引き寄せの法則を量子論ベースのメソッドで提供|インセティック

科学的人間の幸せ(2)

科学的人間の幸せ(2)



オウム真理教信者の洗脳を解いたことで有名な脳機能学者、認知科学者の苫米地さんも、


苫米地

「人間の幸せとは必ず自分以外の人が含まれているもの。だから、自分だけの幸せというものはあり得ない」


と言っています。


考えてみたらその通りなんですが、夢を語る人で「自分だけが」という夢を語る人は今まで見た事ありません。(^_^;)


そこには家族、親戚、友人、さらに大きなコミュニティーなど、なんらかの他人を含めた夢を語るという人が大半です。


私は、ここに人間の本能があると思います。


つまり、他者貢献や自己犠牲を通じて本当の自分を生きたいという本能が。


そして、その本能に従って生きている人は、顕在意識と潜在意識の欲求が一致しているので、その欲求が実現しやすい。


さらに言えば、つねに満足感や幸福感が高い状態なので、ますます満足感や幸福感が高まる現象を引き寄せるということです。


量子論(量子力学)的に解釈すれば、この世の現象は全て意識で確定しています。


つまり、あなたの目の前の現象はあなたの意識で確定しているというわけです。


でもどの意識が、というと大抵の場合は無意識(潜在意識)です。


人間の意識全体にしめる表面意識(顕在意識)の割合は意識全体の5~10%と言われています。


つまり、あなたの意識の90%~95%は無意識(潜在意識)なんです。


そういう意味では、あなたの現実の9割以上は無意識の思い込み、思考パターンによるものということになります。


そして、これも現実として多くの人の無意識の思考パターンと思い込みが、恐れや不安に基づくものに占領されてしまっています。


それらがあなたの本能的な欲求にフタをしているので、なかなか出てこれないという状態です。


たとえあなたが夢を描いたとしても、それが無意識の思い込みと思考パターンを元にしたものなら大抵は上手くいきません。


上手くいったとしても、ものすごく苦労をしたり、達成しても満足できないという状態になりがちです。


無意識領域の奥にある本当の自分が抵抗するからです。


ですので、最も大切なことが、本当の自分、すなわち、


あなたが人間として本能的に持っている欲求を明らかにして、それと矛盾のない人生を生きる


ということなんです。


s_37(1)


それが、脳科学的には前頭前野眼窩内側部を活性化することにつながりますし、心理学的には幸福感と満足感が高い人生の実現になるからです。


とりあえず、あなたの夢がちょっと自己中心的だな~、と感じるならば、もう少し他人を含めたほうが良いかもしれません。


「すでに他人を含めた大きな夢を持っている、でもあんまり上手くいっていない」というのなら、やっていることがそもそも本当のあなたとズレているのかもしれません。


つまり、本当のあなたが本能的に求めている欲求とズレているということです。


そして、ズレている状態の人は、大抵迷っています。


私のお客様には自分で事業をされている方が多いのですが、本当の自分が求めている欲求が明らかになると、大抵、選択に迷いがなくなるからです。


ただ、本当の自分の欲求に従えばいいだけですから。


事業にしても、人生にしても、上手くいく秘訣は


本当の自分を生きる


ということだと思っています。


それは脳科学的にも心理学的にも明らかです。


本当の自分を生きれば、人生は自動的に上手くいく。


私はそう信じています。





s_12(1) その他参考記事



s_12(1) セッション・メニュー






powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional