引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

意志は想像に勝てない

以前、ある芸人さんがこんなこと言ってました。

「今日は噛まないようにしないと、なんて意識してると噛むんです」(→o←)ゞ

あるプロゴルファーの方もこんなことを言ってました。

「池があるから入れないように注意しないと、なんて意識すると池に入るんです」(*ノωノ) イヤン

そうはなりたくない、それだけは絶対に避けたい、と意識するとそうなってしまう。キャ━━(#゚ロ゚#)━━ッ!!

同じような経験、あなたにもないですか?

なんか意地の悪い仕組みだなー、なんて思ってしまいますが、脳のメカニズムを考えると、「まー、そうなってしまうよね〜」なんて思ってしまいます。┐(´∀`)┌ヤレヤレ

そうはなりたくない、それだけは絶対に避けたい、と思っているときは、それが起こってしまったことを想像したりしてます。

で、脳はその想像を単なる想像とは捉えていません。

脳は、今すでにそうなっていると捉えるのです。(灬ºωº灬)

脳には時間の観念がありませんし、ましてやそれが本当に今起こっているのか、それともただの想像なのかの区別もしていないわけです。

そういう意味では、「噛まないようにしないと」なんて噛んでる自分を想像した時点で、すでにそれは起こっている、となる。

ゴルフの池ぽちゃも同様で、池に入る想像をした時点で、すでに池に入ってるとなる。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

なので、そうなってる自分を想像すればするほどますますそのようになるわけです。

なぜなら、そうなってる自分なので、脳の想像に合わせて体のあらゆる部位も反応し始め、ますます「そうなってる自分」になるのです。

量子力学的に考えても、そうなってる自分を想像した時点で、そうなってる自分が確定していることになります。

想像している=意識しているので、その意識に合わせて量子の状態が確定し続けることになるからです。(ノ)゚Д゚(ヽ)

そういう意味でも、今のあなたは、あなたの想像通りなのです。

あなたの現実も、あなたの想像による産物と言えるのです。

なので、あなたは常に何を想像しているのかに注意を払った方が良いですよ。

もっと言えば、その想像の前には言葉があるので、どんな言葉を無意識に発し、その言葉に合わせてどんな想像を巡らせているのかに、それこそ注意した方が良いのです。

なぜなら、そのような想像を巡らせば巡らすほど、それが現実になる確率がどんどん高まるからです。(*゚.゚)ゞ

で、ここであなたも氣づくことがないですか?

想像することがどんどん現実になるのなら、それこそ都合の良い想像ばかりすればいい、ということに。(●‘∀‘●)ノ"

実際、上手くいってる人は大抵そういう人なんです。

もっと面白くなる、もっと楽しくなる、もっと嬉しくなる、もっとワクワクするような想像をし、それがどんどん現実になる確率を上げているのです。

多くの人は逆の想像、つまり起こってほしくない不安なことや恐ろしいことを想像することで、そのような現象を引き寄せているのです。(( ;*д*))o=3=3

マザーテレサはかつてこんな発言をしたそうです。

 


“反戦集会なら行かないけど、平和集会なら行くわ”

 

この言葉からもマザーテレサが意識と現象の関係をよく理解していたことが分かります。

戦争を避けようとすればするほど、戦争を意識することになり、戦争がもたらす被害や悲惨を想像するので、余計に戦争が起こりやすくなる。

平和を意識し、平和な状態がもたらす嬉しさや楽しさを想像すればするほど、どんどん平和になる。

それほど人間の意識と想像のパワーは凄いのです。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

なので、あなたも、あなたが無意識にどんな言葉を発して、どんな想像をしているのかを注意した方が良いですよ。

不安が高まったり、怒りが湧いたり、悲しくなるような言葉を発し、そのような想像をし続ける時間が長ければ長いほど、それが現実になる確率が上がるからです。

無意識の言葉とそれに伴う想像を、あなたが望んでる状態になるようコントロールするのです。

その繰り返しが潜在意識の書き換えとなり、徐々に現実も望んだ状態に変わっていくんですよ。(*^ー^)ノ

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿