引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

無意識の言葉に耳を傾ける

何か行動を起こす時には必ずその行動の前提になる意識があります。

目の前のコーヒーを手に取って飲む際にも「コーヒーを飲もう」と意識するからその行動を起こすわけですよね。(*^.^*)

ただもう少し詳細に分析すると「コーヒーを飲もう」という意識にも前提の意識があります。

つまり『何を意識してコーヒーを飲もうとしたのか』ということです。(*゚ー゚*)

「コーヒーを飲んだ方が良い」と思ったからか、それとも「コーヒーが飲みたい」と思ったからか。

しかしこれにもまだ前提の意識があります。

「コーヒーを飲んだ方が良い」と思った前提の意識を探ると、「午後から会議があって眠くならないため」とかだったりするわけです。

ですのでこの場合の「コーヒーを飲む」という行為は、会議で眠くなるという不安な状態を避けたいがために義務的に飲む、ということになりますね。(*`▽´*)ウヒョヒョ

もう一方の「コーヒーが飲みたい」と思った前提の意識はどうでしょう?

この場合は2パターンが考えられます。

例えば、コーヒーが体に良いと聞いたから「飲みたい」と思ったのか。

それともコーヒーが好きで、飲むことでホッとひと息つきたいから「飲みたい」と思ったのか。

つまり前者は「体に良いから」という理由で義務的に「飲みたい」と思ったのに対し、後者はコーヒーで至福のひと時を得るための楽しみとして「飲みたい」と思ったわけです。

ですので、「飲みたい」場合でも前提の意識が「義務」であったり「楽しさ」であったりするんです。(*。◇。)ハッ!

実は人間の行動の起点となった意識をずっと深掘りしていくと2つの意識に行きつきます。

それは「恐れ」と「愛」です。

なんらかの恐れを避けたいがために起こした行動なのか、それともなんらかの喜びや楽しさを得るために起こした行動なのかに大別できるんです。(・ω・)b

そして私たちが習慣的に身につけている自動プログラムのような行動の多くは「恐れ」ベースだったりします。

つまり、「こうすべきでしょ」とか、「こうしなければならないでしょ」という義務ベースの行動が多く、それらの前提意識は「恐れ」なんです。

お金を稼ぐためには〇〇しなければならない。

人から変に思われないためには〇〇すべき。

上司に認められるためには〇〇しなければならない。

病氣にならないために〇〇すべき。

などなど。ヽ(●´Д`●)ノ ハニャ~

あなたが習慣的にやっている行動はどうですか?

「べき、ねばならない」でやっている行動が多くないですか?

もちろん「べき、ねばならない」をゼロにするのは無理だと思います。

食後のお皿を「洗いたい」のか「洗わなければならない」のかと問われれば多くの人は「洗わなければならない」でしょうし、それは私も同じです。ヾ( ´ー`)

ゼロには出来ないのですが、多くの時間を占める仕事や日常が「べき、ねばならない」だらけだとやはり状況としては良くありません。

なぜなら、そもそも意識が「恐れ」なので、現実を作り上げる量子の状態も「恐れ」で確定し続けるからです。

つまり、「べき、ねばならない」行動をし続ける現実が起こり続けるんです。

私がセッションをさせていただいてて感じるのは、多くの悩みは「べき、ねばならない」という行動に起因することが多い、ということ。

一見やりたいことをやっているように見えたり、他人をおもんばかってる「愛」の行為に見えることでも、深掘りして聴いていくと「べき、ねばならない」が顔を出します。(σ・∀・)σ

「やりたいことをやっている」と言っても「その方が儲かりそうだからそうすべき」だったり、「子供の為を思ってやってる」と言っても「別のお母さんから非難されないためにそうしなければならない」だったり、結局は義務的な意識前提の行為だったりするんです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

そしてその場合は上でも言いましたが状況としては良くならないんです。

さらに言えば「べき、ねばならない」という意識での行動や行為は、あなたの本当の氣持ちを押し殺している場合が大半です。

つまり、本当はしたくないけど、本当は違うと感じているけど、「そうすべき、そうせねばならない」と思考して行動している。(( ;*д*))o=3=3

本当の自分の氣持ちを出したら人から非難される、お金が稼げない、人から認められない、と思っているわけで、これは自分で自分に対してダメ出ししていることと同じです。

つまり、自己卑下の意識状態であり、その場合は当然さらに「卑下」を感じる状態が引き寄せられます。

だからそのような状況が続き、それを悩んだりするわけです。(/ω\)

私は引き寄せの本質はとてもシンプルだと思っています。

それはただ「本当の自分で生きればいい」ということ。(*'-'*)エヘヘ

自分の本当の氣持ちを尊重し、なるべくその氣持ちを尊重するのような行為や行動をしていくこと。

そうすれば自然と状況は望ましい方向に改善していくからです。

そのためには、まず、あなたが日々無意識に行なっている自動プログラムのような習慣的行為や行動の、前提の意識に注意を払ってみることです。

「べき、ねばならない」という義務的な意識によるものなのか、それとも「楽しいし、嬉しい」という自己愛の意識によるものなのか。

あなたが無意識につぶやいている言葉に耳を傾けるんです。(*´ω`*)

そして、なるべく自己愛、つまりあなた自身の本当の氣持ちを尊重した行為や行動に改めていくんです。

そのような本当のあなたの氣持ちを尊重する意識が、さらにあなたが尊重される状態を引き寄せることになるからです。(^O^)/

本当のあなたの氣持ちを尊重することは勇氣がいる事かもしれません。

それはその地域の慣習に反していたり、その会社の常識でなかったり、偽りのあなたを評価していた人からダメ出しをされる可能性もあるからです。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)

でも、それら偽りのあなたに付随していたものを手放す事で、本当のあなたに相応しいものが入ってくるようになるんです。

傷もしっかり膿を出す事で綺麗な肌として再生されるでしょ?

傷と膿を抱えながら「それも仕方がない」と生きるのか、それとも余計なものを手放して綺麗な本来の素肌として再生するのか。

これもあなた自身による選択なんですよ。(・∀・)/

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

(PHP研究所)

 

 

(光文社)

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿