引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

つながって、下ろしてくる

世界的にヒットする映画や本、漫画。

最近だと「鬼滅の刃」が大ヒットになりましたよね。

ヒットするには様々な理由があり、プロモーションやマーケティングが巧みということも理由の一つでしょうが、ヒットする最大の要因は「そもそもコンテンツが良い」ということです。

まー、当たり前なんですがね。。゚(゚^∀^゚)゚。

そのコンテンツが多くの人に評価され、受け入れられるからヒットとなるわけです。

なので、評価され、受け入れられるようなコンテンツをいかに作りだすかが勝負になるのですが、そのようなコンテンツはどのようにして作り出されるのか?

いろいろ方法ありますが、一つ考えられるのが「下ろしてくる」というやり方です。

「下ろしてくる?、下ろしてくるって、何をどこから?」(`ε´)

コンテンツを、ゼロポイントフィールドからです。(^_^)/

まー、いきなりこんなこと言ってもチンプンカンプンだと思いますが、ゼロポイントフィールドとは、この空間に満遍なく遍在しているエネルギーの場で、我々の五感では捉えることが出来ません。

ただ、そのエネルギーのフィールド(場)は確実に存在しており、そこに過去、未来を含め、全ての可能性がデータとして存在しているという考えが、有力な仮説の一つとなっているのです。ヘ(゚∀゚*)ノ

スピ的に言えばまさにアカシックレコードですね。

つまり、創造する方法の一つとして考えられるのが、このゼロポイントフィールドにつながり、そこから下ろすというやり方なんです。(*^▽^*)

そして実際、これって未来の情報を下ろしているのでは?なんて思ってしまうコンテンツも結構あります。

その代表例が米国の長寿パロディアニメ「ザ・シンプソンズ 」です。

内容は知らなくても、このキャラクターはほとんどの人が見たことあるでしょう。

米国のアニメ史上最長寿の番組で、今も放映されています。

ご存知の方もいると思いますが、この「ザ・シンプソンズ 」は割と予言めいた内容をやることで有名。

有名な一例がトランプ大統領で、実は2000年の時点ですでにドナルド・トランプ氏が米国大統領として登場しています。

下の写真は選挙活動中のトランプ氏ですが、同じような場面が15年も前に描かれており、後の2016年に実際に大統領になりますよね。( ;゚─゚)ゴクリ

他にも、後に現実なった場面がいくつもあり、以下の写真もその一例。

全く同じ場面が15年前に描かれており、ちょっと怖いぐらい同じですよね。。。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

そして極めつけが、シンプソン家の長女リサ。

「ザ・シンプソンズ」の中では、トランプ氏の後任としてリサが大統領に就任するのですが、副大統領に就任したカマラ・ハリス氏の就任式での服装やアクセサリーが、リサの服装にクリソツです!!*゚Д゚)*゚д゚)*゚Д゚)エエェェ

まさか、副大統領の就任式の衣装を、シンプソンズのリサに合わせてコーディネートはしてないでしょうし。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

バイデン大統領が高齢なことから、実質、カマラ・ハリス氏が大統領になるための「つなぎ」なんて話もありますので、あながちこのストーリーもデタラメとは言えない。

もちろん、これらを全ては作者が勝手に想像したもので、たまたま当たっただけ、とも言えますが、こんな偶然ありえますかね?

調べてみればわかりますが、他にも色々あるんですよ。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

で、先ほども申し上げましたが、ゼロポイントフィールドには未来の情報も「今ここ」にあることになりますので、そこから未来の映像を下ろしてきてアニメにしている、とも考えられるのです。

もちろん、コンテンツを下ろしているご本人たちは、ゼロポイントフィールドなんて意識していないと思いますよ。

でも、自分の肉体を超えた何かが確実に存在し、そこにつながることで無限の創造性が発揮できる、ということに、多くのヒットメーカーや発明家、天才と呼ばれる方々は氣づいてたりするのです。(・∀・)/

宮崎駿さんはかつてインタビューでこのようなお話をされてました。

“無意識の、もっと底に行かなきゃいけないんだよ。 無意識じゃないんだよ。どこにつながっているんだかわかんない底に行くんです。 作品ってそうだよね。意識の下が、全部無意識だっていう考え方は間違いだよ。無意識っていうのは個人のもんだけど、もっと下に個人のものじゃないものがある”

 

つまり、無意識のもっと底にある、個人を超えた領域の何かにつながり、そこから作品を下ろしてくる、ということですね。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)

実は、宮崎さんと同様のことおっしゃっているクリエイター、発明家、イノベーターと呼ばれる方は多いのです。

そして厳密に言えば、この世にある全ての存在は皆、ゼロポイントフィールドにつながっています。

つながっていなければそもそも存在していないからです。( ̄□ ̄;)!!

つまり、あなたもつながっているのです。

で、そのつながりを活かせるか、活かせないかの違いは、繋がっていることを意識しているか、していないか。

その違いだけなんです。(・ω・)b

つながっていることを意識している人たちが、ゼロポイントフィールドにアクセスし、そこから得られた情報をもとに、作品や発明に利用しているわけです。(-^□^-)

なので、あなたもすでにつながっているので、そのつながりを意識し、そこから下ろしてくればいいわけです。

じゃあ、どうすれば下ろしてこれるのか。

ちょっと矛盾した言い方かもしれませんが「下ろそう」なんて思わないことです。

「下ろそう」とするのではなく、「なんとなく」という感覚に従う。(*^.^*)

ふと感じたこと、ふと思いついたことに従い、色々調べたり、行動してみたりするのです。

そうすると、また何らかの氣づきや別の思いつきにつながり、その流れに乗っていくと、それが何らかの創造につながっていったりする。

実際、大きな発明や創造も、最初のきっかけは、ちょっとした氣づきや思いつきだったりするのです。

だから、大切なのはちょっとした感覚なんです。

ちょっと逆説的な言い方かもしれませんが、ゼロポイントフィールドから常に「こっちに行け」とか「あれをやれ」という指令が出てるとも言えますよね。

ただその指令が「感覚」という形で来るので、ちょっとわかりにくい。┐(´∀`)┌ヤレヤレ

でも、その感覚に従っているとさらにゼロポイントフィールドとのつながりが強化され、さらにいろんな氣づきに導かれていく。

それがいわゆる創造の作業ですね。

なので、ゼロポイントフィールドにつながって創造力を強化するためには、やはり感覚に従うことが重要なんです。

感覚に従えば従うほどゼロポイントフィールドから色んな情報を下ろせるようになり、それがそもそもの潜在能力の発揮につながるのです。

あとは自分の感覚に従えるかどうか。

自分の感覚に従って、勇氣を持って色々取り組んだ結果が、天才性の発揮となるんですよー。(^O^)/

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

代表の書籍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の投稿

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿