引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

決断するうえで大切なこと

  • 初めての方におすすめ 自分軸と引き寄せ 感性と思考
  • 2020年6月29日  

セッションなどをしていて時々質問されるのが?

「これで正しいでしょうか?」

「こういう理解でよろしいでしょうか?」

というもの。^_^

もちろん答えがあることなら「そうです」とか「違います」なんて答えますが、そもそも答えがないことには良いも悪いも、正しいも間違いも答えられません。

でも、多くの人は自分の人生にインパクトの大きそうなことであればあるほど、どちらが正しいか、どっちの方が良いのかという答えを求めます。

なぜ答えを求めるかというと、単純に「失敗したくないから」ですよね。( ´∀`)

自ら進んで失敗しようなんて人はいませんので、当たり前と言ったらそうなのですが。

ただ、失敗しない為にはどっちが良いのか、どうする方が正しいのかという思考ばかりをしていると、結局決断できないなんて状態に陥りがちです。

なぜなら、「こっちが良い」、「あっちが正しい」なんて答えはなかなか出せないからです。( ´Д`)y━・~~

答えが出ないから結局決められない、決断できないなんて状態になるのです。

で、決断できないという状態が続いたらどうなるか?

当然ながら「何もしない」という状態が続くことになります。(。-_-。)

何もしないので、何も変わらない。。。現状維持が続いていく、というわけです。

現状が望ましい状態にあるのならそれも良いでしょう。

ただ、「このままで本当に良いのだろうか?」とか「こんな現実なんとか変えていきたい」という状態にあるのなら、やはり何らかの決断は必要だったりします。

私たちはこの3次元の空間に肉体を持って存在していますので、何かを変えていく為には、やはりその肉体を動かすこと、すなわち「行動」が必要なんです。٩( 'ω' )و

体を動かすことを「運動」と言いますが、なんらかのアクションを起こすことではじめて「運が動く」からです。(^ ^)

そして、何か行動を起こす際にもセッションなどでよく相談されたりします。

「〇〇しようと思うんですよねー、どう思います?」

で、そういう質問される時はこんな質問を逆に私からしたりします。

「それ、やりたいですか?」

こう質問すると、こんな答えが返ってきたりします。

「〇〇など色々考えると、やった方がいいように思うんです」

そうすると私の方でもう一回こう質問します。

「それ、やりたいですか?」

するとまた、

「△△なので、やはり〇〇した方がいいと思うんですよー」

という答えが返ってきたりする。

で、また私の方が、「それ、やりたいですか?」と同じ質問をするという流れ。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

つまり、こちらは「やりたいのか、やりたくないのか」を質問していても、答えは「こうする方が正しい、こうする方が良いと思う」だったりするのです。

つまり、本音を言えば、それほどやりたくなかったり興味もなかったりするのですが、「そうする方がいい」と判断して行動を起こそうとしているわけです。(⌒-⌒; )

もちろん「やる、やらない」の結論を出すのはあくまでご本人ですので、私の方から「やった方がいい」とか「止めた方がいい」なんてことは強く言いません。

ただ、やりたくないことや興味が湧かないことを「そうした方がいいから、そうする方が正しいから」という思いでやることはあまりお勧めしてません。

結局、「べき、ねばならない」という前提の意識でやる行動は、あまり良い結果にならないことが多いからです。( T_T)\(^-^ )

なので、やはり本質的に大事なのが「やりたいのか、やりたくないのか」なのです。

よくわからないけど面白そう、なぜか興味が惹かれる、なんかやってみたい感じがする、考えるとワクワクする、というような、思考というよりも感覚的な反応が大事なんです。

結局、本当のあなたはどうなりたいのか、どういう方向に進みたいのか、感覚が示していることが多いからです。♪( ´θ`)ノ

言ってみたら、感覚や感性があなたの羅針盤になっているのです。

ただ、感覚で選んで決断すると言っても多くの人はそれを躊躇します。

感覚による選択や決断は、一見「先が見えない、損するかもしれない、失敗しそう、時間の無駄になりそう」なんて風に見えるからです。

その氣持ちはよくわかりますよ。

かつては私も「こうする方がいい、こうするのが正しい」でほとんどのことを選択、決断していましたから。(OvO)

で、そのお陰で痛い目にもたくさんあいましたがね。(#^.^#)

「こうする方がいい、こうするのが正しい」ばかりだと、たいてい本当の自分が望んでいる方向からズレていたりするからです。

ズレているので、本当に望んでいる方に方向転換させようとする。

それはつまり「全然上手くいかない( ;∀;)」とか、「労多くして益なし(T ^ T)」なんて状態になることで。。。

あなたが信じていることってなんでしょう?

もちろん信じていることは無数にあるのですが、あなた自身の感覚や感性についてはどうでしょう?

あなたはそれらを信じていますか?

それらを信じるよりも、世間で言う「こっちの方が安全」、「こうするのが常識」、「こうする方が良い」、「こっちが正しい」という考えを信じますか?

結局、あなたが何かを選択し決断する際には、「あなたが何を信じているのか」を試されているとも言えるんですよ。(*゚∀゚*)

あなたは、あなた自身に備わっている「感覚や感性」を信じるのか?

それとも世間一般的な「考え」を信じるのか?

どちらを選択するのもあなたの自由ですが、結局後悔のない選択や決断をすることが大事ですよね。

ちなみに、人が臨終の際には、自分の氣持ちを尊重して取り組んだことの後悔はしないそうですが、本当の自分の氣持ちを押し殺してやりたかったことをやらなかった後悔は大きいそうですよ。(*^^*)

どういう選択、決断をした方が、あなた自身は後悔しないのか。

そういう視点がとても大切と思いますよ。♪( ´θ`)ノ

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿