書籍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の投稿

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿