引き寄せの法則を量子論と脳科学をベースにしたメソッドで提供

この世というホログラム

物質の本質は幻想かもしれないという事実

この世はホログラム

何千年もの昔から聖者と呼ばれる人々は、「物質の本質は空(くう)である」、「物質は幻想である」という類のお話をしてきました。

仏教の般若心経における「色即是空、空即是色(しきそくぜくう、くうそくぜしき)」という言葉も、まさに「物質の本質は物質ではない」ということを語っています。

画像の説明

 

聖者はこれがこの世の真実である、と昔から説いてきましたが、現代社会においてそれらはスピリチュアルな話とされ、「非科学的で、非合理的」と多くの方は考えていると思います。

しかし近年になって、それらのスピリチュアルな話とされていた内容を科学が解明し始めたとも言われています。

その筆頭と言われるのが量子論(量子力学)で、量子力学で解明されてきた世界が、聖者が説くスピリチュアルな世界と酷似しているからです。

量子力学とは、簡単に言うと、人間の五感では捉えることが不可能な超、超、超ミクロの世界を探求する物理学です。

あなたも学校の授業で全ての物質の最小単位は原子であると習ったと思いますが、量子力学はそれよりも小さな世界を科学する学問です。

私も、素人なりに量子力学の世界を探求するにつれ、量子力学で扱う超ミクロの世界は「ほぼエネルギーの世界だ」ということがわかります。

つまりは、我々の五感では決して感知することができない、日常の常識とは遥かにかけ離れている世界です。

全ての物質の最小単位である原子は、「原子核」とそれを取り巻く「電子」で構成されています。

 

画像の説明

 

ちなみに、原子核をサッカーボール大に見立てたとすると、電子はパチンコ玉の大きさです。

そして、その電子と原子核との距離は、なんと、東京~小田原間(約80km)ほども離れていることになるそうです。

つまり、原子は、ほぼ空っぽ。。。(^▽^;)

原子の99.9999、、、、%は何もない空間で出来ているということです。

この世に存在する物質は我々の肉体含めて全て原子で出来ていますが、それら物質の実態は、「ほぼ空っぽ」ということになりますよね。

信じられますか?

あなたも、私も、実は空っぽなんですよ。( ̄□ ̄;)!!

しかも、原子を含めた量子の世界は物質であり、非物質であるとする、二重性の世界です。

そして、量子が物質化するのは、人間の意識が介在した時です。

となると、原子も、それを構成する原子核も電子も、人間が意識すると物質化する。

でも一方で、原子は99.9999999%以上が空っぽの空間ということです。

となると、我々の肉体含めて、我々が物質と信じているもののほとんどは、実は物質ではない。。。

なぜなら、ほとんど100%近くが何もない空間ですから。。。

まさに、「物質の本質は空(くう)である」、「物質は幻想である」ということになりませんか?

でも、我々は、確かにそこに物質があると認識しているし、実際それに触れることが出来ます。

これはなぜなんでしょう?

 

 

原子は「原子核」と「電子」で構成されていますが、原子核と電子が原子全体に占める割合は0.0000~1%という限りなく0に近い割合なので、「原子の実態はほぼ何もない空間」ということになります。

 

画像の説明

 

言うまでもないですが、我々の肉体や、周りにある物質すべては原子が集まってで出来ています。

しかし、その原子がほぼ100%に近い割合で何もない空間だとすると、なぜ我々は透けていないのでしょう?

また、なぜ触って確認できる硬い物質や柔らかい物質があったり、なぜ我々は壁を通り抜けることができないのでしょう?

 

とても不思議じゃないですか?

 

我々の肉体含めてこの世に存在する物質は、ほぼ何もない空間で出来ているということですよ?

その疑問を解消するために、ちょっとここでヘリコプターのプロペラを思い浮かべてみてください。

プロペラの真ん中には軸があり、そこから放射状にプロペラが出ています。そのプロペラを上から見たとき、プロペラが止まっている状態ではある意味スカスカの状態です。

プロペラが止まっている時に上から石を投げても、その空間に占めるプロペラの割合は少ないので、ほとんどの石はプロペラにあたることなく、下に落ちてしまいます。

では、このプロペラが高速で回転している時はどうでしょう? 高速で回転すればするほど隙間が埋まり、上から投げたほとんどの石は弾かれてしまうと思います。

ちょっとむりやりかもしれませんが、このプロペラの軸が「原子核」、プロペラが「電子」と捉えるとわかりやすかもしれません。

もちろん、プロペラの直径に占めるプロペラの割合と、原子に占める電子の割合は比較になりませんが、簡単に言うと、電子のような超ミクロの物質が、超高速、さらに複雑なパターンでうごめくことで、我々は肉体を含めた周りのモノを物質として認識しているということです。

つまり、我々の五感では感知不可能なスピードでミクロの世界が動き回ることで、我々は、「ほぼ何もない空間に固まった物質があると錯覚している」ということです。

そして、「超ミクロの物質が超高速で動いている」ということは、そこには必ずなんらかの振動が起こっており、振動しているということは、なんらかの「波」が出ているということです。

ステレオから流れてくる音楽も、スピーカーが振動することで音波が出て、その音波を我々の鼓膜がとらえて聞こえているわけですよね。

思い出してください。

量子の世界は「粒」でもあり「波」でもあるという二重性の世界です。

つまり、我々人間含め周りに存在する動植物や物質全ては「粒」、つまり物質でもあり「波」(非物質)でもあるんです。

そして、たとえ我々が「粒」、つまり物質の状態であっても、常に「波」は出ています。

なぜなら、我々の肉体を構成している超ミクロの世界も振動していますし、思考も物理的には電気信号ですので、電波や電磁波という「波」は必ず出ています。

そして、私たちの体や内臓を動かしている筋肉も電気信号で動いているので同様です。

つまり、いずれにしても我々は「波の存在」というわけなんです。

 

画像の説明

 

そして、我々の存在を覆う空間も、ほぼ「波」で出来ていると言っても言い過ぎではありません。

なぜなら、この空間には常になんらかの光(エネルギー)があり、その光も波だからです。

光には人間が目視できる可視光線のほか、赤外線、紫外線など数多くの種類がありますが、その違いは「周波数」という波の周期です。

ですので、「我々を取り巻く空間は、波のエネルギーが充満している」ということなんです。

そうなると、我々はもともと「波」の性質があり、物質の状態の時でも「波」が出ており、我々を取り巻く空間も「波」で満ちているということになります。

であるならば、この世はすべて「波」というエネルギーで出来ているということになりませんか?

 

 

 

我々の肉体含めて、この世に存在する物質はつねになんらかの「波」を出しています。

そして、この空間も「波」のエネルギーで満ちているので、我々が存在している世界は、その様々な波が干渉し合い、共鳴し合っている世界だと思います。

海面を思い浮かべてみてください。

海面には様々な波が立ち、その波が合わさって増幅したり、打ち消しあったりしていますよね。あの様な現象がそれこそ縦横無尽、かつ複雑、しかも膨大な量で、この空間で展開しているのだと思います。

 

画像の説明

 

つまり、この空間には「波のエネルギー」が充満しているということです。

ちなみに、超天才物理学者の一人として知られているファインマン博士によると、この空間を1㎥切り取ったエネルギーで地球の全ての海水を沸騰させることができるとおっしゃっています。(@_@)

それだけの「波」、つまりエネルギーがこの空間に満ちているということです。

いわゆる、「引き寄せの法則」とは、自分の様なモノ(現象)を引き寄せるとされています。

では、ここでいう「自分の様」とは、何を持って「自分の様」なんでしょう?

もちろん正解は無いと思いますが、私は「波動」だと思っています。(・∀・)

我々は特に気にもせず、「あの人とは波長が合わない」とか、「この場所の雰囲気は嫌い」という言葉を使っていますが、実際なんらかの「波」を感じ取って、「合わない、嫌い」などの判断をしていることもあると思います。

なぜなら、我々はつねに「波」を出していますし、それは当然モノや場所からも出ています。

さらに言えば、空間にも「波」が充満していますので、空間の「波」も、場所やモノ、人からの「波」に影響を受けるだろうし、その逆もあるはずです。

そして、波ですので当然波長があります。

波長が合えば、なんらかの心地よさや、調和を感じるはずですし、惹かれ合うはずです。逆に波長が合わなければ、それは違和感になるはずです。

いたって自然な話ですよね。(*^.^*)

では、その波長はどうやって決まるのか?

私は、ズバリ、意識だと思います。なぜなら、あなたが何を意識しているかで思考パターンや心身状態は変化するからです。

思考や身体を動かしているのは電気信号なので、電波や電磁波が出ています。

つまり、波動です。

さらに言うと、超ミクロの世界でうごめいている原子レベルの振動数も意識で変化するのかもしれません。振動数が変わるということは波動も変わるということです。

つまり、意識次第で、思考、身体、ミクロの世界の波動が変わり、その波動にふさわしいモノを引き寄せるということになるんだと思います。

これは、波長の合うモノが共鳴しあって引き合うという意味での引き寄せですね。

それと、もう一つ、「意識が現象化する」という意味での引き寄せもあると思うんです。

なぜなら、万物の本質はエネルギー、つまり、「波」だからです。

 

 

いわゆる、波長が合う者同士が引き寄せ合うという諺は「類は友を呼ぶ」など、洋の東西問わず昔から数多くあります。

これはラジオの周波数を合わせることと同じですので、理解はしやすいですよね。

これはこれであり得ると思うのですが、本当の引き寄せの法則とは、「意識の現象化」だと思っています。

この世に存在する万物の基となっているのは、原子、陽子、中性子、素粒子など、超ミクロの物質です。

我々もこれらの「粒」が集まって肉体が出来ているということは紛れもない事実であり、真実です。

そして、これらの「粒」、いわゆる量子は、人間が意識していない時には「波」の状態になっている、つまり、エネルギーの状態になっているということが確認されています。

これが量子力学の最大の謎なんですが、全ての物質を構成する粒はそもそもエネルギーのような存在で、人間が意識すると物質化するということになります。

にわかに信じがたいですが、これは量子力学の中ではすでに常識です。

そう考えると、この世はそもそも全て「波」というエネルギーで出来ているということです。

 

画像の説明

 

そして、それら量子は、なぜか意識することで一瞬で物質化し、しかも人間の五感では感知不可能な程の超高速で動き回ることによって何もない空間を埋め、我々は、そこに「物質があると錯覚している」ということですね。

私が「錯覚」という言葉を使っているのは、この世に存在する物質がそもそも全て錯覚かもしれないからです。(^_^;)

なんか、意味不明ですかね?もう少しお付き合いください。(;^_^A

 

 

なぜ「錯覚」という言葉を使っているかと言うと、我々の五感を作っているのは全て脳だからです。

目で見たイメージも、聞こえる音も、匂いも、手で触れた感覚も、全て脳が作っています。

その証拠にリアルな夢を見ている時は当然、匂いや触感などもありますが、実際には何もないですよね。

それらは全て脳内で作られたものです。

 

ういちゃん

 

そして、厳密に言えば、私たちがリアルに見て、聞いて、触って、匂っているのも同じことなんです。

なぜなら、それらは脳が電気信号を解釈することで見て、聞いて、触って、匂っているので、実は、夢を見ている状態と同じなんです。

また、催眠状態の人なども、熱くないものを熱いと感じたり、軽いものを重く感じたり、目の前にないものが見える、ということが起こりますが、これは催眠によって脳がそのように認識しているからです。

そう考えると、脳が「これはこういうものだ」と認識するとその現象が起こるということです。

はたから見るとそれは単なる錯覚であったとしても、その人にとっては「紛れもない現実」として解釈されるからです。

ただ、この世に存在する万物全てがエネルギーであるなら、我々が認識している物質や現象がそもそも錯覚なのかもしれません。

なぜなら、物質の最小単位である原子は、限りなく100%に近い割合で、空っぽなんですから。。。

本当は何もない空間なのに、超高速でうごめく電子のエネルギーを各感覚器官が感じ取り、それを脳が解釈することで、見えている、聞こえている、触っている、味わっているという感覚を作っているのかもしれません。

つまり、全ては脳が作り上げた「錯覚」ということです。

あるロシアの研究者によると、人間の意識を徹底的に掘り下げると、「信じている」か「信じていない」の二つしかないそうです。

そういう意味では、あなたが意識、無意識で「信じていること」に基づいて、あなたの脳があなたの周りのエネルギーをその様に解釈しその様な現象が起こっている。

あなたの信じていることが、たとえ他人から見ると錯覚だとしても、それはあなたにとっては、「紛れもない事実」として解釈されているわけですから、その解釈に基づいて、「紛れもない事実」としての現実が展開されるわけです。

言ってみれば、あなたの目の前には、あなたの信じていることに基づいてあなた専用のホログラム(3D)映像が展開し、その映像を五感で捉えることで、脳が、「紛れもない事実」と確信し、その確信に基づいて、あなた専用のホログラム映像がまた展開する。

まさに無限ループ状態です。

それは「錯覚」かもしれませんが、あなたがその「錯覚」を「事実」と解釈すれば、それは「事実」としてあなたの目の前に現れつづけるということです。

何千年前の大昔から聖者と呼ばれる人たちが、「物質の本質は空(くう)である」、「物質は幻想である」と語ってきましたが、全てはまさに幻想、錯覚かもしれませんね。

要は、全ては錯覚なので、何を信じるかで目の前に起こる錯覚は変わるということです。

錯覚ならば、本当のあなたにとって望ましい状態、つまり本当はどんなあなたでありたいのかを自覚し、すでにそうであるをと確信すれば、望ましい錯覚があなたの現実として展開し始めるということになります。

いずれにしても、あなたの意識があなたの現象を作り上げているということです。

あなたの目の前の現実は、あなたにとって望ましい現実ですか?

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。 読者登録はこちらから
この記事をシェアする

コメントを残す

過去の投稿

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

読者登録

ブログの更新通知をご希望の方は下記からお願いします。
読者登録はこちら
※登録解除もこちらのページから行えます。

カテゴリー

過去の投稿