引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

望んだ脳に作り変える

あなたは豊かで幸せになることと頭の良さは関係があると思いますか?

なにをもって「頭が良い」とするのかの基準にもよりますが、一般的な考え方としては、頭が良い=学校の成績が良い=学歴が高い=良い企業に就職できる=給料が良く待遇がいい=豊かで幸福、なんて図式が考えられます。

だから多くの人は「はー、もっと頭が良ければな〜」、なんてことを考えるわけです。(*゚ー゚*)

私だって何度もありますし、きっとこの本をお読みのあなたもあるはずです。

この、「もっと頭が良ければなー」、ということをもっと詳しく言えば、「もっと脳の性能が良かったらなー」なんてことですよね。

ただ事実を言えば、あなたも私も、いわゆる天才と言われる人たちでさえも、ほぼ同じ性能の脳を頭に入れています。

つまり、人間の脳は、構造での個体差はほとんどないんです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

もちろん障害や病氣などがあれば別ですが、基本的には、人類であれば皆ほぼ同じ性能の脳を頭に入れているんです。

でも実際には「頭の良し悪し」など性能の差を感じてしまう経験は誰にでもあるはずです。

なぜ「脳の性能の差」が出るのか?

単純に言えば、脳の神経経路の発達度合いが影響していると言えるんです。(*^ー^)ノ

2000年に神経系の情報伝達に関する発見の功績によりノーベル生理学・医学賞を受賞したエリック・カンデル医師。

彼の研究によると、脳から神経の束(神経束)へ電氣信号が伝わると、その神経の束は急速に成長すると言います。

同じ刺激をわずか1時間繰り返すだけで、脳は神経活動を伝える通路を瞬時に書き換え続けて、その伝達力は2倍にもなるそう。

つまり、脳の構造は思考に合わせてその神経経路を常に変化させ続けているということです。(*^▽^*)

実際、脳神経細胞内の微小な管(くだ)は、作られてから消滅するまでわずか10分という寿命しかないので、私たちの脳は常に神経経路を「作っては壊し」を繰り返し続けているわけです。

私たちの脳は常に一定の状態ということはなく、思考に合わせて変化し続けているんです。

腕の筋肉をトレーニングすれば腕の筋肉が太くなるし、歩かなくなると足の筋肉は衰えていきますよね? 

それと同様、よく使う脳の神経路、つまりよく思考する回路はどんどん強化、成長していき、逆に使わなくなった回路はどんどん除去されていく。( ゚д゚)ノサラバジャー

それはつまり、あなたがよく使う言葉、つまり思考にあわせて、脳の神経構造が常に変化しているということなんです。

そういう意味では、あなたが、あなた自身の意思によって脳の神経経路の構造を作り変えることが出来るということですよね。

あなたが自身の思考、それはつまり言葉ですが、その言葉に注意を払い、あなたが望んでいるような感情状態を作る言葉や、あなたの可能性や能力を高めたり、あなたを尊重するような言葉を意識して使うようにすれば、それにあわせてあなたの脳の構造は変化していくことになります。

意識的に望ましい言葉を使うことで、望ましい状態の脳を自分で作ることが出来るんです。

現に、いわゆる一流の人と普通の人との違いは、「単に使う言葉が違うだけ」、とも言われています。(^人^)

簡単に言えば、「一流と言われる人は『意識して』良い言葉を使い、普通の人は『無意識に』悪い言葉を使っている」ということです。

実は、大きな違いはこれだけらしいのです。

つまり一流の人は、氣分が良くなったり、楽しくなったり、能力が高まったり、可能性が広がったり、豊かな氣持ちになるような言葉を『意識的』に使っている。

かたや普通の人は、イライラしたり、不安になったり、能力に制限をかけたり、可能性を狭めたり、欠乏を感じるような言葉を『無意識』に使っている。

この言葉の積み重ねが大きな違いを生んでいる。。。。

つまり、これが一流と普通を分ける些細だけど大きな違い、ということなんです。キャ━━(#゚ロ゚#)━━ッ!!

でも、これも当然と言えば当然ですよね。

なぜなら、その言葉にあわせて脳の神経経路が構築されるわけで、どちらがより望ましい現実を作りやすい神経経路かは、もう言わずもがなですよね。(*`▽´*)ウヒョヒョ

あなたは無意識にどんな言葉を呟いていますかね?

無意識なんであんまりよく分からないかもしれないですが、現実があまり望ましい状態じゃないとしたら、それはそれこそ無意識に発している言葉が原因かもしれませんよ。

つまり、イライラしたり、不安になったり、自分の能力に制限をかけたり、自分の可能性を狭めたり、欠乏を感じるような言葉を無意識に使っていませんか?

そうした場合、どんどんその言葉にあわせて脳の神経経路がドンドン強化、成長していっちゃいますよ。キャ━━(#゚ロ゚#)━━ッ!!

そのような脳の構造にしたくないのなら、それこそ良い言葉を『意識的に』使うことをまずは心げけることです。

つまり、氣分が良くなったり、楽しくなったり、能力が高まったり、可能性が広がったり、豊かな氣持ちになるような言葉を『意識的に』使うんです。

そのような脳の構造、つまり神経経路をそれこそ意識して作るんです。(・∀・)/

そのような言葉を積極的に使うようになれば、その言葉にあわせて脳の神経経路が強化され、成長していきます。

実際、たった1時間その神経経路を使っただけでも、その伝達力は2倍になるんですよ。

だったら、より望ましい神経経路を強化、成長させ、その伝達力を高めていった方が良いでしょ?

その神経経路の強化、成長にあわせてあなたの現実も変わっていくわけですから。

あなたは、あなたの望んだ通りに脳を作り変えることが出来るんです。(^O^)/

 

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

代表の書籍

(PHP研究所)

 

 

(光文社)

人気の記事

過去の投稿

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿