引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

媚びの意識と引き寄せ

  • 自分軸と引き寄せ 感情と思考 引き寄せの盲点
  • 2016年10月10日  

他人に媚びない

誰だってそうですが、「人からは良く見られたい」って思ってます。


ういちゃん


他人から、いい人、凄い人、優しい人、綺麗、かっこいいなんて思われたい、って思ってるはずです。


これはいたって自然な欲求で、専門的には「承認欲求」と呼ばれるものです。


これはこれで良いのですが、この承認欲求が行き過ぎると、そこに必ず「媚びる」という意識が芽生えます。


「もっと凄いと思われるためにこうした方が良い」、「もっと良い人と思われるようにあれをした方が良い」というように。


もちろん、「そうするのが楽しいし、そうするのが好きだから」という理由ならどんどんやれば良いと思います。


でも、多くの場合は「もっと良い人間、出来る人間として承認されたい」という理由でそうしているはずなんです。


そして、そういう意識で行う行為全般が「他人に媚びている」ことになります。


で、なぜ媚びるかというと、「そうでもしないと承認されない」という意識があるからです。


つまり、「私はその程度の人間なんで、そうでもしないと認められない」という意識が前提にあるはずなんです。


そうすれば当然「私はその程度の人間」という前提の意識が働きますので、「その程度の人間」として扱われる現実が引き寄せられるわけです。


s_muu(2)


「一生懸命頑張っているのに、なぜか上手くいかない。。。」


もしあなたがそういう状態ならば、一度、「私、他人に媚びてない?」と自分の行為を見直してみて下さい。


そして、「媚びるために行っている」と思われる行為はどんどん手放していくんです。


他人に媚びることを止めるんです。


その代わりに、あなたがやりたいことを、やりたいようにやるんです。


本当のあなたの、本当の本音に従うんです。


でもこういうことを言うと、「それって傲慢になれってこと?」という質問が来たりします。


いや、逆なんですよ。(*^.^*)


「自分はこの程度」と卑屈になっている人が、より大きく見せようとして傲慢になるんです。


他人に媚びない人は、他人の評価に関係なく「そもそも自分は凄い」と自覚しているので、大きく見せる必要はないんです。


「自分は凄い。だから他人に媚びないし、本音で生きる」という人なんです。


だから、そういう人は傲慢ではなく、むしろ自然体なんです。


ういちゃん


で、そういう人は常に自然体なので、ますます自然体で居られるような状況が引き寄せられます。


本当の自分の、本音で生きられるということです。


本当の自分、本当の本音で生きられないから、人は苦しくなるんです。


さっさと人に媚びることをやめて、もっとやりたいことを、やりたいようにやればいいんです。


そうすれば、自動的に本当の自分の、本当の本音で生きられる世界が引き寄せられるんです。


これはやったもん勝ちですよ。(-^□^-)




ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿